STAP細胞(刺激惹起性多能性獲得細胞)のWikipedia記事(アーカイブ)

ウィキペディアに記載されている「STAP細胞」に関する記事を保存。7月27日現在、削除審議中のため、保存しておきます。

現在、削除の方針に従って、この項目の一部の版または全体を削除することが審議されています。

削除についての議論は、削除依頼の依頼サブページで行われています。削除の議論中はこのお知らせを除去しないでください。

この項目の執筆者の方々へ: まだ削除は行われていません。削除に対する議論に参加し、削除の方針に該当するかどうか検討してください。また、本項目を既に編集されていた方は、自身の編集した記述内容を念のために控えておいてください。
 

著作権疑い.PNG

この項目は著作権侵害が指摘され、現在審議中です。

審議の結果、該当する投稿以降の全ての版またはこのページ全体(すべての版)が削除される可能性があります。問題箇所の適切な差し戻しが行われていれば、削除の範囲は問題版から差し戻し直前の版までとなる可能性もあります。適切な差し戻しが行われていないと考えられる場合は、この版の編集や引用はしないで下さい。著作権上問題のない自分の投稿内容が削除される可能性のある方は、早めに控えを取っておいて下さい(詳しくはこちらの解説をお読み下さい)。

該当する投稿をされた方へ: ウィキペディアでは、著作権上問題のない投稿のみを受け付けることになっています。他人の著作物を使うときをお読み頂いた上で、審議にご協力をお願いします。自分の著作物を投稿されていた場合は削除依頼を出されたらをご覧下さい。

審議が終わるまで、このお知らせを除去しないでください。
(以下、著作権侵害の可能性がある箇所を取り除いた内容を暫定的に表示します。)

 刺激惹起性多能性獲得細胞

刺激惹起性多能性獲得細胞[1][2](しげきじゃっきせいたのうせいかくとくさいぼう、英: Stimulus-Triggered Acquisition of Pluripotency cells[1][3])は、動物の体細胞に外的刺激(ストレス)を与えて分化多能性[注 1]を獲得させた細胞として、2014年1月末に論文2本がネイチャーに発表された[1][3][5][6][7]。

小保方晴子(理化学研究所)らが、チャールズ・バカンティ(ハーバード・メディカルスクール)や若山照彦(山梨大学)と共同で発見したとして、現象を刺激惹起性多能性獲得(英語名のStimulus-triggered acquisition of pluripotencyから STAP)[5]、得られた細胞をSTAP細胞(スタップさいぼう、STAP cells)と名付けた[1][3][8]。STAP細胞に増殖能を持たせたものをSTAP幹細胞、胎盤へ寄与できるものをFI幹細胞と呼ぶ[9]。

従来、動物の体細胞が外的刺激をうけて万能細胞になることはありえないとされており、生命科学の常識を覆す大発見とされ[3][8]、細胞初期化原理の解明や医療への応用が期待された[10][11]。しかし、再現が取れないことや画像の改ざん、公開データや残された試料を遺伝子解析して明らかになった疑問、実験が本当に行われたか等、複数の疑義が指摘され、STAP細胞作製の事実が疑われている(#論文や研究等における様々な疑義)[12][13]。

6月初めまでに著者が論文撤回を表明し、7月2日にネイチャーが2本の論文を撤回[14][15][16][17][18][19]。STAP細胞はその科学的根拠を失った[20][21]。なお、4月より理化学研究所が検証実験を行っており[22]、研究過程の真実や特許出願の行方と合わせて注目されている[23][24]。現在、STAP細胞はないと言い切って良い[25][26][27]状態が続いている[28][29][22][25][26]。

目次  [非表示]
1 研究の意義 1.1 論文で主張された新規性
1.2 iPS細胞との比較
1.3 期待された意義と展開

2 研究の概要 2.1 撤回された発表論文
2.2 撤回された論文の要旨
2.3 公表されていた実験手技解説
2.4 特許出願と内容
2.5 応用研究と課題

3 論文や研究等における様々な疑義 3.1 2枚の画像に関する問題
3.2 それ以外の画像を巡る疑惑
3.3 STAP幹細胞にはTCR遺伝子再構成が認められなかった問題
3.4 作成されたSTAP細胞や試料を巡る疑義
3.5 公開遺伝子データから発覚した疑義
3.6 実験についての疑義や論文との矛盾
3.7 実験全体の再現性の欠如
3.8 その他

4 理化学研究所の対応 4.1 調査委員会中間報告
4.2 調査委員会最終報告
4.3 不服申し立てと再調査の検討
4.4 第三者改革委員会の提言
4.5 理化学研究所によるSTAP現象の検証
4.6 科学的な疑義に対する調査の継続
4.7 研究不正のある特許の行く末

5 脚注・文献 5.1 注釈
5.2 出典
5.3 参考文献

6 関連項目
7 外部リンク 7.1 論文発表当初の情報
7.2 疑義発覚後の公的情報
7.3 疑義を検証しているサイト

研究の意義[編集]

論文で主張された新規性[編集]

当初発表時点において、遺伝子の導入などによらず、外的刺激(ストレス)を与えることのみで体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化(リプログラミング)する原理を発見したとされたことが特徴である[30]。 STAP細胞は胎盤を含むすべての細胞に分化できる[8][30]。また、STAP細胞を胚盤胞に移植すると、キメラ個体を形成する[30]。胎盤の形成は可能であるが胎仔を形成できない宿主の胚盤胞を用いた場合、注入されたSTAP細胞のみから胎仔全体が形成される[30]。

iPS細胞との比較[編集]

論文で主張されているSTAP細胞の特徴をiPS細胞の特徴と比較したもの。この段階で、当初報道との乖離が認められる。
小保方らによる論文の発表直後から、iPS細胞と比較してSTAP細胞の性質や優位性について論じられたものの、その報道の多くが、iPS細胞の発見者である山中伸弥により反論されている[31][注 2]。

まず、生後1週のマウス脾臓のリンパ球を使用した場合のSTAP細胞となる確率は7-9%(2014年、論文発表当初)であり、これはiPS細胞の作製効率の1%未満(2006年、論文発表当初)よりも高い、と報道されていた[8]。これに対し山中の発表によればiPS細胞の作成効率は2006年の論文発表時から大幅に上昇している[10][31][34]。

また、STAP細胞の作製に要する期間は2-7日(2014年、論文発表当初)で、iPS細胞の2-3週間(2006年、論文発表当初)よりも大幅に短いと報じられたが[8]、山中の指摘によれば、イスラエルのグループが7日で作成した記録があり、最新の研究同士を比べると大差はない[10]。

遺伝子の導入に伴う発癌性のリスクがないため、STAP細胞はiPS細胞に比べてリスクが低いとする報道もあった[35]。これについては、当初はiPS細胞の作成に際して因子の一つとして発癌に関連する遺伝子であるc-Mycをもちいていたが、後にこれを発癌性のない因子に置き換えたことから、iPS細胞の癌化のリスクは大幅に下がっている[10]。一方で、山中は、半数以上の細胞が死滅するようなストレスが細胞にかかることから、STAP細胞の安全性について検証が必要だとしている[10]。

期待された意義と展開[編集]

当初はES細胞やiPS細胞と比較され、STAP細胞の優位性が強調されていた。STAP細胞はiPS細胞とは異なり、体内での臓器再生等、別の可能性があることが期待されていた[10][36]。また、小保方は細胞初期化を制御する原理が解明できれば、細胞の状態を自在に操作可能な技術につながると語り[37]、山中も初期化のメカニズムに迫るにあたって有用だとした[10]。

また、共著者の一人である東京女子医科大学教授の大和雅之は、外的刺激による初期化は生物が生存のために環境に適応する進化的意味合いを持つとし、未知の生命現象が解決する可能性[注 3]や生物学におけるインパクト、波及効果を指摘していた[11]。

研究の概要[編集]

研究の着想は「植物のほか、動物の中でもイモリは傷つくなど外からの刺激をきっかけに、万能細胞化して再生する。ヒトを含めた哺乳類でも同様のことが考えられないか」という素朴な疑問にあるとされた[38]。小保方が大学院時代に留学したハーバード大学医学大学院のブリガムアンドウィメンズ病院麻酔科教授のチャールズ・バカンティらは、成体内に小型の細胞が極少数存在し、これが休眠状態の多機能細胞ではないかとの仮説を唱えていた(胞子様細胞)[1]。小保方はこの研究室で組織細胞をガラスの細管に通して小型細胞を選別する実験を行った。この実験で小型の幹細胞は取り出せるが、元の組織には幹細胞が観察されないこと、繰り返し細管に通すと少しずつ小型の幹細胞が出現することなどを知った。小保方は「小さい細胞を取り出す操作をすると幹細胞が現れるのに、操作しないと見られない。幹細胞を『取り出している』のではなく、操作によって、『できている』という考えに至った」と話している[39]。

撤回された発表論文[編集]

2014年1月30日付でネイチャーに以下の2本が掲載された。
Obokata, H.; Wakayama, T.; Sasai, Y.; Kojima, K.; Vacanti, M. P.; Niwa, H.; Yamato, M.; Vacanti, C. A. (2014-07-02). “Retraction:Stimulus-triggered fate conversion of somatic cells into pluripotency”. Nature 505: 641-647. doi:10.1038/nature12968.(英語)]]
(撤回済みNature Article。以下、アーティクル論文、或いは主論文)Obokata, H.; Sasai, Y.; Niwa, H.; Kadota, M.; Andrabi, M.; Takata, N.; Tokoro, M.; Terashita, Y.; Yonemura, S.; Vacanti, C. A.; Wakayama, T. (2014-07-02). “Retraction:Bidirectional developmental potential in reprogrammed cells with acquired pluripotency”. Nature 505: 676-680. doi:10.1038/nature12969.(英語)
(撤回済みNature Letter。以下、レター論文)
しかし同年7月2日付ネイチャーにおいて、以下のように撤回された[40][41][42]。
H. Obokata, et al. (2014-07-02). “Retraction: Stimulus-triggered fate conversion of somatic cells into pluripotency”. Nature 511 (112) 2014年7月3日閲覧。.(アーティクル論文のネイチャー取り下げ理由書)
H. Obokata, et ak, (2014-07-02). “Retraction: Bidirectional developmental potential in reprogrammed cells with acquired pluripotency”. Nature 511 (112) 2014年7月3日閲覧。.(レター論文のネイチャー取り下げ理由書)

なお、同日に上記2論文の主な撤回理由について理化学研究所の仮訳が発表され[43][注 4]、小保方、若山、笹井、丹羽のコメントも発表されている[44][45][46][47][48]。

また、上記論文に記載された手技解説では不足で再現性が乏しいという指摘に対応して、3月5日に以下の手技解説がネイチャー・プロトコル・エクスチェンジ誌で公開[49]、3月20日にはチャールズ・ヴァカンティらも別の手技解説をウェブ上で公開している(#公表されていた実験手技解説)。

撤回された論文の要旨[編集]

