愛知県東三河で竜巻が発生[平成29年9月22日午後]

平成29年9月22日(金)午後、「名古屋地方気象台」は愛知県東部で竜巻が発生したと見られると発表。

追記

  • 9月22日午後2時前、愛知県豊橋市の海上で竜巻のような漏斗状(ろうとじょう)の雲の発生を地元の消防職員が目撃し、気象台に連絡したとのことです。

概要

  • 発表日時:平成29年9月22日(金)14時26分(名古屋地方気象台)
  • 地域:愛知県東部(豊橋など東三河地域)
愛知県東部

平成29年9月22日14時23分現在

14時30分現在、愛知県東部に「竜巻注意情報」が出されています。

【目撃情報あり】愛知県東部で竜巻などの激しい突風が発生したとみられます。愛知県東部は、竜巻などの激しい突風が発生するおそれが非常に高まっています。空の様子に注意してください。雷や急な風の変化など積乱雲が近づく兆しがある場合には、頑丈な建物内に移動するなど、安全確保に努めてください。落雷、ひょう、急な強い雨にも注意してください。

■竜巻注意情報
積乱雲の下で発生する竜巻、ダウンバースト等による激しい突風が発生しやすい気象状況になったと判断された場合に発表。情報の有効期間は、発表から約1時間。

名古屋地方気象台発表から

愛知県では8月7日午後4時半過ぎに、豊橋市前芝町で竜巻が発生し負傷者が出ています。

今後の気象情報に注意して、早めの避難など十分な安全対策を!

トップへ戻る