水難事故(北海道から関東)2017年

平成29年に「北海道・東北・関東・甲信」の海や川、湖などで発生した、おもな水難事故を記録しています。

平成28年では15の都道県で475件の事故が発生し、201人(うち中学生以下は8人)の方が亡くなっています。(行方不明者は8人)
※警察庁の発表データーから。

昨年事故の多かった都道県[表示]

※カッコ内は死者数

  1. 千葉県:72件(33人)
  2. 神奈川県:62件(23人)
  3. 北海道:62件(21人)
  4. 新潟県:55件(25人)
  5. 茨城県:46件(18人)

※千葉県は全国で2番目に多く、神奈川県と北海道は3番目に多く発生しています。

夏の期間(平成29年6月から9月)でレジャー中に発生したおもな事故を記録しています。
(状況は報道時の内容です)
個人名等は記載していません。事故状況の記録であり、自治体等が発表した内容ではありません。

2017年7月と8月の水難事故は、全国で511件(昨年同期比103件減) 発生し、 死者・行方不明者は248人(同56人減)です。
死者・行方不明事故の発生場所は、海(145人)、 河川(72人)、 用水路(18人)、その他(13人)
※警察庁の速報値から

9月

身延町の「本栖湖」に男性の遺体

  • 日時:9月24日午後3時ごろ
  • 場所:山梨県南巨摩郡身延町の「本栖湖」
  • 状況:湖岸から100メートルほど離れた場所で、ライフジャケットを着た成人男性1人が浮いているのが見つかり、死亡が確認されています。近くにウインドサーフィンのボードが打ち上がっていたとのことで、警察では転落した可能性があるとみて調べています。

柏市の「大堀川」で男児3人が溺れる事故

  • 日時:9月23日午後3時ごろ
  • 場所:千葉県柏市の「大堀川」
  • 状況:川遊びをしていた小学2年と3年の男児3人が溺れ、2人は救助されたものの、1人が川底で発見され心肺停止の状態。川岸で水遊びをしていて1人が川の中に入っていったところ溺れ、助けようとした2人も溺れたとのことです。

いすみ市の「夷隅川」の河口で水上バイクからの転落事故

  • 日時:9月18日午後3時すぎ
  • 場所:千葉県いすみ市の「夷隅川=いすみがわ」の河口付近
  • 状況:水上オートバイから男性(30代)が転落し行方不明になっています。当時は台風18号の影響で、増水していたとのことです。
  • 追記:19日に事故現場から、約18キロ離れた勝浦市の沖で男性は救助されています。男性は救命胴衣を着用しており、15時間以上漂流し体温の低下はあるものの命に別条はないとのことです。

真鶴町の「三ツ石海岸」で男性が重体

  • 日時:9月18日正午過ぎ
  • 場所:神奈川県真鶴町の「三ツ石海岸」
  • 状況:グループでバーベキューなどに来ていた男性(19)が海で溺れ重体になっています。事故当時は台風18号が通過した影響で、神奈川県全域に波浪注意報が出ていたとのことです。
  • 追記:遺体で発見されたとのことです。

8月

新座市の「柳瀬川」で男性が流される事故

  • 日時:8月30日
  • 場所:埼玉県新座市の「柳瀬川」
  • 状況:釣りをしていた男性2人が大雨の影響で、増水していた川に取り残され、1人は救助されたものの男性(71)が流され行方不明。男性は9月2日に約9.2キロ下流の埼玉県和光市の「新河岸川=しんがしがわ」で遺体で発見されています。

北秋田市の「阿仁川」でアユ釣りの男性が行方不明

  • 日時:8月27日(警察への届出)
  • 場所:秋田県北秋田市阿仁前の「阿仁川」
  • 状況:26日夜からアユ釣りをしていた男性(73)が行方不明になっています。

鉾田市の海岸で親子が死亡

  • 日時:8月27日午後4時半ごろ
  • 場所:茨城県鉾田市汲上の海岸
  • 状況:海水浴にきていた4人が沖に流され、このうち親子で来ていた父親(35)と息子(8)が亡くなっています。
  • その他:事故現場は立ち入りが禁止されている「ヘッドランド(人口の岬)」の近く。同県鉾田市や鹿嶋市の海岸では、8月に入って3人が水難事故で死亡しています。

ヘッドランド、河口の周辺は、離岸流が発生。大変危険です。

館山市の「沖ノ島公園」沖合でシュノーケリング中の事故

  • 日時:8月27日午前10時前
  • 場所:千葉県館山市富士見の「沖ノ島公園」の沖合
  • 状況:男性(39)が行方不明。友人ら5人でシュノーケリングをしていたとのことです。

シュノーケリング中の事故が多発。初心者は細心の注意を!