小保方らは、まず未分化細胞で特異的に発現するOct4遺伝子の挙動を観察した。Oct4プロモーターの下流にGFP遺伝子配列を繋いだコンストラクトをマウスに導入し、Oct4の挙動を可視化した。このOct4::GFPマウスのリンパ球を使用し、細胞外環境を変えることによる細胞の初期化の状況を解析した[30]。細いガラス管に通すという物理刺激を与えたり[注 5]、毒素(細胞毒素ストレプトリジンO)で細胞膜に穴をあけたり、飢餓状態にしたり、熱刺激を与えたりなどさまざまな方法を試した結果、酸性溶液による細胞刺激が最も有効であることを発見した[39]。小保方らの試行では、生後1週のマウス脾臓のリンパ球をpH 5.7、37℃の酸性溶液に25分浸して刺激を与え[50][注 6]、B27と多能性細胞の維持・増殖に必要な増殖因子である白血病阻止因子(LIF)を含むDMEM/F12培地に移して培養する方法が、最も効率的にSTAP細胞を作製できた[30][51][52]。

次に、小保方らは、生きた細胞を長時間培養しながら顕微鏡で観察するライブイメージング法(英語版)で7日間にわたって解析を行った。その結果、得られる未分化の細胞は、分化したリンパ球が初期化されたものであり、試料に含まれていた未分化の細胞が酸処理を経て選択されたものではないことを示唆した[1][30] [53][54]。遺伝子解析(英語版)を実施してOct4陽性細胞を検証した結果、Oct4陽性細胞のT細胞受容体遺伝子に、リンパ球T細胞が分化した時に生じる特徴的な遺伝子再構成であるTCR再構成が検出された [30][53][注 7][注 8]。このことから、Oct4陽性細胞は、T細胞に一度分化したリンパ球由来の細胞を酸性溶液処理で初期化して得られたものであり、Muse細胞のような既存の多能性幹細胞が酸性溶液処理によって選択されたものではないことを検証した[30]。また、このOct4陽性細胞は、Oct4以外にも多能性細胞に特有のSox2、 SSEA1、Nanogといった遺伝子マーカーを発現していた[30][56]。さらにOct4陽性細胞は3胚葉組織への分化能を持っていた[30][57][注 9]。その後、小保方らは、脳・皮膚・骨格筋・脂肪組織・骨髄・肺・肝臓・心筋などの組織の細胞についても同様に処理し、いずれの組織の細胞からもSTAP細胞が産生されることを確認した[30][58]。

また、LIFと副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)を含む培地を用いることにより[58]、多能性と自己複製能を併せ持つ細胞株を得る方法が確立された[30]。これがSTAP幹細胞と呼ばれるものである[10]。STAP幹細胞は胎盤組織への分化能を持たないが[30][59]、STAP細胞の培養条件を変え、栄養膜幹細胞の作製法と同様にFgf4を含む培地で長期間の接着培養することにより得られた幹細胞(FI幹細胞またはFGF4誘導幹細胞[注 10])からは胎盤を誘導することができた[61][62]。

公表されていた実験手技解説[編集]

撤回済みアーティクル論文に記載の実験手技要旨[50]に加え、理化学研究所は2014年3月5日に、より詳細な実験手技解説(Technical Tips)[49]を公開した[63]。なお、アーティクル論文とレター論文の取り下げに伴い、この実験手技解説も7月2日付けで取り下げられている。
Obokata, H.; Sasai, Y. ; Niwa, H. (2014-03-05). “Essential technical tips for STAP cell conversion culture from somatic cells”. Nature. doi:10.1038/protex.2014.008.(英語)
(PROTOCOL EXCHANGE:以下、撤回済みネイチャー・プロトコル)
この撤回済みネイチャー・プロトコルには、「単純に見えるが、細胞の処理と培養条件、さらに細胞個体群の選択に、とりわけ慎重さを要する」という「注意書」があり、カリフォルニア大学デービス校准教授のポール・ノフラーは、これは「STAP細胞は作るのがきわめて難しい」と同義だ、とし[64]、「(共著者の)ハーバード大学のバカンティ博士は、なぜこのプロトコル・ペーパー(作成方法論文)に加わらないのか」という疑問を表明した[64]。また、ウォール・ストリート・ジャーナル紙も、撤回済みネイチャー・プロトコルが、元の論文と矛盾するとした[65]。

更に同年3月20日には、細いガラス管に通した後で弱酸性液に浸す改善版実験手技を、チャールズ・バカンティらが公表した[66]。
“PROTOCOL FOR GENERATING STAP CELLS FROM MATURE SOMATIC CELLS” (2014年3月20日). 2014年3月24日閲覧。(英語)“Refined protocol for generating STAP cells from mature somatic cells. (PDF)” (2014年3月20日). 2014年3月24日閲覧。(英語)
(以下、バカンティ・プロトコル)
これについて、ノフラーは「作製効率や検証方法が書かれておらず、筆者が誰かの明示がない。実際に作製できるかは疑問」と指摘した[67]。同年4月9日には、米国の幹細胞学者でマサチューセッツ工科大学教授であるルドルフ・イエーニッシュが、STAP細胞の作製法について「論文にする必要はない。今すぐ公開すべきだ」と述べ、「論文掲載の作製法に加え、理研と米ハーバード大が別々の作製法を発表しており、すでに4種類の作製法があるのは異常。論文著者の間できちんと話しあってほしい」と苦言を呈した[68](バカンティ・プロトコルの再現性については「#実験全体の再現性の欠如」を参照)。

特許出願と内容[編集]

STAPの特許は2度の米国仮特許出願を経て[69][70]、2012年4月24日を優先日として国際特許出願されており[71]、2013年10月31日に以下のように公開された[72]。
Vacanti, C. A. et al. (2013年10月31日). “Generating pluripotent cells de novo WO 2013163296 A1”. 2014年2月5日閲覧。(英語)(国際特許公開、優先日:2012年4月24日、出願日:2013年4月24日、公開日:2013年10月31日) (PDF) US 61/637,631(英語) – 米国仮特許出願(出願日:2012年4月24日)
(PDF) US 61/779,533(英語) – 米国仮特許出願(出願日:2013年3月13日)
(PDF) PCT/US2013/037996(英語) – 国際特許出願(出願日:2014年4月24日、優先日:2012年4月24日)
出願人はブリガムアンドウィメンズ病院[注 11]、理化学研究所、東京女子医科大学の3機関であり[71]、発明者はチャールズ・バカンティ、マーティン・バカンティ、小島宏司、小保方晴子(仮出願時の住所はアメリカ[69]、国際出願時の住所は日本)、若山照彦、笹井芳樹(国際出願から追加)[69][70][71]、大和雅之となっており、代理人はマサチューセッツ州ボストンの事務所所属である[71][72]。

請求項は74項に及ぶが、ロシアの事務所でなされた国際調査報告では類似技術が見当たらないとされたのは32項目である。また、第1項の基本となる請求項はミューズ細胞の特許に抵触すると指摘されている[73]。

応用研究と課題[編集]

STAP細胞の開発で理化学研究所と協力したハーバード大学の研究チームによってサルの治療実験が行われ、脊髄損傷で下半身が不自由となったサルが足や尾を動かせるようになるなど一定の成果が出たため、近いうちに学術論文を発表する予定と報道された[74]。また、ハーバード大学の研究チームでは、ヒツジの気道の一部を人為的に損傷させたうえで再生させる実験を始めていた[75]。論文発表当初にはヒトの細胞で作成可能かどうかは実証されていなかったが[52][76]、2014年2月5日、バカンティ教授のチームがヒトのSTAP細胞であるとみられる細胞の写真を公表した[77]。ハーバード大学では、アメリカ国内で、ヒトへの臨床試験の申請に向けた準備を進めることにしていた[75]。

今後の課題として、細胞株の安定性や遺伝情報の維持に関して問題がないかどうか検証することが必要であると報じられた[52]。また、実験に生後1週のマウスを使用しているが[35]、成長したマウスでは、STAP細胞のできる確率が下がる点が課題とされた[3][52][37]。

論文や研究等における様々な疑義[編集]

2月に、論文に掲載された画像に疑問が抱かれたのをきっかけに様々な疑義が指摘されたことを受けて、5月28日、多能性をキメラマウス実験で検証したレター論文[6]について、理化学研究所の小保方晴子ら主要著者の3人が撤回に同意し、ネイチャーに対して手続きに入るよう要請が行われた[78]。6月3日、小保方晴子やチャールズ・バカンティらが、アーティクル論文[5]についても撤回に同意した。7月2日、ネイチャーが論文撤回を発表し、STAP研究は白紙に戻った[14][15][79]。

2枚の画像に関する問題[編集]

2月、論文中に「不自然な画像が使われている」との指摘がインターネット上でなされ、関係機関が調査を始めた[80][81]。STAP細胞のTCR再構成を示す電気泳動などの画像の不自然さが指摘されると、STAP細胞の真贋に疑念が持ち上がった[82]。

当初「研究成果そのものは揺るがない」としていた理化学研究所も[83]、3月14日には調査中間報告においてSTAP細胞のTCR再構成を示す電気泳動の画像に切り貼りがあることと、STAP細胞が3胚葉組織への分化能を持つことを示す画像が小保方の博士論文に使用された画像と一致していたことを認め[55]、センター長がSTAP細胞の存在自体に疑念を表明する事態となった[83][84]。また、調査中間報告の質疑応答を受け[85]、論文の主著者の一部が論文の撤回意図を表明したと報じられた[86]。この時点ではバカンティ、小保方は論文の撤回に反対しており[87][88][89]、全著者の見解が一致しないことから、撤回に至るかどうかは不透明な情勢であった[89][90][91]。理化学研究所は調査最終報告で画像に関する2項目が捏造、改竄や故意による研究不正に該当すると認定した(#調査最終報告)。

それ以外の画像を巡る疑惑[編集]

5月21日、調査委員会が不正とした画像以外について、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの検証チームが
同じ細胞を使って作り出された2匹のマウスの写真で、胎盤が光って写っている方を「STAP細胞」、光っていない方を「ES細胞」として使用していた[92]。
細胞の増殖率を比較するグラフが不自然なうえ、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の開発を発表した山中らの論文(2006年)中のグラフと酷似していた。
解像度が異なる二つの画像を一つの画像のように1枚に合わせて提示していた。
実際には長時間露光で撮影していない画像を長時間露光として注釈をつけていた。

などの疑義を指摘していたが、理化学研究所本部は公表も調査も行っていなかったことが明らかになった[93][94]。日本分子生物学会副理事長の中山敬一は「ここまでミスが重なるのは、明らかに不自然だ。STAP細胞が存在するならば、こうしたことが起こることは考えにくく、そもそもSTAP細胞は無かったのではないかと強く疑わざるを得ない」とした[92]。

5月26日、理化学研究所は、一部の著者からすでに論文を取り下げる意向が示されていることを理由に、これらの疑義について調査は行わないとした[95]。この対応について上昌広は「まだ表に出ていない不正の構造が隠れている可能性もあり、再発を防ぐためにも調査する必要がある」とした[95]。

STAP幹細胞にはTCR遺伝子再構成が認められなかった問題[編集]

