名古屋みなと祭・花火大会(2017年)の交通規制

平成29年7月17日(祝・月)に開催される『第71回 海の日 名古屋みなと祭』の交通規制情報です。

交通規制は午後3時から午後10時です。会場周辺には駐車場はなく全面駐車禁止です。
また現在、愛知県は「夏の交通安全県民運動」が実施されています。

17日の午後からは、築地・ガーデン埠頭周辺で、「マーチングバンド」、「山車・流しおどり」、「総おどり」などのイベントも開催され、周辺道路の渋滞が予想されます。
(2016年では約38万人の来場者数)

交通機関でお出掛けすることをおすすめします。

名古屋みなと祭「花火大会」の概要

花火大会以前にもさまざまなイベントが開催されます。

  • 開催日:平成29年7月17日(祝・月)
  • 時間:19時30分~20時20分|荒天候中止
  • 場所:ガーデンふ頭一帯(名古屋市港区)
  • 内容:メモリアル花火、スターマイン、メロディー花火等(約3000発)の打ち上げ

交通規制マップ

2017年の交通規制規制マップ

なごや港祭り(2017年)の交通規制

▲拡大表示

混雑するイベントでは、事故・犯罪被害に気をつけましょう

  • 小さなお子様連れでは迷子に注意、忘れものにも気をつけましょう。
  • スリや置き引き被害に注意
  • 飲酒でのトラブルに注意

お出掛けの際に、家を留守にする場合は、戸締り火の元も十分に確認しましょう。愛知県内の空き巣被害は、8,157件(2016年)で約381世帯に1件発生しています。
(10年連続で全国ワースト1)

関連記事

トップへ戻る