えっ!中卒以下、握力弱い人は、認知症リスクが2倍?

「国立長寿医療研究センター」は、認知症になる要因として糖尿病や心臓病の持病、体力や学力(?)が関係する調査報告を発表。

調査は愛知県、秋田県、石川県の3県で、約3300人を3年~16年間に渡り追跡した4つの研究から分析したそうです。

※読売新聞の記事から、個人的な感想など。

認知症リスクを高める8つ要因

調査報告で指摘された要因

  1. 家族に「アポE4多型」という認知症のリスクを高める遺伝子を持つ人がいる。
  2. 軽度の認知機能低下(認知症の前段階の人)
  3. 脳卒中、糖尿病、心臓病の持病がある方
  4. 学校教育を受けた年数が9年以下(中卒以下?)
  5. 難聴の人
  6. 身体活動が低下している人
  7. 握力が弱い人(男性26キロ未満、女性18キロ未満)
  8. うつ傾向がある人

アポE4多型

アルツハイマー病を発症する危険因子(タンパク質)だそうです。

軽度の認知機能低下

高齢者では誰でも認知機能が低下する気が・・

脳卒中、糖尿病、心臓病の持病

持病のある方は、比例して体力が弱いため遠因になる?

学校教育を受けた年数が9年以下

日本の6.3.3制に当てはめると中学卒業までが9年。つまり高校以上に進学しなかった人、または学習(学校における)年数も要因なる(?)。若いときに勉強しないと、脳の働きまで後の人生に影響、または脳細胞の劣化が早くなるとか想像してしまいます。

確かに一般に高学歴が多い政治家・官僚の人などは、高齢でも活躍している人が多い気がします。あまり認知症になったと聞かないですね。

学校教育(学歴)というより、常に脳細胞をフル活動させる生活が大切なのかも知れません。良くも悪くもですが・・

難聴の人

耳の不自由な人は、音による外からの刺激を受けづらいと想像。でも年齢を重ねれば、誰でも不自由になると思うのですが・・

身体活動が低下している人

これも人それぞれで、高齢になれば必然的に身体活動は低下するのでは?

握力が弱い人(男性26キロ未満、女性18キロ未満)

平均はというと

若い方

  • 男性(20~24歳):46.46キロ
  • 女性(20~24歳):平均28.24キロ

50歳以降

  • 男性(50~54歳):46.31キロ
  • 女性(50~54歳):28.04キロ

75歳以降

  • 男性(75~79歳):35.02キロ
  • 女性(75~79歳):22.34キロ

要因が重なってリスクを高める・・

このような調査結果を見ると、ひとつひとつが独立した原因になるのではなく、複合的に重なりあって、認知症になりやすい年代にリスクを高める気がします。

認知症だけでなく、ガンになりやすい要因など時々発表されます。これらの調査では、ほとんどの場合多くの人が当てはまる結果になりやすく、逆に発症しなかった人を分析して、プラス発想できるようなデータも欲しい気がします。

トップへ戻る