2014年1月30日発表のアーティクル論文[5][注 12]では分取できたリンパ球系のSTAP細胞にTCR遺伝子再構成が認められ[注 13]、培養条件を変えることによりそのSTAP細胞からSTAP幹細胞を樹立できたと報告し[96]、『体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見』したとしていた(#外部リンク)。撤回済みネイチャー・プロトコルの中で、8クローンのSTAP幹細胞を調査したところ、いずれにおいてもTCR遺伝子再構成が認められなかった[注 14]ことが公表されたことにより[49][63]、 STAP幹細胞が分化した体細胞に由来したと主張する証拠が無いことが判明した[84][97][98]。

若山照彦はこのことについて、「STAP細胞が出来た重要な証拠の1つである特定の遺伝子の変化について、論文発表前、研究チーム内では『変化がある』と報告され、信じていたが、先週、理化学研究所が発表した文書の中では、変化はなかったと変わっていた」とし「STAP細胞の存在に確信がなくなった」と述べた[99]。3月10日、若山はこの矛盾を始めとして、STAP細胞が3胚葉組織への分化能を持つことを示す画像が博士論文と酷似していた事実を受けて、論文の撤回を呼び掛けた[87][100]。

2014年6月10日、理化学研究所発生・再生科学総合研究センターの自己点検検証委員会(CDB 自己点検検証委員会)は、小保方晴子、丹羽仁史、笹井芳樹が、2014年1月30日のアーティクル論文[5]発表の1年前の2013年1月時点でSTAP幹細胞にTCR遺伝子再構成がないという結果を共有していたが、STAP幹細胞にTCR遺伝子再構成がないことを記載せずネイチャーに発表していたことを報告した[101][注 15]。

作成されたSTAP細胞や試料を巡る疑義[編集]

2月27日、若山は、国外でOCT4発現を確認した事例があることに触れ、また、STAP細胞の実態がES細胞ではないかとする指摘に対しては、当該系統のES細胞を保有しておらず混入は考えられない点、mRNAの発現データが異なる点、STAP幹細胞の樹立がES細胞に較べて容易である点を挙げて、STAP細胞の実在と他者による再現への期待を述べていた [102]。

しかし3月17日になると、若山は小保方から提供されたSTAP細胞の解析を第三者機関に依頼し[103]。日経BPは細胞がES細胞だったのではないかという疑念に踏み込んで報じた[84]。その後、以下の様な疑義が明らかになった。
素材となったマウスと作成されたSTAP細胞の差異3月25日、若山から渡されたマウスを素材にして小保方が作成したSTAP細胞につき、素材のマウスとは異なる遺伝子が検出されたことがわかった。小保方はいずれの株についても「129」と呼ばれる系統のマウス由来の細胞であると説明したが、それらの遺伝子を調べたところ、「B6」系統のマウスと、B6と129との間の子どものマウスに由来する細胞であった[104][105][106][107][108][注 16]。樹立したSTAP幹細胞の性別の差異4月11日、論文にはメスのマウスのSTAP幹細胞に関するデータが載っているが、幹細胞を作った研究者は「オスしかつくっていない」と話していることがわかった[110]。これに対し小保方は10株のSTAP幹細胞のうち8株はオスだが2株はメスであり、このメスの細胞のデータを使用したと反論した[111]。STAP幹細胞の素性を巡る疑義6月3日、素材のマウスと異なる不自然な特徴が確認されたことが公表された[112]。6月16日、小保方が論文記述の際に使用した8株を含む14株の「STAP幹細胞」および5株のES細胞試料を解析した結果が明らかにされた。素材となったマウスは若山から小保方に渡されたものでGFP遺伝子が18番染色体にホモに導入されているが、論文で触れた8株すべてでGFPは15番染色体に導入されている一方で、18番染色体のあるべきところにはGFPが挿入されていない野生型マウスの配列があり、当該「STAP幹細胞」は若山から渡されたマウスに由来しない事が明らかとなった[113][114]。なお、15番染色体にGFP遺伝子を導入したES細胞は広く使われている[115]。同じく6月16日、小保方の研究室にある冷凍庫から「ES」のラベルの貼られた容器が見つかっていたことと、その中にあったマウスの細胞の遺伝子を解析した結果が明らかになった。この細胞ではGFP遺伝子が15番染色体に導入されており、若山が保管する「STAP幹細胞」とされる細胞と同じ特徴を持つ。一方で、小保方がSTAP細胞作成に用いたマウスとは異なるものであると分かった[116][117]。
公開遺伝子データから発覚した疑義[編集]

論文の発表に付随してWEB上で公開されていた遺伝子データを解析したところ、以下の様な疑義が指摘された。
FI幹細胞に関する疑義6月3日、FI幹細胞(FGF4誘導幹細胞)のものとされる遺伝子データに、ES細胞と、胎盤になる能力のある幹細胞「TS細胞」が混ざった特徴があることが分かった。解析は理化学研究所の遠藤高帆上級研究員や幾つかの大学で行われた。作ったマウスもF1ではなく、B6やCD1という別の系統だったという[118][119]。この幹細胞はES細胞9割、TS細胞1割と見られているが[9]、理学博士である竹内薫はES細胞とTS細胞を混ぜ合わせると「別々の塊になるはず」と指摘しつつ、細胞培養に慣れた人ならまとめられるとして、その様な人が協力した可能性を指摘している[120]。STAP細胞に関する疑義6月11日、STAP細胞のmRNAの発現量をSMARTerを使用して解析したデータにおいて、これを分析した結果、ほぼすべての細胞に8番目の染色体が通常の2本より1本多くなる「トリソミー」と呼ばれる異常のあることが明らかにされた。この異常を起こしたマウスは、通常は胎児の段階で死亡することから産仔を得られず、STAP細胞の元になる体細胞を採取したとされるマウスは、存在しなかった可能性が指摘されており[121]、小保方らが生後1週間ほどのマウスからリンパ球を採取してSTAP細胞を作ったとするこれまでの主張と合致しない。なお、8番染色体のトリソミーは、すでに研究で広く使われているマウスのES細胞を長期間培養するとしばしば起きる異常としても知られている[122][123][124][9]。これらの事情から、STAP細胞と呼ばれるものの実態は、生きた個体から採取した分化した細胞を素材にしたものではなく、シャーレ上で培養したES細胞ではないかという指摘がなされ[125]、更にはES細胞をどこかから持ってきて意図的に混入させたものではないかという指摘もなされた[126]。多能性の欠如STAP細胞のmRNAの発現量をTruSeqを使用して解析したデータにおいて、多能性を示す指標遺伝子がまったく発現していなかった。従前よりSTAP細胞作成の根拠の一つとされる蛍光が、指標遺伝子の発現によるものではなく、死にかけた細胞がよく発する自家蛍光ではないかと指摘されていたが、それを補強する結果である。また、SMARTerで解析した結果と一致せず、STAP細胞とされるものが2種類存在したことになる[9]。
実験についての疑義や論文との矛盾[編集]
入手困難な実験機器に関する記述2月26日、アーティクル論文の記述中に、他研究者の論文からの盗用が発覚したが、その部分に現在では入手困難な古い実験機器を用いた実験についての記述が含まれていたことから、当該部分をコピペしただけで実際には実験を行っていないのではないかという疑惑も浮上した。実験用マウスが存在しなかった疑義5月19日、毎日新聞が理化学研究所の会見システムの資料や動物実験記録を調査し、テラトーマ実験に使用したマウスが適正な予算で適切な時期に購入されていないことを明らかにした。実験が本当に実施されていない疑惑がある[127][128][129]。実験に関する文献毎の記述の差異6月2日、論文と、理研が許可した動物実験計画書、小保方の実験ノートの間で記載内容が著しく異なることが判明した。実験の成功を報告した論文の基本的な部分に裏付けがない事態が露見した[130]。実験規模に関する疑念6月16日、若山は記者会見で、小保方が200回以上STAP細胞の作製に成功したとする発言に触れ、それだけの実験を行うには1000匹以上のマウスが必要であるが、相応の数のマウスはおらず、実験回数の根拠が乏しいとした[131]。
実験全体の再現性の欠如[編集]

ポール・ノフラーはウェブサイトにて世界の研究者たちに呼びかけてSTAP細胞作製の追試のデータを集め、2014年2月14日から2月19日に間に様々な細胞で試行された10件の報告が寄せられた[132]。その中には追試に成功したという報告は無い[132]。マウス胎児線維芽細胞で追試を試み、多くの自家蛍光が見られたと報告した関西学院大学の関由行は[132]、「いくら詳細な手順が示されているといっても、論文のデータの信頼性が失われた中では再現に取り組みようがない」と述べた[133]。この他に、半ダースほどの一流の研究所が非公式にうまくいかなかったことを伝えてきたという[134]。

4月1日、香港中文大学教授の李嘉豪は、バカンティ発表の実験手技に基づく追試において、対照実験として研和のみを与えた細胞で予期しなかった多能性マーカー(Oct4、Nanog)の発現を確認したが、多くの細胞が死んだことや、多能性マーカーの発現量が多能性細胞に比べて10分の1以下だったことから、細胞死に伴う無秩序な遺伝子発現による副産物であろうと論じ、STAP細胞の一部の過程の再現との解釈に否定的な見解を示した[135][136]。李は「研和のみの操作は難しくないので他の研究室でも試せないだろうか」「個人的にはSTAP細胞は実在しないと考える。労力財力の無駄なので、これ以上の追試はしない」と述べ[136]、同グループは追試の結果を論文にまとめてオンライン誌で発表した[137]。

このように世界中の独立した研究室が再現実験を試みたにもかかわらず、 STAP細胞作製の追試に第三者が成功したという報告が無い。その上共著者の若山でさえ、2013年3月に山梨大に移ってからSTAP細胞の再現実験に数十回取り組みながら、一度も成功していなかった[138]。3月14日の調査中間報告で、小保方自身のSTAP細胞の再現実験について、竹市雅俊が「光り出すというところまでということで、全体的には再現できていない」と答えた[139]。

現在、小保方を基本的に除外した形で理化学研究所によるSTAP現象の検証が進行しているが、丹羽仁史はあきらめ顔で「もう限界だ」と述べたとされる[22]。既に小保方は5月下旬から様々な形で小保方の助言をしており[22]、STAP細胞の真偽をはっきりさせるための小保方自身による実験が議論になっている[29]。(#理化学研究所の対応中の「理化学研究所によるSTAP現象の検証」、「理研CDBの調査や小保方の動向」を参照)

その他[編集]
万能性を示す疑義
2014年7月21日、STAP細胞論文に掲載された万能性を示すグラフが、著者らが過去に投稿したほぼ同じ内容の論文のグラフの一部データを除いた形になっていたことが分かった。過去の論文のグラフから消えていたのは、万能性が落ちたように見えるデータ。著者たちが不都合なデータを意図的に削除した可能性もある[140][141]。

ポール・ノフラーは4月25日、Nature誌では画像・文書の「盗用防止スクリーニング」が行われていないという欠陥があったと指摘した[142]。また、名前だけ連ねて何もしない共著者の存在についても問題とした[142]。

