岡山県で「交通死亡事故多発警報」深刻な状況です!

岡山県内では交通死亡事故が急増しており、大変深刻な状況が続いています。10月23日には今年2回目の「交通死亡事故多発警報」が出されています。

1年に2回の発令は1999年の制度創設後初めてです。

前回の「交通死亡事故多発警報」は8月17日に発令され、26日までの期間中に死亡事故が多発したため、9月5日まで延長されています。

交通事故の発生状況

交通事故発生状況(10月22日現在)

  • 人身事故発生件数:5,847件
  • 負傷者数:6,888人(うち重傷者は500人)
  • 死者数:84人(前年同期比+22人)※うち高齢者は44人

死者数の増加率は、32.7%(9月末時点)で全国ワースト1です。

交通死亡事故多発警報(2回目)

交通死亡事故多発警報

  • 発令日:平成29年10月23日(月)
  • 期間:10月23日(月)から10月31日(火)
  • 地域:岡山県全域
  • その他:交通取締りが強化されます。

交通事故を防ぐために

岡山県警のホームページから

★ ドライバーは、
​ ◎ 運転に集中して前をよく見る。周囲の安全をよく確認する。
​ ◎ 時間帯・天候に応じて速度を落とす。
​   ◎   早めのライト点灯、対向車や前に車がいないときの上向きライトを励行する。
​ ◎ 積載物や車両の部品が落下しないよう点検・整備する。
​ことにより、安全運転に努めてください。

​★ 自転車は車両であることを忘れず、交通ルールを守る。歩行者は左右をよく見て横断し、薄暮時・夜間は夜光反射材を着
用するなどして安全に通行してください。

▲オンマウスまたはタップで停止。

業務中の交通違反・事故をゼロに!(車両管理者向け)

運転日報(フリースペース付・3パターン)、 車両点検表(1パターン)を配布しています。
フリースペースには、交通事故防止のメッセージなどを記入できます。
よろしければご利用ください。

運転日報

提供:東洋フォーム印刷 株式会社

関連記事
トップへ戻る