理研の笹井氏が自殺図る。 STAP細胞論文の責任著者

兵庫県警によると、理化学研究所の笹井芳樹・発生再生科学総合研究所副センター長が5日、神戸市内で自殺を図った。病院に運ばれ、救命措置がとられているという。

8月5日午前9時すぎ生科学総合研究センターから通報があり、警察官が駆けつけたところ、センターの建物の中で笹井芳樹副センター長(52)が首をつっているのが見つかりました。

ニュース記事から転載

5日午前、STAP細胞の論文の著者の1人で、神戸市にある理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの笹井芳樹副センター長が、センターの建物の中で首をつっているのが見つかりました。
病院に運ばれ現在、救命措置中だということで、警察は遺書が残されていることから、自殺を図ったとみて詳しい状況を調べています。

兵庫県警察本部によりますと、5日午前9時すぎ、神戸市にある理化学研究所発生・再生科学総合研究センターから通報があり、警察官が駆けつけたところ、センターの建物の中で笹井芳樹副センター長(52)が首をつっているのが見つかりました。
笹井副センター長は病院に運ばれ、現在、救命措置中だということです。
警察は、遺書が残されていることから、自殺を図ったとみて詳しい状況を調べています。
笹井副センター長は動物の神経細胞を作り出す物質の研究が専門で、平成12年に理化学研究所のグループディレクターに就任し、去年4月からは理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの副センター長を務めています。
今回問題となったSTAP細胞の論文は、小保方晴子研究ユニットリーダーが行った実験を基に笹井副センター長が執筆を指導する形でまとめられていて、理化学研究所の調査委員会は、笹井副センター長に不正行為はなかったものの、データの正当性と正確性などについてみずから確認することなく論文を投稿していて、その責任は重大だと指摘していました。