STAPのネイチャー論文が掲載された後に、論文共著者が関係するバイオ系ベンチャー企業である株式会社セルシードの株価が上昇した。これに対し、インサイダー取引疑惑があるとして証券取引委員会が調査しているとの報道がなされた[143]。

小保方個人の私用ノートパソコンにデータが入っていたことについて、6月12日公表の外部有識者による改革委員会の提言書で、研究成果有体物取扱規程(平成18年規定第10号)第3条の観点から問題が指摘された[144]。

理化学研究所の対応[編集]

理化学研究所はネイチャー掲載論文における研究不正の有無について調査を行い、2014年3月14日に中間報告、4月1日に最終報告を公表した[55][145][146]。また、改革本部の元に改革委員会を4月4日に、検証チームを4月7日に設置した。なお、調査委員会は5月8日で、改革委員会は6月12日で任務を終了し、解散している。

調査委員会中間報告[編集]

3月14日、理化学研究所は研究論文の疑義に関する調査中間報告を公表し[55]、記者会見を行った[注 17]。
結論が得られた項目1.アーティクル論文 の Figure 1f[53](酸処理後数日で細胞の初期化を示すものとして掲載された緑色に光る細胞の画像)には改竄の範疇にある不正行為はなかった。
2.レター論文 の Figure 1b[147] と Figure 2g[59] (緑色に光るマウス胎盤の画像)は同一であり「改竄」に当たるが、図を削除し忘れたという説明に矛盾等は認められず、研究不正であるとは認められない。
調査継続中の項目理化学研究所は研究不正の定義である、捏造、改竄、盗用についてどの程度の悪質性があるのかを継続調査するとした。 1.アーティクル論文 の Figure 1i[53](TCR再構成を示すDNAゲル電気泳動の画像)に認められた切り貼り。
2.アーティクル論文 の Methodの核型解析に関する記載部分[50]の他論文からの盗用。
3.アーティクル論文 の Methodの核型解析に関する実験内容と異なる記述[50]。
4.アーティクル論文 の Figure 2d, 2e[57](STAP細胞が3胚葉組織への分化能をもつことを示すものとして掲載された組織の蛍光顕微鏡画像)と小保方の博士論文に使用された画像との間に認められた一致。
その他の会見要旨その他の会見要旨は以下の通り[148]。 理事長野依良治は、小保方について「1人の未熟な研究者が膨大なデータを集積し、極めてずさんな取り扱いをして、責任感に乏しかった」と指摘。
小保方は、論文の見栄えを良くするため画像を加工したことを認め[149]「やってはいけないという認識がなかった[150]」と主張。
調査委員長の石井俊輔は、「研究倫理を学ぶ機会がなかったのか」と小保方の姿勢を疑問視。
センター長竹市雅俊は、STAP細胞の万能性を示す画像が小保方の博士論文の画像と同一だった点について「論文の体をなしていない[151]」と評価し、小保方を採用したことに関して「過去の(研究ぶりの)調査が不十分だったと深く反省している」と陳謝。
論文を指導した笹井芳樹は、小保方と共同での論文作成に大きな役割を果たしており、これについて野依理事長は「責任は非常に重い」と批判。
小保方は「(記者会見の場で)自分の気持ちを申し上げたい」と述べているが、心身の状態はよくない。
小保方の研究チームは、現在もSTAP細胞を作成できたと判断している。

調査委員会最終報告[編集]

4月1日、理化学研究所は研究論文の疑義に関する調査最終報告を公表し、記者会見を行った。文部科学大臣の下村博文に、4月中旬までに最終報告書をまとめるよう要請された状況下での報告である[152]。理化学研究所は中間報告で判断を保留していた4項目についての判断を示し、うち2項目については不正だとした[145][146][153][154][注 18]。これを受けて、小保方は「真正な画像データが存在していることは中間報告書でも認められています」とのコメントを発表して反論[155]。既にネイチャーに対して訂正論文を提出したことについても触れた上で、理化学研究所による調査報告の結論は曲解であり「到底容認できない」とした[155]。理化学研究所による結論は以下[153][154]。
捏造、改竄や故意による研究不正に該当するとされた項目1.アーティクル論文 の Figure 1i[53](TCR再構成を示すDNAゲル電気泳動の画像)に認められた切り貼り[156]。
2.アーティクル論文 の Figure 2d, 2e[57](STAP細胞が3胚葉組織への分化能をもつことを示すものとして掲載された組織の蛍光顕微鏡画像)と小保方の博士論文に使用された画像との間に認められた一致。
過失であり不正と判断できない項目1.アーティクル論文 の Methodの核型解析に関する記載部分[50]の他論文からの盗用。
2.アーティクル論文 の Methodの核型解析に関する実験内容と異なる記述[50]。

画像の切り貼りについては「きれいに見せる図を作製したい」という目的をもって行われた「改竄」[149]、小保方の博士論文の実験で得られた画像とSTAP細胞の論文の画像が酷似していた件については「捏造」と認定した[153]。その一方で、実験自体は行われており、論文の「盗用」は無い、とした[153]。
若山、笹井の責任「小保方氏以外の調査対象者について、研究不正は認められなかったが、若山、笹井両氏については、シニアの研究者でありながら、上述したとおり、データの正当性と正確性等について自ら確認することなく論文投稿に至っており、そのため、過失とは言え、研究不正という結果を招いたものであって、その立場や経験などからしても、責任は重大であると考える」と理化学研究所は述べた[154]。その他実験ノートは冊数が極端に少なく、実験日の記載がなかった。また、実験データは私物のパソコンに保存されていた[151]。日本分子生物学会副理事長の中山敬一によれば、実験ノートの杜撰さ、生データの追跡困難は全ての捏造家に共通したものである[157]。
不服申し立てと再調査の検討[編集]

4月8日、小保方は、STAP細胞の論文について研究不正があったと認定した理化学研究所の調査結果に対し、理化学研究所の規定では不正行為に当たらないとして不服申し立てを行った[158][159]。そして、翌9日、小保方はSTAP細胞の論文をめぐる問題について大阪市内のホテルで記者会見を実施した[160][161][注 19]。これに対して、理化学研究所が追加資料を要求したため[162]、20日、小保方は不服申立書を補充する文書を提出し、2週間の猶予を求めた[163]。

5月7日、小保方の代理人弁護士が、理化学研究所に追加資料を提出した。主な主張は、複数枚の写真を1枚に組み合わせても「捏造や改竄には当たらない」とした金属材料科学分野での判例があること、理化学研究所によるSTAP細胞の検証実験の結果を待って研究不正かどうかの判断をすべきであることである[164]。同日、小保方の弁護団は、実験ノートの一部を公表したが[165]、日本分子生物学会副理事長の中山敬一教授が「実験ノートではなくメモ、落書きのレベルだ」とするなど[166]、高い評価は得られなかった。

理化学研究所の調査委員会は5月7日、小保方側から再調査に値する資料の提出がなかったとして、「再調査の必要はない」と理化学研究所理事会で説明した[167]。そのうえで、8日、「不服申立てに関する審査の結果の報告」を公表し、再調査は不要だとの判断を示した[168]。調査委員会はこの文書において「「悪意」とは、客観的、外形的に研究不正とされる捏造、改ざん又は盗用の類型に該当する事実に対する認識をいう」として、悪意という言葉の語義を法律用語として解釈し直した[168]。その上で調査委員会は、2012年に小保方がネイチャーに投稿した論文が掲載を拒否されたあとで、同様な論文をサイエンス誌に投稿、審査担当者は画像の加工を察知して「異なる実験の結果をまとめて表示するときは白線を入れて区別する必要がある」と指摘し掲載を拒否していたことを報告した[169]。すなわち、小保方はその時点で査読者からそのような画像加工は不正であると警告を受けていたのであるから、今回の問題となっているその次のネイチャーの論文を投稿する時点では、もはや小保方は、意図的な改ざんの不当性を承知のうえで投稿していると言わざるを得ないと、悪意の成立を指摘した[169]。一方で小保方側は、自身はサイエンスからそのような指摘を受け取っていないとして「認識がない」「STAP細胞論文とは異なる論文だ」と主張[169]。悪意を改めて否定した[169]。

第三者改革委員会の提言[編集]

理化学研究所が設置した外部有識者による改革委員会は2014年6月12日、研究不正に至った経緯と背景を分析し、再発防止策を盛り込んだ提言をまとめ、公表した[170]。STAP問題がなぜ起きたのかについて、
通常の手順を省略して小保方を採用
笹井は秘密保持を優先し、外部の批判や評価を遮断
小保方の研究データの記録、管理がきわめてずさん
CDBにも不正を誘発する構造的な問題
理化学研究所本体も研究不正防止への認識が不足

と指摘した[171][172]。

6月12日の会見では研究不正の原因究明に時間をかけることなく幕引きを急いでいる感があると理化学研究所の姿勢を厳しく批判した[173]。また、小保方の採用方法が異例だったこと、笹井の過剰な秘密主義が一連の研究不正を生んだこと[174]が指摘され、論文執筆で上司の笹井芳樹が小保方を「囲い込み状態」で指導し、多くの誤りを見逃したとした[175]。

会見の中で委員の塩見美喜子は、理研統合生命医科学研究センターの遠藤高帆・上級研究員らがSTAP細胞として公表されている遺伝子データを解析し8番目の染色体が3本ある「トリソミー」という異常を指摘したことについて「この結果は信憑性が高い。STAP細胞は、マウスからとってつくったのではなく、どこからか(ES細胞を)持ってきたのではないか」と表明。また、時事通信の記者からの「改革委員会のみなさんとしてはSTAP細胞は無いという見方で一致しているのか」という質問に対して「STAPというのは、じきになくなるのではないか」と述べた[176][177][178]。

信州大学特任教授の市川家国は、STAP論文問題では様々な不正が同時に行われている点を挙げ、2002年にアメリカで起こった「超電導研究不正(シェーン事件)」や、2005年に韓国で起った「ES細胞捏造(ファン・ウソク事件)」と並び、三大不正事件の一つであると断言した[179]。

なお、会見に先立つ6月11日から、改革委員会が小保方が所属する発生・再生科学総合研究センターの解体や竹市雅俊と笹井芳樹の事実上の退任を求めていることが報道されていた[175]。6月13日、理化学研究所の野依良治理事長は下村博文文部科学相と面会し、外部識者による改革委員会の提言を踏まえ、研究不正防止の行動計画を策定する方針を伝えた[180]。

改革委員会は補足的な論文の再調査と、外部委員による論文全体の検証を強く求めた。重大な疑義が新たに浮上し、再発防止のためにも不正の全容解明が不可欠と判断したためで、調査に消極的な理化学研究所の姿勢を「及び腰」と痛烈に批判した。「責任の所在が明らかになることを恐れているのでは」「問題を矮小化しようとしているのでは」と厳しく批判[181]。
疑惑発覚後の理研の対応STAP細胞の作製が可能かどうか確認せずに詳細な手順を公表した
笹井が謝罪記者会見でなど責任逃れと受け取られても仕方がない発言をした
自己点検委の報告が遅れた[182]。

