沖縄(本島)で初めての雪を観測

平成28年1月24日(日)午後に、沖縄県の名護市(本島)と久米島町で雪(みぞれ)を観測。本島で雪が降るのは、観測史上初めてです。また久米島町では39年ぶりです。

久米島での雪の観測は、1977年(昭和52年)以来で39年ぶりです。沖縄県地方では、最低気温が5℃を下回るところもあり、記録的な寒さの1日でした。

概要

  • 名護市:平成28年1月24日(日)午後10時30分前から約15分間
  • 久米島町:平成28年1月24日(日)午後10時前から11時前に、みぞれを2回観測。

※観測地点は、いずれも自動観測のため、初雪にはならないそうです。

久米島町で雪を観測

▲久米島は沖縄本島から、西に約100キロメートルにある島です。

沖縄で雪を観測

▲平成28年(2016年)1月24日17時の天気

沖縄で雪を観測

▲平成28年1月24日午後9時の天気図

関連記事