山梨県の熊(クマ)目撃・出没情報

平成29年(2017年)に、山梨県内で出没・目撃されたツキノワグマの情報。

県内のおもな生息地は、「富士・丹沢地域」、「南アルプス地域」、「関東山地地域」です。生息数については、推定でおよそ728頭(推定値の中心値)と見られていますが、近年では全国的に増加傾向にあります。

南アルプス山系、八ヶ岳山系、瑞牆山系、茅ヶ岳山系などで、6月下旬頃から11月下旬頃までの目撃が多くなっています。

近年の出没状況

  • 平成28年:123件(人身事故は5件)
  • 平成27年:76件
  • 平成26年:129件
  • 平成25年:94件
  • 平成24年:199件

平成29年度の出没状況

4月から7月20日までの目撃件数は78件です。(6月は34件で過去5年間で最多)

事故情報

  • 日時:6月14日午前5時前
  • 場所:都留市金井の山林
  • 状況:動物を捕獲する罠を確認していた男性(64)がクマに襲われ負傷

最近のおもな目撃情報

※自治体の発表情報、安心メール等から収集しています。

  • 7月17日午後3時30分頃:甲斐市安寺地内
  • 7月17日午後5時50分頃:南部町南部柳島地内
  • 7月16日午後9時頃:富士河口湖町長浜地内
  • 7月13日午前10時30分頃:都留市宝地
  • 7月7日正午頃:大月市のカチカチ山ロープウェイ付近
  • 7月5日午前7時40分頃:都留市谷村地内
  • 7月3日午前10時15分頃:北杜市須玉町江草地内
  • 7月4日午前10時頃:富士吉田市新倉地内

関東・甲信のクマ出没状況

出没地域(都府県)一覧

 クマ対策

クマ対策(楽天)

クマ対策(アマゾン)

トップへ戻る