ドラレコ映像を犯罪捜査に活用。警察と協定。

名古屋市は犯罪捜査に活用するため、市バスや清掃車に設置している「ドライブレコーダー」の映像を警察に提供する協定を結ぶことを発表。

警察からの要請があった場合に提供。ひき逃げ事件や強制わいせつ事件などでは、ドライブレコーダーの映像が犯人の検挙に結びついたケースが増えているとのことです。

市バス等へのドラレコ設置

  • 設置台数:約1200台(市バス・ごみ収集車)

犯罪捜査にドラレコ映像の活用

※名古屋市の資料では、ごみ収集車202両に設置(平成28年4月現在)市バスも含め前台数に設置が完了しているとのことです。

同様の協定は、他の自治体・団体でも進んでいます。

自治体

  • 埼玉県春日部市
  • 千葉県鎌ケ谷市
  • 千葉県君津市
  • 神奈川県大和市
  • 愛知県豊橋市

その他自治体でも警察との連携が進んでいます。

団体・協会・企業など

  • 鎌ケ谷市清掃事業協同組合、柏市、白井市
  • 愛媛県レンタカー協会
  • 尼崎市の自動車教習所「アスモ尼崎ドライブスクール」
  • 熊本県の「菊池自動車学校」
  • 神奈川県の「相模原北安全運転管理者会」

その他企業や業界団体でも警察との連携が進んでいます。

関連記事

トップへ戻る