センター解体や理化学研究所への改革提案、それらの展開については

「理化学研究所#STAP論文事件に伴う混乱」を参照

理化学研究所によるSTAP現象の検証[編集]

2014年4月7日、理化学研究所はSTAP現象の検証作業を野依理事長主導で実施することを発表した[183][注 20]。
計画概要刺激による分化細胞の多能性誘導現象が存在するか否かを科学的に厳密性の高い方法で検証する。そのために、論文で報告されたリンパ球からの多能性誘導の再現性の有無を検討するのみならず、他の分化細胞からの多能性細胞の誘導の可否についても厳密な細胞系譜追跡法を用いて検証する。マウスを用いた実験においては、多能性の検証のために厳密性が高いと評価されている、胚盤胞注入によるキメラ胚への寄与能を調べることで、多能性の有無の確認を行う。具体的な検証方法 リンパ球からの多能性細胞の誘導の再現性の有無の検証(細胞実験)
分化細胞からの多能性細胞の誘導の可否についての厳密な検証(マウス実験)
体制実験総括責任者:理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター特別顧問(相澤研究ユニット 研究ユニットリーダー兼務) 相澤慎一
研究実施責任者 : 理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター・多能性幹細胞研究プロジェクト・プロジェクトリーダー・丹羽仁史
細胞培養に関わる実験は丹羽以下計4名が、マウスに関わる実験は相澤以下計2名が担当する[184]。小保方に関しては相沢慎一は「協力を得たいが、情報を求めることはあっても検証チームに加えることはない」としている[185]。スケジュール検証計画の期間は2014年4月1日より概ね1年。検証完了までの間、実験総括責任者は、適宜、理事会に検証実験の状況報告を行う。理事会は、報告を踏まえ、都度、検証実験を継続的に進めるか、否かを判断する。情報の公開実証計画開始 4 か月(2014年8月1日)を目途に中間報告、検証計画の終了をもって最終報告を行う方針を立てた[186]。6月12日には、7月にも中間報告を公表し、来年3月までに結論を出す予定であること、細胞の存否はまだ謎との見解を表明した[187]。小保方の検証実験参加
小保方は2014年5月下旬より発生・再生科学総合研究センターに出勤しており、実験には立ち会わないものの、検証実験へ助言を行っていた[188]。検証実験は難航しているものの、小保方が実験しないとSTAP細胞の真偽がはっきりしないのではないか?という意見があり[189]、小保方の処分と実験参加の動向が注目された[190]。6月30日、理化学研究所は、検証実験へ小保方を参加させることを正式に発表、期限は7月1日~11月30日とした[191]。合わせて小保方のCDB通勤時の取材自粛を求めた[192]。これに伴い、小保方らの懲戒処分の審査をいったん停止する[193]。実験総括責任者のCDB特別顧問の相澤慎一は7月2日に記者会見を行い、小保方が行う実験の計画[194]や条件、第三者の立会い、カメラによる監視、入退室のカードキー管理、細胞の培養機器に鍵をかける事について発表した[195]。

これに対し、7月4日には日本分子生物学会が、撤回されたSTAP細胞論文にからむ研究不正の実態解明が済むまでSTAP細胞の検証実験の凍結を希望する、と声明を発表[196]。東京大学教授の佐倉統も「成功しても第三者が成功しない限り状況は変わらない。失敗しても科学的に『ない』と断言することはできない[27]。余計な混乱を招くだけだ」との見解を示す等、多くの批判を浴びた[197]

科学的な疑義に対する調査の継続[編集]
CDBの自己点検検証委員会
理化学研究所の発生・再生科学総合研究センター(CDB)の自己点検検証委員会が2014年4月8日に設置されており、様々な調査を行った。6月10日に報告書をまとめ、6月12日には改革委員会とともに会見を実施。調査委員会が指摘していなかった多くの疑義と真相について公表した[101]。

なお、CDBの調査を理研本部が十分に取り合わなかったこと[198]、CDBセンター長の竹市雅俊が信頼性が薄いと自身が判断した情報を報告していなかったこと[199][200]が報道されている。
科学的な疑義に対する予備調査
数々の疑惑発覚により、6月30日に理化学研究所は科学的な疑義に対する予備調査を開始することを発表した[191]。

研究不正のある特許の行く末[編集]

国際特許出願では優先日から30か月以内に、各国の特許機関へ「翻訳版」を提出する「国内移行手続き」経て実体審査に移る必要があり[201]、STAP特許の場合2014年の10月24日までとなる。

論文の疑義に加えて、米国仮特許出願(US 61/637,631)にも疑義が見つかっている[73]。検証委員会は1年かけて調査を行うことになっており、出願人の1人である理化学研究所が検証をできないままに翻訳版を用意するとは考えにくく、特許はそのまま期限を迎えて無効になる可能性が高いと見られている[73]。また、日本では詐欺行為で特許を取得すると刑事罰に問われるが、出願だけでは刑法に問われないとみられている[202]。

6月4日から5日にかけて論文取り下げの報道がなされたが、世界知的所有権機関からは、論文撤回が直ちに出願取り消しに繋がる訳ではなく、取り扱いの判断は各国の特許機関に委ねられるとの見解が示された[203]。

理化学研究所は検証実験の状況を見て今後の対応を検討する方針だが、この特許出願が邪魔な存在になり科学の発展が阻害される懸念が指摘され[203][注 21]、外部有識者でつくる理化学研究所の改革委員会も、細胞作製に関する国際特許の出願取り下げを求めている[204]。

脚注・文献[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

1.^ 「分化多能性」は「様々な細胞に分化できること」。「分化全能性」はそれよりも狭義であり、「胎盤も含むすべての細胞に分化できること」。STAP細胞は分化全能性を持つ可能性が示唆されている[4]
2.^ 2014年3月18日理化学研究所は、STAP細胞の作製に関する会見で配布した記者向け資料の一部に「誤解を招く表現があった」として撤回している[32][33]。
3.^ 具体的にはがん幹細胞が突然変異と外的刺激の組み合わせによりできているのかもしれない等[11]。
4.^ 誤:「若山研で維持されていたマウスやES細胞と挿入場所が一致する」、正:「この場所に遺伝子を挿入したマウスは若山研究室で維持されたことはない」
5.^ 項目「研和」も参照のこと
6.^ 撤回済みネイチャー・プロトコルでは、予め4℃に冷やしたHBSSに細胞を懸濁させ、希塩酸(HBSS希釈)でpH 5.7に調整した後、37℃で25分待つなどとなっている[49]。
7.^ TCR再構成を示すPCR解析の画像に切り貼りがあった[55]。
8.^ 撤回済みネイチャー・プロトコルでは、8株のSTAP幹細胞でもPCR解析を行ったがTCR再構成は無かったとしている[49]。
9.^ 証拠となる画像が小保方の博士論文に使用された画像と一致していた [55]。
10.^ FI幹細胞[9]またはFGF4誘導幹細胞[60]は、撤回済みネイチャー・プロトコル[49]ではFI stem cells、レター論文[6]ではFgf4-induced stem cellsと記述されている。
11.^ ブリガムアンドウィメンズ病院(Birigham and Women’s Hospital, Inc.)はチャールズ・バカンティ教授の所属病院。ブリガム婦人病院、ブリガム婦人科病院と訳されることもある。ハーバード大学医学大学院(Harvard Medical School)の関連医療機関の一つ。
12.^ この論文の論題は”Stimulus-triggered fate conversion of somatic cells into pluripotency”であり、分化した体細胞が外的刺激によって万能性を獲得できる、と主張していることに注意。
13.^ TCRはT細胞受容体のこと。分化したリンパ球(体細胞)はTCR遺伝子の再構成がおきていることがあり、それが体細胞へ分化していることの指標となる。原文では以下の叙述がある。genomic rearrangements of Tcrb (T-cell receptor gene) were observed in Oct4-GFP+ cells derived from FACS-purified CD45+ cells and CD90+CD45+ T cells (Fig. 1i, lanes 4, 5, and Extended Data Fig. 2e-g) …[53]
14.^ 撤回済みネイチャー・プロトコルの叙述は以下の通り。 We have established multiple STAP stem cell lines from STAP cells derived from CD45+ haematopoietic cells. Of eight clones examined, none contained the rearranged TCR allele, suggesting the possibility of nagative cell-type-dependent bias (including maturation of the cell of origin) for STAP cells to give rise to STAP stem cells in conversion process. This may be relevant to the fact that STAP cell conversion was less efficient when non-neonatal cells were used as somatic cells of origin in the current protocol.[49]
15.^ CDB 自己点検検証委員会が「(5)T細胞受容体(TCR)遺伝子再構成実験に関する経緯」にまとめている(CDB 自己点検検証委員会 2014, pp. 5-6)
16.^ 「B6とF1」との報道もあったが、B6はマウスの系統、F1は違う系統のマウスとの交配の 第1世代を指す[109]。
17.^ FNNが調査中間報告の記者会見の全録をYouTubeで公開している。(1/7)、(2/7)、(3/7)、(4/7)、(5/7) 、(6/7) 、(7/7) 。2014年3月24日閲覧。
18.^ FNNが調査最終報告の記者会見の全録をYouTubeで公開している。(全録)「STAP細胞」論文 理研の調査委員会が最終報告、(全録)「STAP細胞」論文 理研の調査委員会が最終報告 質疑応答、(全録)「STAP細胞」論文 理研・野依理事長らが会見、2014年4月1日閲覧。
19.^ FNNが小保方の記者会見の全録をYouTubeで公開している。(全録)小保方 晴子リーダー記者会見 冒頭、コメント読み上げ、弁護士による不服申立書の説明、質疑応答 (1/3)・(2/3)・(3/3)、 2014年4月9日閲覧。
20.^ FNNが検証計画の記者会見の全録をYouTubeで公開している。(1/3)、(2/3)、(3/3)、2014年4月9日閲覧。
21.^ 特許出願を取り下げたとしても、既に公開されているため公知であることには変わらない。また、特許を各国の審査機関に移行手続きして幾つかのクレーム(請求項)を審査請求をした場合も、他の公知技術との関連で特許が認められない可能性は残る

出典[編集]