新発田市の「藤塚浜海水浴場」で男性が行方不明

  • 日時:8月27日午後3時すぎ
  • 場所:新潟県新発田市の「藤塚浜海水浴場」
  • 状況:海水浴をしていた男性(51)が行方不明。家族と海水浴に訪れており、妻と娘が沖に流されたため、近くにいた人と一緒に助けに向かったところ行方が分からなくなっています。妻と娘は救助されて無事。
  • 追記:男性は遺体で発見されたとのことです。

能代市の海岸で男性が死亡

  • 日時:8月27日午後3時すぎ
  • 場所:秋田県能代市河戸川の海岸(能代火力発電所の南側)
  • 状況:海水浴をしていた男性(36)が溺れ死亡。家族で海水浴に来ていたとのことです。また現場は海水浴場に指定されていない場所。

小樽市の海岸で高校生3人が行方不明

  • 日時:8月27日午前11時ごろ
  • 場所:北海道小樽市銭函(ぜにばこ)の海岸
  • 状況:男子高校生3人(17歳1人、18歳2人)が流され行方不明になっています。同級生7人と砂浜でビーチバレーをしたあと4人で海に入り、沖合にある波消しブロックに向かって泳いでいたところ、このうち3人が行方不明になっています。
  • その他:事故現場は、「銭函海水浴場」から数百メートル離れた海岸で、海水浴場には指定されていない場所とのことです。
  • 追記:3人は遺体で発見されています。

名取市の「閖上漁港」で海釣り中の事故

  • 日時:8月26日午後1時ごろ
  • 場所:宮城県名取市の「閖上(のりあげ)漁港」
  • 状況:釣りをしていた男性(52)が死亡。誤って転落したとみられています。

新潟市の「四ツ郷屋浜海水浴場」でウインドサーフィン中の事故

  • 日時:8月26日午前11時40分ごろ
  • 場所:新潟県新潟市西区の「四ツ郷屋浜海水浴場」
  • 状況:ウインドサーフィンをしていた男性(54)が死亡。

鉾田市の海岸でハマグリ採りの男性が死亡

  • 日時:8月22日午前11時25分ごろ
  • 場所:茨城県鉾田市台濁沢(だいにごりさわ)の海岸
  • 状況:ハマグリを採っていた男性(70)が死亡。溺れたとみられています。

鉾田市の海岸でハマグリ採りの男性死亡

  • 日時:8月22日午前8時半ごろ
  • 場所:茨城県鉾田市汲上(くみあげ)の海岸
  • 状況:ハマグリを採っていた男性(66)が死亡。波に流され溺れたとみられています。

匝瑳市の海岸でサーフィン中の事故

  • 日時:8月20日午正午過ぎ
  • 場所:千葉県匝瑳(そうさ)市の海岸
  • 状況:サーフィンをしていた男性(40代)が溺れ、意識不明の重体。事故現場は遊泳禁止場所とのことです。

鹿嶋市の海岸(ヘッドランド付近)で男性が流される事故

  • 日時:8月14日午午前11時半ごろ
  • 場所:茨城県鹿嶋市の海岸(ヘッドランド付近)
  • 状況:男性(63)が流され、近くにいたサーファーに救助されるも意識不明の状態。友人とハマグリを採っていたとのことです。

ヘッドランド(人工の岬)周辺は離岸流が発生。遊泳禁止

長岡市の海水浴場で男児が溺れる事故

  • 日時:8月14日午後2時すぎ
  • 場所:新潟県長岡市寺泊の海水浴場
  • 状況:小学校1年生の男児(6)が溺れ、意識不明の状態。

余市町の「モイレ海水浴場」で男性が死亡

  • 日時:8月13日午後2時ごろ
  • 場所:北海道余市郡余市町浜中町の「浜中モイレ海水浴場」
  • 状況:男性(29)が死亡。

新潟県粟島浦村の海水浴場で男性が死亡

  • 日時:8月13日正午ごろ
  • 場所:新潟県岩船郡粟島浦村の海水浴場
  • 状況:男性(51)が死亡。海水浴中に溺れたとみられています。

佐渡市の沖合で男性が死亡

  • 日時:8月13日午前10時半ごろ
  • 場所:新潟県佐渡市黒姫の沖合
  • 状況:男性(71)が死亡。男性は帰省中で、サザエを採っていたところ溺れたとみられています。

