シュノーケルでの死亡事故が多発。初心者は細心の注意を!

海や川で浮きながら水中を観察できるシュノーケル(シュノーケリング)による死亡事故が多発。

警察庁の「水難事故統計」によると、平成28年中の水難事故(死者797人)のうち、22人がシュノーケリング中に発生しています。

シュノーケリングでの事故に注意

死亡事故の主な原因

  • シュノーケルに入った海水を飲みこむことで溺れて死亡。
  • 逆流した海水を不意に飲み込むことでパニックを起こし、より強く呼吸をするため肺に水が入り、呼吸困難を引き起こして死亡する。

※深い潜水になると、水圧によってシュノーケルでの呼吸はできなくなります。水圧で外の空気を吸引できず、逆にシュノーケルを逆流して肺の空気が排出されます。

シュノーケルを使用するときの注意

  1. 初心者や小さな子供が使用するときは、危険性を十分に説明する。
  2. 肺活量や性別・年齢に合わせ最適なタイプを使用する。
  3. 救命胴衣を着用する。(溺れないための対策)
  4. 風が強い日や波が高い日のシュノーケリングは避ける。
  5. 排水弁、逆止弁が付いた製品を使用する。
  6. 監視員のいる海水浴場で使用する。(一人では遊ばない)

シュノーケリング中のおもな事故例

平成29年

  • 神奈川県相模原市緑区の「道志川」で、シュノーケリングをしていた男性(52)が死亡。

平成28年

  • 沖縄宮古島(伊良部島の渡口)で、観光で来た男性会社員(47)がシュノーケリング中におぼれ死亡。
  • 静岡県南伊豆町の「弓ケ浜海水浴場」で男性会社員(24)が死亡。シュノーケルをつけて泳ぐのは初めてで、救命胴衣は未着用。

関連記事

もしもの時に命を守るアイテム>>

トップへ戻る