1.^ a b c d e f “(記事取り下げ)細胞外からの強いストレスが多能性幹細胞を生み出す”. 独立行政法人 理化学研究所 神戸研究所 発生・再生科学総合研究センター (2014年1月30日). 2014年2月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年2月4日閲覧。
2.^ “新たな万能細胞開発 iPSより効率的に 神戸の理研など”. 神戸新聞NEXT. (2014年1月29日) 2014年2月2日閲覧。
3.^ a b c d e “新しい万能細胞作製に成功 iPS細胞より簡易 理研”. 朝日新聞デジタル. (2014年1月29日) 2014年1月30日閲覧。
4.^ “多能性細胞”. Weblio事典 – 新語時事用語辞典 (2014年1月30日). 2014年2月13日閲覧。
5.^ a b c d e Obokata, H.; Vacanti, C. A. et al. 2014, pp. 641-647.
6.^ a b c Obokata, H.; Wakayama, T. et al. 2014, pp. 676-680.
7.^ 新語時事用語辞典 2014.
8.^ a b c d e “理研、万能細胞を短期で作製 iPS細胞より簡単に”. 日本経済新聞. (2014年1月29日) 2014年1月30日閲覧。
9.^ a b c d e 古田彩 & 詫摩雅子 2014.
10.^ a b c d e f g h “iPS細胞とSTAP幹細胞に関する考察”. 京都大学iPS細胞研究所 (2014年2月12日). 2014年2月15日閲覧。
11.^ a b c “【新型の万能細胞「STAP」】東京女子医大・大和雅之教授「10年以内に臨床研究」、慶応大・岡野栄之教授「慎重な検証が必要だ」(1/2ページ)”. 産経ニュース. (2014年2月10日) 2014年6月10日閲覧。
12.^ “STAP細胞 確信なくなった”. NHK. (2014年3月10日). オリジナルの2014年3月10日時点によるアーカイブ。 2014年3月10日閲覧。
13.^ “Genetic tests suggest STAP stem cells ‘never existed’”. NATURE NEWS BLOG. (2014年6月3日) 2014年6月7日閲覧。(英語)
14.^ a b “ネイチャー、STAP細胞論文を撤回 研究成果、白紙に”. (2014年7月2日) 2014年7月2日閲覧。
15.^ a b “STAP細胞、5カ月で白紙 ネイチャーが論文撤回”. (2014年7月2日) 2014年7月2日閲覧。
16.^ “STAP細胞:ネイチャーが論文撤回へ 研究成果白紙に”. (2014年6月30日) 2014年6月30日閲覧。
17.^ “STAP細胞:研究白紙に、主論文撤回 小保方氏が同意”. 毎日新聞. (2014年6月4日) 2014年6月4日閲覧。
18.^ “Last remaining support for controversial stem-cell papers collapses”. NATURE NEWS BLOG. (2014年6月4日) 2014年6月7日閲覧。(英語)
19.^ “STAP cell research to fall apart as authors consent to retraction”. Mainichi Japan. (2014年6月4日) 2014年6月7日閲覧。(英語)
20.^ “STAP細胞:ネイチャー論文撤回で「存在しなかった」に”. (2014年6月30日) 2014年6月30日閲覧。
21.^ “「論文撤回によって『STAP細胞はない』ということになる」”. (2014年6月13日) 2014年6月13日閲覧。
22.^ a b c d “誰も あると思ってない 幻のSTAP(ルポ迫真)”. 日経新聞. (2014年6月23日) 2014年6月23日閲覧。
23.^ “STAP特許、どうなる? 迫る期限、難しい信頼回復”. 朝日新聞デジタル. (2014年7月5日) 2014年7月6日閲覧。
24.^ “まだ残るSTAP論文の疑惑”. 日本経済新聞. (2014年7月6日) 2014年7月6日閲覧。
25.^ a b “STAP、「正体はES細胞」見方強まる(Q&A)”. 日経新聞. (2014年6月24日) 2014年6月24日閲覧。
26.^ a b “「〝できる〟と言うのは小保方氏1人」 若山教授会見”. 産経新聞. (2014年6月16日) 2014年6月16日閲覧。
27.^ a b “STAP細胞は「悪魔の証明」”. 日経新聞. (2014年7月21日) 2014年7月21日閲覧。
28.^ David Cyranoski (2014年6月17日). “Gene tests suggest acid-bath stem cells never existed Cells purportedly made with ‘STAP’ method came from the wrong mice, tests show”. NATURE BREAKING NEWS. doi:10.1038/nature.2014.15425 2014年6月22日閲覧。
29.^ a b “STAP有無「結論まだ早い」理研再生研の竹市氏”. 朝日新聞. (2014年6月16日) 2014年6月20日閲覧。
30.^ a b c d e f g h i j k l m n “体細胞の分化状態の記憶を消去し初期化する原理を発見” (プレスリリース), 理化学研究所, (2014年1月29日) 2014年1月30日閲覧。
31.^ a b “STAP細胞「研究に取り入れたい」山中氏 iPS細胞に「3つの誤解」”. MSN産経west. (2014年2月10日) 2014年2月13日閲覧。
32.^ “理研、STAP記者向け資料撤回 iPSと比較、誤解招いた”. 共同通信. (2014年3月18日) 2014年3月18日閲覧。
33.^ “理研、STAP記者向け資料撤回 iPSと比較、誤解招いた”. 琉球新報. (2014年3月18日) 2014年3月18日閲覧。
34.^ “山中教授 「STAP細胞の研究に最大限協力」”. 日本経済新聞. (2014年2月10日) 2014年2月13日閲覧。
35.^ a b “新型万能細胞「誰も信じず」 理研チーム・小保方晴子さんら開発”. SankeiBiz. (2014年1月30日) 2014年1月30日閲覧。
36.^ 鍛治信太郎、野中良祐 (2014年2月10日). “STAP細胞「ノウハウ教えて」山中教授が会見で称賛” 2014年6月13日閲覧。
37.^ a b “STAP細胞 謎の解明に期待”. NHK. (2014-01-31 4:47). オリジナルの2014年2月7日時点によるアーカイブ。 2014年2月6日閲覧。
38.^ “若手研究者、泣き明かした夜も 新たな万能細胞開発”. 神戸新聞NEXT. (2014年1月29日) 2014年1月30日閲覧。
39.^ a b “「生物のロマン見ている」小保方さん会見一問一答”. 朝日新聞. (2014年1月30日) 2014年1月30日閲覧。
40.^ “STAP retracted – Two retractions highlight long-standing issues of trust and sloppiness that must be addressed”. NATURE EDITORIAL Sharing. (2014年7月2日) 2014年7月3日閲覧。
41.^ NATURE RETRACT: Article 2014.
42.^ NATURE RETRACT: Letter 2014.
43.^ “STAP 細胞に関する研究論文(Article および Letter)の取り下げについて” (PDF) (プレスリリース) 2014年7月3日閲覧。
44.^ 小保方晴子 (2014年7月4日), “小保方晴子研究ユニットリーダーコメント” (PDF) (プレスリリース) 2014年7月4日閲覧。
45.^ 若山照彦 (2014年7月2日), “Nature 誌へ掲載した2 つの論文の撤回について” (PDF) (プレスリリース) 2014年7月2日閲覧。
46.^ 笹井芳樹 (2014年7月2日), “論文撤回に際して” (PDF) (プレスリリース) 2014年7月2日閲覧。
47.^ 丹羽仁史 (2014年7月2日), “Nature論文撤回について” (PDF) (プレスリリース) 2014年7月2日閲覧。
48.^ “共著者ら「深くおわび」=STAP論文撤回で”. (2014年7月2日) 2014年7月2日閲覧。
49.^ a b c d e f g Obokata, H.; Sasai, Y. ; Niwa, H. 2014.
50.^ a b c d e f Obokata, H.; Vacanti, C. A. et al. 2014, p. 646.
51.^ Obokata, H.; Vacanti, C. A. et al. 2014, p. 641.
52.^ a b c d “(時時刻刻)万能細胞、新時代 STAP細胞、液に浸して25分で誕生”. 朝日新聞. (2014年1月30日) 2014年1月30日閲覧。
53.^ a b c d e f Obokata, H.; Vacanti, C. A. et al. 2014, p. 642.
54.^ “Pluripotent cells generated by STAP/ リンパ球初期化3日以内 You Tube 理研チャンネル”. 理化学研究所. 2014年1月30日閲覧。
55.^ a b c d e “研究論文(STAP細胞)の疑義に関する調査中間報告について” (プレスリリース), 理化学研究所
56.^ Obokata, H.; Vacanti, C. A. et al. 2014, pp. 642-643.
57.^ a b c Obokata, H.; Vacanti, C. A. et al. 2014, p. 643.
58.^ a b Obokata, H.; Vacanti, C. A. et al. 2014, p. 644.
59.^ a b Obokata, H.; Wakayama, T. et al. 2014, p. 677.
60.^ CDB 自己点検検証委員会 2014, p. 22.
61.^ Obokata, H.; Wakayama, T. et al. 2014, pp. 677-678.
62.^ Smith, A. 2014, p. 623.
63.^ a b “※2014年7月2日付けで本実験手技解説(Technical Tips)は取り下げられました。STAP細胞作製に関する実験手技解説の発表について (PDF)”. 理化学研究所 (2014年3月5日). 2014年3月5日閲覧。
64.^ a b “STAP細胞、「コツはない」と共著者バカンティ教授が断言 小保方氏と異なる見解の理由とは?”. NewSphere. (2014年5月4日) 2014年5月4日閲覧。
65.^ “STAP論文撤回か? 「再現できない」海外研究者から相次ぐ疑問”. NewSphere. (2014年3月14日) 2014年3月14日閲覧。
66.^ “「改善版作製手順」を公表=STAP細胞、わずか4ページ-米教授らがHPで”. 時事通信社. (2014年3月21日) 2014年3月24日閲覧。
67.^ “STAP細胞の作製法公開 論文撤回反対の米教授”. 産経新聞. (2014年3月21日) 2014年3月24日閲覧。
68.^ “STAP作製法「今すぐ公開すべきだ」…米学者”. 読売新聞. (2014-04-09). オリジナルの2014-04-13時点によるアーカイブ。.
69.^ a b c 米国仮特許出願 2012.
70.^ a b 米国仮特許出願 2013.
71.^ a b c d 国際特許出願 2013.
72.^ a b Vacanti, C. A. et al. 2013.
73.^ a b c 池垣完 (2014年5月6日). “1兆円ビジネスもパァ!? おぼちゃんのSTAP特許は5か月で失効か”. 日刊SPA! 2014年5月6日閲覧。
74.^ “新万能細胞、サルの治療で実験中…ハーバード大”. 読売新聞. (2014年1月30日). オリジナルの2014年1月30日時点によるアーカイブ。 2014年1月30日閲覧。
75.^ a b “STAP細胞 米でヒツジ治療の研究始まる”. NHK. (2014年2月1日). オリジナルの2014年2月5日時点によるアーカイブ。 2014年2月5日閲覧。
76.^ “STAP細胞、人間の細胞でも作れるか?”. 日本経済新聞. (2014年2月1日) 2014年2月7日閲覧。
77.^ “人で初のSTAP細胞か ハーバード大が写真公表 変化する能力を確認中”. 産経新聞. (2014年2月6日) 2014年2月6日閲覧。
78.^ “STAP論文、2本中1本撤回へ 小保方氏ら同意”. 日経新聞. (2014年5月28日) 2014年5月28日閲覧。
79.^ “STAP主論文撤回へ 小保方氏同意、研究白紙に”. 日経新聞. (2014年6月4日) 2014年6月4日閲覧。
80.^ “STAP細胞:「不自然な画像」指摘受け理研が論文を調査”. 毎日新聞. (2014年2月15日). オリジナルの2014年2月14日時点によるアーカイブ。 2014年2月15日閲覧。
81.^ “STAP細胞:「画像」をネイチャーが調査”. 毎日新聞. (2014年2月18日). オリジナルの2014年2月22日時点によるアーカイブ。 2014年2月18日閲覧。
82.^ David Cyranoski (2014-02-17). “Acid-bath stem-cell study under investigation”. Nature 2014年2月18日閲覧。.(英語)
83.^ a b “STAP細胞、存在自体に疑問 論文撤回は先送り”. 日本経済新聞. (2014年3月15日) 2014年3月16日閲覧。
84.^ a b c “STAP細胞は実在するのか? 理研の調査報告から小保方論文を検証する”. 日経BP. (2013-03-17) 2013年3月17日閲覧。.
85.^ “(2)「科学者としては非常に未熟」小保方氏をバッサリ”. 産経新聞. (2014年3月14日)(日本語)
86.^ “小保方さんら論文撤回同意…STAP存在に疑義”. 読売新聞. (2014年3月15日). オリジナルの2014年3月15日時点によるアーカイブ。 2014年3月16日閲覧。
87.^ a b Alexander Martin (2014年3月11日). “理研「STAP細胞」論文取り下げ検討―ハーバード大教授は擁護”. ウォール・ストリート・ジャーナル 2014年3月24日閲覧。
88.^ “STAP細胞論文「撤回する理由ない」共著者の米教授”. 産経新聞. (2014年3月11日) 2014年3月11日閲覧。
89.^ a b “小保方氏「論文撤回しない」 来週前半、不服申し立てへ”. 産経新聞. (2014年4月3日) 2014年4月3日閲覧。
90.^ 小宮山亮磨; 行方史郎 (2014年3月22日). “STAP細胞、米教授強気の理由 発想に自負、異端視も”. 朝日新聞 2014年3月25日閲覧。
91.^ “STAP細胞:論文撤回なら研究成果が「白紙」に”. 毎日新聞. (2014年3月12日). オリジナルの2014年3月12日時点によるアーカイブ。 2014年3月25日閲覧。(日本語)
92.^ a b “STAP 未公表の新たな疑義”. NHK NEWS WEB (2014年5月21日). 2014年5月21日閲覧。
93.^ “小保方晴子氏、STAP細胞論文でマウス画像2枚でも不正の疑い 理研が調査”. ハフィトンポスト (2014年5月22日). 2014年5月22日閲覧。
94.^ “STAP論文:調査委認定の不正以外にも多数の疑惑を報告”. 毎日新聞. (2014年5月22日) 2014年5月22日閲覧。
95.^ a b “STAP論文新たな疑義 理研は調査せず”. NHK. (2014年5月26日) 2014年5月26日閲覧。
96.^ Obokata, H.; Vacanti, C. A. et al. 2014, pp. 644-645.
97.^ Alexander Martin (2014年3月12日). “Five Allegations Against Riken Stem-Cell Researcher in Japan”. The Wall Street Journal 2014年3月13日閲覧。(英語)
98.^ Alexander Martin (2014年3月13日). “理研のSTAP細胞論文に対する5つの疑惑”. ウォール・ストリート・ジャーナル 2014年3月13日閲覧。
99.^ “STAP細胞 確信なくなった”. NHK. (2014-03-10 ). オリジナルの2014年3月10日時点によるアーカイブ。 2014年3月10日閲覧。
100.^ “STAP細胞「確信持てず」 共著の教授、撤回呼び掛け”. 朝日新聞. (2014年3月11日)