栃木市の「思川」で男性が行方不明

  • 日時:8月12日午後3時半ごろ
  • 場所:栃木県栃木市大光寺町の「思川」
  • 状況:川で遊んでいたネパール人の男性(26)が行方不明になってます。5人のグループで訪れていたとのことです。

身延町の「本栖湖」で大学生が死亡

  • 日時:8月12日午後2時すぎ
  • 場所:山梨県南巨摩郡身延町の「本栖湖」
  • 状況:男子大学生(25)が死亡。ゴムボートから湖に飛び込み、岸に向かって泳いでいる最中に溺れたとみられています。

鶴岡市の白山島で男性が溺れる事故

  • 日時:8月12日午後4時すぎ
  • 場所:山形県鶴岡市の白山島(付近の海岸)
  • 状況:男性(44)が溺れ意識不明の重体。(海水浴場でない場所)

新潟県湯沢町の「魚野川」で高校生が重体

  • 日時:8月11日午後1時すぎ
  • 場所:新潟県湯沢町土樽の「魚野川」
  • 状況:男子高校生(16)が重体。同級生など7人で来ており、小さな滝のような場所で遊んでいる際に、誤って流されたとみられています。
  • 追記:高校生は亡くなられたとのことです。

三浦市の海でシュノーケリング中の事故

  • 日時:8月9日午前10時半すぎ
  • 場所:神奈川県三浦市南下浦町松輪の海
  • 状況:男性(37)が溺れ死亡。飲酒後にシュノーケリングをしていたとのことです。

南三陸町の「長須賀海水浴場」で男児が死亡

  • 日時:8月6日午後6時ごろ
  • 場所:宮城県南三陸町の「長須賀海水浴場」付近
  • 状況:家族で訪れていた3才の男児が死亡。防波堤で遊んでいて、転落したとみられています。

常陸大宮市の「那珂川」で男性が死亡

  • 日時:8月6日午後2時15分ごろ
  • 場所:茨城県常陸大宮市の「那珂川」
  • 状況:男性(19)が死亡。友人と河川敷でバーベキューをしていたとのこと。
  • その他:那珂川大橋の近くで、遊泳禁止の場所。付近では7月17日にも男子中学生が川に流される事故が起きています。

川は海より溺れやすい!ライフジャケットは必須

茅ケ崎市の「サザンビーチちがさき」で高校生が行方不明

  • 日時:8月6日午後1時半すぎ
  • 場所:神奈川県茅ヶ崎市の「茅ケ崎市のサザンビーチちがさき」
  • 状況:家族と訪れていた男子高校生(15)が遊泳中に行方不明。
  • 追記:7日に海上で見つかり、病院に運ばれましたが亡くなっています。シュノーケリングをしていたとのことです。

シュノーケルでの死亡事故が多発。初心者は細心の注意を!

相模原市緑区の「道志川」で、生徒を助けようとした職員が死亡

  • 日時:8月6日午前11時半ごろ
  • 場所:神奈川県相模原市緑区青根の「道志川」
  • 状況:児童福祉施設入所者の男子生徒(高校1年生)が溺れ、助けようとした児童福祉施設職員の男性(28)が死亡。生徒は救助されて無事。

横須賀市の沖合いで男性が死亡

  • 日時:8月5日午後2時半ごろ
  • 場所:神奈川県横須賀市鴨居の「観音崎海水浴場」から、約700メートルの沖合
  • 状況:男性(45)が死亡。男性はサーフィンの板に乗り、プレジャーボートにロープで引っ張ってもらい遊んでいる最中に、転落し溺れたとみられています。

寄居町の「荒川」で大学生が死亡

  • 日時:8月3日午後5時前
  • 場所:埼玉県大里郡寄居町の「荒川」
  • 状況:マレーシア人の大学生(21)が溺れ死亡。友人らと河川敷にバーベキューに来ており、対岸に泳いで向かう途中に流されたとみられています。

福島町の海で高校生が死亡

  • 日時:8月1日午後2時40分ごろ
  • 場所:北海道松前郡福島町地内の海
  • 状況:男子高校生(18)が友人と泳いでいる最中に溺れ、亡くなっています。

スポンサーリンク



7月までの事故

事故状況を表示

7月

江東区住吉の川で夜釣りをしていた親子が死亡

  • 日時:7月31日午前2時25分ごろ
  • 場所:東京都江東区住吉2丁目の川
  • 状況:夜釣りをしていた親子(男性40代と男の子9才)が心肺停止の状態で発見され、病院に運ばれたものの亡くなっています。川に転落したとみられています。川の深さは1メートル程度とのことです。

