石川県の熊(クマ)目撃・出没情報

平成28年(2016年)に、石川県内で出没・目撃されたツキノワグマの情報。

昨年度(平成27年度)に、県内でクマが目撃された件数は204件でした。最も多かったのは、小松市(70)で、金沢市(57)、津幡町(21)の順です。人身事故は2件(2人)です。

目撃の多い月

例年6月~10月に目撃が集中します。

平成28年度の状況

  • 県内での目撃件数は、7月22日までに154件で同時期としては、過去最多です。
  • 金沢市内の目撃または痕跡の情報は、38件(7月13日まで)で過去最多です。
  • 今秋はブナの実(クマのエサ)が大凶作となる予想が出ています。秋以降も人里への出没が多くなる恐れがあり、十分な警戒が必要です。
  • 「石川県自然環境課」は、県内のクマの生息域の北限を七尾市三室町から、能登町に見直しを行っています。

▼おもなニュースをまとめています。(安心メール、自治体メールから収集)下記以外にも多くの目撃があります。地元自治体からの情報に注視する必要があります。

金沢大学キャンパス近く

  • 日時:7月27日午前7時45分ごろ
  • 場所:通称「角間坂」と呼ばれる県道27号金沢井波線の「サークルK金沢大学店」付近

志賀町の「志賀原子力発電所」付近

  • 日時:7月19日夜
  • 場所:咋郡志賀町の「志賀原子力発電所」付近

金沢市鈴見台3丁目の住宅地

  • 日時:7月11日午後3時45分ごろ
  • 場所:金沢市鈴見台3丁目の住宅地

金沢市で目撃が増加

金沢市内では目撃情報が34件(4月から7月6日)。2004年以降で最多です。

七尾市の鵜浦町

  • 日時:7月4日午後3時10分ごろ
  • 場所:鵜浦町の市道わき山林

能登町秋吉の町道

  • 日時:6月30日正午ごろ
  • 場所:能登町秋吉の町道脇

※能登町では6月下旬に、上記を含め3件の目撃があります。

七尾市の半浦町

  • 日時:6月30日午前10時ごろ
  • 場所:能登島半浦町地内

羽咋市の寺家町

  • 日時:6月30日午後4時45分ごろ
  • 場所:寺家町地内(市墓地公苑付近)

羽咋市の滝谷町

  • 日時:6月29日午前11時49分ごろ
  • 場所:滝谷町地内(農免道路 滝谷青果集荷場付近)

奥能登で出没

  • 日時:6月28日
  • 場所:能登町笹川でクマの生息を示す足跡。同地区では初めて。

七尾市の「七尾国家石油ガス備蓄基地」

  • 日時:6月18日午後6時50分ごろ
  • 場所:七尾市三室町の「七尾国家石油ガス備蓄基地」周辺

21日夜から22日にかけても、七尾市能登島の県道で目撃されています。

白山市で女性が負傷

  • 日時:4月16日午前8時ごろ
  • 場所:白山市河内町地内
  • 被害者:女性(60代)

中部・北陸のクマ出没状況

出没地域(都府県)一覧

クマ出没簡易チラシ(PDF)A4サイズ

クマ目撃(出没)チラシ

PDF形式で表示します。(A4サイズ)

▲カラー用紙(黄色)に印刷してお使いください。クマを目撃した場所など。

石川県が発行しているクマ対策資料(リーフレット)

下記よダウンロードできます。(PDF)

http://www.pref.ishikawa.lg.jp/sizen/kuma/documents/kumaleaflet2016.pdf

クマ対策

スポンサーリンク

シェアする

フォローする