山口県の熊(クマ)目撃・出没情報

平成29年(2017年)に、山口県内で出没、目撃されたツキノワグマの情報。

生息状況など

山口県、広島県、島根県を含む中国山地のツキノワグマ生息数は、推定で約450頭~1,290頭とみられ、生息域も拡大しています。これは90年代半ばからの狩猟禁止対策(中国地方では山口、広島、島根の3県)の影響と見られています。

近年の出没状況

  • 平成28年:317件(捕獲数:33頭)
  • 平成27年:179件

平成28年で目撃の多かった市町村

  1. 周南市:94件
  2. 岩国市:85件
  3. 山口市:55件
  4. 萩市:32件
  5. 下関市:23件

平成29年度の出没状況

事故情報

  • 日時:6月6日午前11時すぎ
  • 場所:山口市徳地堀の国道376号で普通乗用車と衝突
  • 負傷者:なし

最近の目撃情報

※自治体からの発表情報、安心メール等から収集しています。

  • 9月11日:周南市大字四熊。(奥四熊バス停付近)
  • 8月17日:周南市大字奥関屋。(県道徳山光線付近。落合バス停より北西へ約600m)
  • 8月14日:周南市大字鹿野中柏原地内。(柏原浄水場から北へ約410mの民家付近)

中国地方のクマ出没情報

クマ対策

クマ対策(楽天)

クマ対策(アマゾン)

トップへ戻る