101.^ a b CDB 自己点検検証委員会 2014.
102.^ “Interview with Dr. Teru Wakayama on STAP stem cells” (2014年2月27日). 2014年3月24日閲覧。(英語)
103.^ “共著者の若山氏、細胞を第三者機関に送付 「真実知りたい」”. 産経新聞. (2014年3月18日) 2014年3月18日閲覧。
104.^ “別マウスの遺伝子検出 STAP細胞実験、新たな疑念”. Asahi. (朝日新聞社). (2014年3月25日) 2014年3月25日閲覧。
105.^ “保存細胞にも疑念 実験と別種のマウスと判明”. msn産経ニュース (msn産経). (2014年3月25日) 2014年3月25日閲覧。
106.^ “STAP幹細胞:別マウスの遺伝子検出 山梨大の保存分”. 毎日新聞 (毎日新聞). (2014年3月25日). オリジナルの2014年3月26日時点によるアーカイブ。 2014年3月25日閲覧。
107.^ “STAP細胞 実験マウスに新たな疑問”. NHK (NHK). (2014年3月26日). オリジナルの2014年3月26日時点によるアーカイブ。 2014年3月26日閲覧。
108.^ “STAP細胞は存在するのか 試料ずさん管理・作製方法混乱…検証難航”. msn産経ニュース (産経新聞). (2014年3月27日) 2014年3月27日閲覧。
109.^ マウスの遺伝学的命名法の標準化に関する国際委員会、ラットゲノムおよび命名法委員会 (PDF). ?マウスおよびラット系統の命名法に関する規則と指針(2006年11月改訂)? (Report) 2014年6月13日閲覧。.
110.^ “STAP幹細胞作製「オスのみ」 論文は「メスも」記述”. 朝日新聞 (朝日新聞社). (2014年4月12日) 2014年4月12日閲覧。
111.^ “「メスの幹細胞もある」小保方氏が朝日新聞記事に反論”. (2014年4月14日) 2014年6月17日閲覧。
112.^ “STAP論文:幹細胞に不自然な遺伝子 第三者機関が解析”. 毎日新聞. (2014年6月3日) 2014年6月3日閲覧。
113.^ “【会見資料】STAP細胞:「あることを示す証拠はない」若山教授” (2014年6月16日). 2014年6月18日閲覧。
114.^ “若山氏 「分析結果 STAPの存在否定」”. NHK. (2014年6月16日) 2014年6月16日閲覧。
115.^ “「ES細胞説」強まる 遺伝子解析結果、共著者がきょう発表”. 産経新聞. (2014年6月16日) 2014年6月16日閲覧。
116.^ “STAP問題 冷凍庫に「ES」容器”. NHK. (2014年6月16日) 2014年6月18日閲覧。
117.^ “小保方研の冷蔵庫に疑惑の容器 表示に「ES」”. 産経新聞. (2014年6月16日) 2014年6月16日閲覧。
118.^ “STAP 存在に新たな疑念”. NHK NEWS WEB. (2014年6月3日) 2014年6月3日閲覧。
119.^ “2種の細胞、混合使用か 存在の証拠揺らぐ データ解析で判明”. 産経新聞. (2014年6月4日) 2014年6月4日閲覧。
120.^ “「小保方さんに協力した人がいるのでは?」 STAP細胞論文不正問題で理学博士・竹内薫氏が新たな食い違いを指摘”. livedoorニュース. (2014年6月6日) 2014年6月6日閲覧。
121.^ “STAP作製マウスは「存在しなかった可能性」”. 読売新聞. (2014年6月12日) 2014年6月12日閲覧。
122.^ “STAP細胞 遺伝子データに説明と矛盾する点”. NHK. (2014年6月11日) 2014年6月11日閲覧。
123.^ “STAP細胞に染色体異常 小保方氏主張と矛盾”. 共同通信. (2014年6月11日) 2014年6月11日閲覧。
124.^ “STAP細胞に染色体異常 小保方氏主張と矛盾”. 共同通信. (2014年6月11日) 2014年6月11日閲覧。
125.^ “STAP細胞:論文ではあり得ない染色体 研究員ら解析”. 毎日新聞. (2014年6月11日) 2014年6月12日閲覧。
126.^ “STAP、ES細胞が混入か 染色体異常、研究員が指摘”. 朝日新聞. (2014年6月12日) 2014年6月14日閲覧。
127.^ “STAP論文:マウス購入記録なし 万能性証明実験前”. 毎日新聞. (2014年5月19日) 2014年5月19日閲覧。
128.^ “小保方氏「実験用マウス」購入記録なし報道 毎日新聞「特ダネ」は根拠あるのか”. J-CASTニュース. (2014年5月21日) 2014年5月21日閲覧。
129.^ “STAP細胞研究におけるエアーマウス疑惑に関する答弁書が返ってきました”. livedoorニュース. (2014年6月6日) 2014年6月6日閲覧。
130.^ “STAP細胞:小保方氏論文 万能性実験 裏付けなし”. 毎日新聞. (2014年6月2日) 2014年6月2日閲覧。
131.^ “「マウスが1000匹以上必要なのでは」若山教授会見2”. (2014年6月16日) 2014年6月17日閲覧。
132.^ a b c “STAP NEW DATA”. 2014年3月24日閲覧。(英語)
133.^ “STAP再現実験「不可能では」 調査委の姿勢に疑問符”. 神戸新聞NEXT. (2014年3月15日) 2014年3月24日閲覧。
134.^ “幹細胞研究成果の再現、科学者らが苦闘”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2014年2月20日) 2014年2月20日閲覧。
135.^ “New hope for embattled STAP cell researchers?”. Los Angeles Times. (2014-04-01).(英語)
136.^ a b Lee, Ka-Ho (2014年). “Review of article: Stimulus-triggered fate conversion of somatic cells into pluripotency”. 2014年4月7日閲覧。(英語)
137.^ Mei Kuen Tang, Kenneth Ka Ho Lee, et al. 2014.
138.^ “STAP細胞:「小保方氏ノート見ていれば」 若山氏謝罪”. 毎日新聞. (2014年6月15日) 2014年6月15日閲覧。(日本語)
139.^ “(4)完 聴取時の小保方氏「心身ともに消耗した状態」”. 産経新聞. (2014年3月14日)
140.^ “STAP論文:疑義のデータ削除…ネイチャー投稿時”. 毎日新聞. (2014年7月21日) 2014年7月21日閲覧。
141.^ “万能細胞:STAP論文問題 疑義のデータ削除 ネイチャー投稿時、過去審査で指摘”. 毎日新聞. (2014年7月21日) 2014年7月21日閲覧。
142.^ a b “STAP細胞、理研やNature誌にも問題ありと海外識者指摘 理研の調査委員長は不正疑惑で辞任”. NewSphere. (2014年4月25日) 2014年4月25日閲覧。
143.^ “〔ひと&こと〕「STAP銘柄」にインサイダー疑惑”. エコノミスト 92 (4345): 15. (2014-05-20).
144.^ 研究不正再発防止のための改革委員会 2014, p. 10.
145.^ a b “研究論文(STAP細胞)の疑義に関する調査報告について”. 理化学研究所 (2014年4月1日). 2014年4月7日閲覧。
146.^ a b “研究論文(STAP細胞)の疑義に関する調査報告について(その2)”. 理化学研究所 (2014年4月1日). 2014年4月7日閲覧。
147.^ Obokata, H.; Wakayama, T. et al. 2014, p. 676.
148.^ “小保方さん「いけないと思わず」=「未熟な研究者」理事長は批判-会見4時間・理研”. 時事通信社. (2014年3月14日) 2014年3月14日閲覧。
149.^ a b “STAP細胞論文問題】科学史上最悪のシェーン論文捏造事件が残した教訓と防止策”. ハフィントンポスト. (2014年4月14日) 2014年4月14日閲覧。
150.^ “STAP細胞泥仕合が映し出す現代日本社会の醜さ~「かくれ小保方」はいくらでもいる”. 朝日新聞社. (2014年5月7日) 2014年5月7日閲覧。
151.^ a b 久保田文 (2014年4月4日). “STAP細胞、生データを議論せずに論文発表!?【日経バイオテクONLINE Vol.2036】”. 日経BP. 2014年5月5日閲覧。
152.^ “STAP細胞:下村文科相「最終報告4月中旬までに」要望”. 毎日新聞. (2014年3月20日). オリジナルの2014年3月22日時点によるアーカイブ。
153.^ a b c d “小保方さんの捏造・改竄認定 STAP細胞論文で理研” (2014年4月1日). 2014年4月1日閲覧。
154.^ a b c 研究論文の疑義に関する調査委員会 (2014年3月31日). “研究論文の疑義に関する調査報告書 (PDF)”. 2014年4月1日閲覧。
155.^ a b “小保方さん「捏造認定、承服できない」 不服申し立てへ”. 朝日新聞. (2014年4月1日)(日本語)
156.^ “STAP論文「不正があった」とする理研調査委「最終報告書」 弁護士はどう見るか?”. 弁護士ドットコム (2014年4月7日). 2014年4月7日閲覧。
157.^ “STAP細胞はUFOと同じ!? 科学者が語る「なぜ捏造は繰り返されるのか」”. ダイアモンドオンライン. (2014年6月10日) 2014年6月10日閲覧。
158.^ “小保方氏が不服申し立て STAP細胞の理研調査”. 日本経済新聞. (2014年4月8日) 2014年4月8日閲覧。
159.^ “<写真特集>小保方氏が理研に提出した不服申立書”. 毎日新聞社. (2014年4月8日) 2014年4月10日閲覧。他、全20ページ。
160.^ “小保方晴子さん記者会見詳報”. 時事通信社. (2014年4月9日) 2014年4月9日閲覧。
161.^ “小保方晴子さん「STAP細胞はあります!」質疑応答まとめ”. ハフィントン・ポスト. (2014年4月9日) 2014年4月10日閲覧。
162.^ “理研、小保方氏に追加資料要請…再調査判断材料”. 読売新聞. (2014年4月12日). オリジナルの2014年4月13日時点によるアーカイブ。 2014年4月12日閲覧。(日本語)
163.^ “小保方さん「2週間の猶予がほしい」 STAP問題「再調査のための審査」めぐり要望”. 弁護士ドットコム (2014年4月21日). 2014年6月1日閲覧。(日本語)
164.^ “STAP論文:小保方さんが追加資料 理研に不服申し立て”. 毎日新聞. (2014年5月7日) 2014年5月7日閲覧。
165.^ “STAP:小保方氏、実験ノートの一部公表”. 毎日新聞. (2014年5月7日) 2014年5月7日閲覧。
166.^ “STAP細胞の証拠とされた落書きに日本を憂う”. JB Press. (2014年5月12日) 2014年5月12日閲覧。
167.^ “理研調査委「再調査の必要なし」 STAP論文”. 朝日新聞. (2014年5月7日) 2014年5月7日閲覧。
168.^ a b 研究論文の疑義に関する調査委員会 2014.
169.^ a b c d “別の科学誌も画像の加工指摘 小保方氏側は「認識ない」” (2014年5月8日). 2014年5月12日閲覧。
170.^ 研究不正再発防止のための改革委員会 2014.
171.^ “理研再生研の解体、提言 改革委「構造に欠陥」 STAP問題”. 朝日新聞. (2014年6月13日) 2014年6月13日閲覧。
172.^ “STAPで厳しい処分と組織解体を提言”. サイエンスポータル. (2014年6月12日) 2014年6月12日閲覧。
173.^ “【STAP細胞問題 】「幕引き急いでいる」 理研の姿勢、厳しく批判”. 共同通信. (2014年6月13日) 2014年6月13日閲覧。
174.^ “「小保方氏採用に問題」 理研の自己点検検証委”. 日経新聞. (2014年6月12日) 2014年6月12日閲覧。
175.^ a b “小保方氏を「囲い込み」で指導 笹井氏、批判の機会喪失”. 産経新聞. (2014年6月12日) 2014年6月12日閲覧。
176.^ “STAP、ES細胞が混入か 染色体異常、研究員が指摘”. 朝日新聞. (2014年6月12日) 2014年6月13日閲覧。
177.^ 改革委員会による記者会見研究不正再発防止のための改革委員会 2014年6月12日
178.^ “「論文撤回によって『STAP細胞はない』ということになる」(理研改革委会見・下)”. 弁護士ドットコム. (2014年6月13日) 2014年6月13日閲覧。
179.^ “STAP細胞論文、世界一の不正で「教科書に載る」 改革委員会が指摘”. ハフィントンポスト. (2014年6月14日) 2014年6月14日閲覧。
180.^ “STAP細胞:研究不正防止の計画策定へ 野依理研理事長”. 毎日新聞. (2014年6月13日) 2014年6月13日閲覧。
181.^ “STAP細胞の疑義と再調査 全容解明「及び腰」と批判”. 産経新聞. (2014年6月23日) 2014年6月23日閲覧。
182.^ “STAP細胞:改革委員「疑惑後、理研の対応まずく」”. 毎日新聞. (2014年6月18日) 2014年6月18日閲覧。(日本語)
183.^ “STAP現象の検証の実施について”. 理化学研究所 (2014年4月7日). 2014年4月7日閲覧。
184.^ “STAP細胞の検証の実施について (PDF)”. 理化学研究所 (2014年4月7日). 2014年4月7日閲覧。
185.^ “共著者「予断なく検証」=STAP再現実験で理研”. ウォール・ストリート・ジャーナル. 時事通信社. (2014年4月7日). オリジナルの2014年4月8日時点によるアーカイブ。 2014年4月7日閲覧。
186.^ “STAP細胞の検証の実施について (PDF)”. 理化学研究所 (2014年4月1日). 2014年4月7日閲覧。
187.^ “細胞の存否、来月にも中間報告”. 産経新聞. (2014年6月12日) 2014年6月12日閲覧。
188.^ “誰も あると思ってない 幻のSTAP(ルポ迫真)”. 日本経済新聞. (2014年6月23日) 2014年6月23日閲覧。
189.^ 大場あい (2014年6月19日). “STAP細胞:小保方氏の検証実験参加「懲戒処分次第」” 2014年6月19日閲覧。
190.^ 須田桃子 (2014年6月26日). “STAP細胞:小保方氏実験なら厳格監視 理研センター長” 2014-06-36閲覧。
191.^ a b “STAP細胞に関する問題に対する理研の対応について” (プレスリリース), 独立行政法人理化学研究所, (2014年6月30日) 2014年6月30日閲覧。
192.^ “報道関係の皆さまへのお願い” (PDF) (プレスリリース), 独立行政法人理化学研究所, (2014年6月30日) 2014年6月30日閲覧。
193.^ “小保方氏、STAP検証実験参加へ 理研が処分検討停止” (プレスリリース), 朝日新聞, (2014年7月1日) 2014年7月1日閲覧。
194.^ 小保方STAP検証計画 2014.
195.^ “小保方さんが「魔術」使うことを危惧? STAP検証実験に「監視カメラ」3台”. 弁護士ドットコム トピックス. (2014年7月2日) 2014年7月2日閲覧。
196.^ “理事長声明『STAP 細胞論文問題等への対応について、声明その 3』”. 日本分子生物学会. (2014年7月4日) 2014年7月4日閲覧。
197.^ “【STAP細胞】小保方氏の検証参加に波紋 専門家「余計な混乱招くだけ」”. 47NEWS. (2014年7月7日) 2014年7月7日閲覧。
198.^ “(3)まな板の上の鯉”. 日本経済新聞. (2014年6月25日) 2014年6月25日閲覧。
199.^ “万能細胞:STAP論文問題 調査報告の一部削除 竹市センター長「推測発言を整理」”. 毎日新聞東京朝刊. (2014年7月8日) 2014年7月8日閲覧。
200.^ “STAP論文問題:竹市センター長 調査報告の一部削除”. 毎日新聞. (2014年7月8日) 2014年7月10日閲覧。
201.^ “PCT国際出願制度の概要”. 特許庁. 2014年5月18日閲覧。
202.^ 栗原潔 (2014年3月21日). “STAP細胞の特許はどうなってしまうのか?”. THE HUFFINGTON POST (朝日新聞社)
203.^ a b “クローズアップ2014 – STAP研究 白紙 – 検証実験成否と特許 焦点”. 毎日新聞: pp. 3. (2014年6月5日)
204.^ “STAP特許、取り下げ要求 理研改革委、報告書に盛る”. 産経新聞. (2014年6月11日) 2014年6月11日閲覧。

