和歌山県の熊(クマ)目撃・出没情報

平成28年(2016年)に、和歌山県内で出没または目撃されたツキノワグマの情報、生息状況など。

県内のツキノワグマは、田辺市と奈良県十津川村にまたがる護摩壇山(ごまだんざん)など「紀伊山地」がおもな生息地です。

近年の目撃件数

※県公表のデーターから

  • 平成28年度:20件(6月27日まで)
  • 平成27年度:26件
  • 平成26年度:26件
  • 平成25年度:48件
  • 平成24年度:47件
  • 平成23年度:14件

過去5年間で目撃の多い市町村

  • 田辺市
  • 有田川町
  • 日高川町

平成28年度の状況

田辺市、日高川町などで目撃されています。全国的には出没が増加しており、山間部に入る場合は、地元の自治体の情報に注視する必要があります。

日高川町寒川の住宅付近で出没

  • 日時:6月19日
  • 場所:寒川の住宅
  • 体長:不詳
  • 被害:裏山に設置された養蜂箱が壊される。

日高川町の「ふれあいの家」

  • 日時:6月14日
  • 場所:上初湯川「ふれあいの家」南西約500メートルの町道。
  • 体長:50センチくらいの小熊

和歌山県の生息域

和歌山県のクマ生息地

和歌山県の公開画像から

近畿地方のクマ出没状況

関連ページ

クマから身を守るアイテム

スポンサーリンク

シェアする

フォローする