生駒市で小中学校の学校給食を中止。意図的な異物混入の疑い

平成27年12月14日(月)に、奈良県生駒市の学校給食センターで、調理中の野菜に「ポリエチレン製の菓子の包み紙」が混入してるのを調理員が見つけ、15日(水)から市内すべての小中学校で給食を中止。

給食を配送していた小学校と中学校で、192人が給食を食べたが健康被害はなし。何者かが意図的に混入させた疑いで、警察に被害届を出しています。

追記

  • 偽計業務妨害の疑いで、「生駒市立学校給食センター」の調理員が逮捕されました。

概要

  • 日時:平成27年12月14日(月)
  • 施設:生駒市の学校給食センター
  • 発見された異物:ポリエチレン製の包み紙(14枚)
  • 健康被害:なし

同給食センターでは、12月9日にも床材の破片とみられるプラスチックの混入が見つかっています。

対応

15日(水)から給食を中止。2学期中の再会予定はなし。