参考文献[編集]

(資料・報告書)
研究論文の疑義に関する調査委員会 (2014-03-31) (PDF). ?研究論文の疑義に関する調査報告書? (Report). 理化学研究所 2014年4月1日閲覧。.
研究論文の疑義に関する調査委員会 (2014-05-07) (PDF). ?不服申立てに関する審査の結果の報告? (Report). 理化学研究所 2014年5月8日閲覧。.
CDB 自己点検検証委員会 (2014-06-10) (PDF). ?CDB 自己点検の検証について? (Report). 理化学研究所 2014年6月12日閲覧。.
(CDB:理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター、RIKEN Center for Developmental Biology)研究不正再発防止のための改革委員会 (2014-06-12) (PDF). ?研究不正再発防止のための提言書? (Report). 理化学研究所 2014年6月12日閲覧。.
竹市雅俊 (2014-06-16) (PDF). ?CDBに保全されている STAP関連細胞株に関する検証について? (Report). 発生・再生科学総合研究センター 2014年6月17日閲覧。.
“小保方研究ユニットリーダーが参加する「STAP現象の検証計画」の進め方” (PDF) (プレスリリース), 理化学研究所, (2014年7月1日) 2014年7月4日閲覧。

(論文・解説)
Mei Kuen Tang, Lok Man Lo, Wen Ting Shi, Yao Yao, Henry Siu Sum Lee, Kenneth Ka Ho Lee (2014-05-08). Transient acid treatment cannot induce neonatal somatic cells to become pluripotent stem cells. F1000Research. doi:10.12688/f1000research.4382 2014年6月10日閲覧。.(英語)(李嘉豪らの追試結果)
詫摩雅子、古田彩「研究倫理 緑のマウスはどこから-STAP細胞は存在したのか」、『日経サイエンス』第44巻第6号、2014a、 54-61頁。
詫摩雅子、古田彩「NEWS SCAN – 研究倫理 – 終わらないSTAP問題」、『日経サイエンス』第44巻第7号、2014b、 14-18頁。
古田彩、詫摩雅子「(2014年6月11日付号外)STAP細胞 元細胞の由来論文と矛盾 (PDF) 」 、『日経サイエンス』2014年6月11日、2014年6月11日閲覧。
古田彩、詫摩雅子「NEWS SCAN – 研究倫理 – STAP細胞の正体」、『日経サイエンス』第44巻第8号、2014d、 54-61頁。
古田彩、詫摩雅子「国内 News Scan STAP幹細胞はどこから?」、『日経サイエンス』第44巻第9号、2014e。