子供が起こした事件で、親に1000万円の賠償命令

東京都内の小学校に通う2年生の児童が、面識のない4年生児童に、マンション(9階建て)の屋上から、飛び降りるよう強要され大けがをした事件で、加害者の親に1000万円の賠償を命じる判決。

事件の概要

  • 発生年月:平成25年(2013年)1月
  • 発生場所:東京都内
  • 状況:小学校2年生の児童(女児)が、面識のない4年生(女児)に行動を注意されたうえ、9階建てのマンションの屋上から飛び降りるよう強要され、植え込みに転落し重傷を負う。

裁判

  • 日時:平成28年7月19日
  • 裁判所:東京地方裁判所
  • 判決の内容:加害者の親に1025万円の支払いを命じる。(被害者側の請求は約3000万円)

判決の要旨

「加害者の親は、子どもが問題行動を起こしたときに注意するなど相当の努力を払ってきた」その一方で、「子どもには自分の思いどおりに他人が動かないと、強い怒りを抱く傾向があったにもかかわらず、その傾向を踏まえて専門家に相談するなど十分な対応をとっていたとはいえない」と指摘。

小野瀬厚裁判長

保護者の責任を認める判決

子どもが故意に起こした事件だけでなく、自転車での交通死亡事故などで、加害者側の親に高額の賠償が命じられる事件もあります。

事例

2013年7月には、少年(事故当時小学校5年生)が乗った自転車と歩行者との衝突事故における損害賠償訴訟で、少年の母親に約9,500万円という高額賠償を命じる判決が出ています。加害者が未成年の場合、保護者が監督責任を問われる場合があります。

トップへ戻る