「交通死亡事故多発警報」を発令。

最近の「交通死亡事故多発警報」発令状況は、こちらから→

愛知県内では「交通死亡事故」が多発しており、12月6日から12月15日までの10日間で、11人の尊い命が失われています。

交通死亡事故の発生に歯止めがかからず、依然として全国ワースト1位が続くなど深刻な状況です。

追記:平成27年初めての「交通死亡事故多発警報」を発令

<愛知県内の交通事故状況>

平成26年12月16日現在(暫定数)

  • 交通死亡事故(死者数):190人
  • 人身事故件数:44,010件
  • 負傷者数:54,575人

交通死亡事故多発警報発令!

< 交通安全年末緊急アピール>

愛知県知事は、平成23年12月に発信して以来3年ぶりに、交通安全緊急アピールを発表しています。

交通安全年末緊急アピール
県民の皆様、愛知県内の交通事故死者数は、昨日現在で179人と、昨
年と比べ減少していますが、9月下旬から交通死亡事故が頻発し、交通死
亡事故多発警報を2回発令するなど、死亡事故の発生に歯止めがかからず、
依然として全国ワースト1位が続いている厳しい状況にあります。
交通事故は、一瞬にして人命や人々の平和な暮らしを奪う、本当に悲し
く痛ましいものです。そして、それはいつ誰にでも起こり得るものだとい
うことを再認識しなければなりません。
現在、年末の交通安全県民運動を実施中ですが、12月は毎年人身事故
の発生が最多の月で、死亡事故も多発しております。県では、本年10月
に愛知県交通安全条例を制定し、各種対策に取り組んでいるところであり、
本年の最後まで、市町村、県警察等と連携をより密にし、1件でも多く悲
惨な交通事故の減少を図ってまいります。
どうか、県民の皆様におかれましては、人命の尊重を最優先に、飲酒運
転の根絶をはじめとして、ドライバーは、ストップ、スロー、スマートを
合言葉として、赤信号や一旦停止場所では必ず止まるといった交通ルール
を確実に守るとともに、思いやり運転を心掛け、歩行者は、反射材の着用
や道路横断時の安全確認に努めていただくなど、一人ひとりが交通安全を、
自らの、そしてご家族の問題としてとらえ、十分注意していただきますよ
う、強くお願い申し上げます。
平成26年12月3日
愛知県知事 大 村 秀 章

※発表されたアピール文を転載しています。