川は海より溺れやすい!ライフジャケットは必須

柏崎市の海水浴場で水上バイクどうしが衝突

  • 日時:7月30日午前11時半ごろ
  • 場所:新潟県柏崎市「長浜海水浴場」の約50メートル沖合
  • 状況:男性(41歳)が乗った水上オートバイと、女性2人(24歳と16歳)が乗った水上オートバイが衝突する事故。男性が意識不明の重体、女性(16歳)がケガを負っています。男性の水上オートバイクに女性2人が乗った水上オートバイクが衝突したとのことです。

伊達市の海で男性が死亡

  • 日時:7月29日夜
  • 場所:北海道伊達市北黄金町の海
  • 状況:男性(42)が死亡。友人らとキャンプに訪れており、魚や貝を採りに行くと海に入ったとのことです。

君津市の「小櫃川」で子供が溺れ、救助の女性が死亡

  • 日時:7月28日午前11時35分頃
  • 場所:千葉県君津市向郷(むかいごう)にあるキャンプ場近くの「小櫃川|おびつがわ」
  • 状況:男の子(5才)と女の子(8才)が川に流され、救助しようとしたキャンプ場の管理人の女性(59)が流されて亡くなっています。子供2人は救助されています。(命に別状なし)

川は海より溺れやすい!水難事故の原因と対策

大崎市のため池で子供が溺れる事故

  • 日時:7月27日午前9時5分頃
  • 場所:宮城県大崎市松山須摩屋のため池
  • 状況:小学1年生の男児(6)が溺れ心肺停止の状態。小学2年の姉(8)と2人でため池に釣りに来ており、姉も溺れたものの通行人らに救助され無事。

ため池での魚釣り・水遊びは非常に危険!

仙台市の「貞山堀」で男性溺れ死亡

  • 日時:7月25日午後5時半ごろ
  • 場所:宮城県仙台市若林区荒浜の「貞山堀」
  • 状況:魚釣りをしてた男性(80代)が溺れ死亡。足を滑らせたとみられています。

藤沢の海水浴場で男性溺れ重体

  • 日時:7月22日
  • 場所:神奈川県藤沢市片瀬海岸の海水浴場
  • 状況:男性(78)が溺れ、ライフセーバーに救助されましたが意識不明の重体。

鎌倉市の海水浴場で男性が意識不明

  • 日時:7月16日
  • 場所:神奈川県鎌倉市の海水浴場
  • 状況:海水浴をしていたミャンマー人の男性が溺れ、病院に運ばれたものの意識不明の重体。

相模原市の「道志川」で男性が死亡

  • 日時:7月16日夕方
  • 場所:神奈川県相模原市緑区の「道志川」
  • 状況:シュノーケリングをしていた男性(52)が死亡。男性は知人らと一緒にキャンプ場を訪れていたとのことです。

シュノーケルでの死亡事故が多発。初心者は細心の注意を!

群馬県の「利根川」で水上バイクの男性が行方不明

  • 日時:7月16日夕方
  • 場所:群馬県千代田町の「利根川」
  • 状況:水上バイクが転覆し、乗っていた男性2人が投げ出され、1人は救助されたものの30代のブラジル人男性が行方不明。(追記:無事に発見されています)

南房総市の「瀬戸浜海水浴場」で男性が溺れる

  • 日時:7月15日午後2時ごろ
  • 場所:千葉県南房総市千倉町瀬戸の「瀬戸浜海水浴場」
  • 状況:会社の同僚と泳ぎに来ていた男性(28)が溺れ死亡。
  • その他:同海水浴場は、海開き前でライフセーバーは不在だったとのことです。また男性は飲酒後に遊泳していたとみられています。

石狩市の「ジェットビーチ石狩」で男性が死亡

  • 日時:7月13日午後3時20分ごろ
  • 場所:北海道石狩市厚田区望来の「ジェットビーチ石狩」
  • 状況:友人らと海水浴に来ていた男性(35)が死亡。遊泳中に溺れたとみられています。

札幌市の「琴似発寒川」で高校生が溺れる事故

  • 日時:7月9日午後3時前
  • 場所:北海道札幌市西区山の手の「琴似発寒川(ことにはっさむがわ)」
  • 状況:男子高校生(15)が溺れ、意識不明の状態。友人2人と川で遊んでいたところ、深みにはまって溺れたとのことです。

あきる野市の「秋川」で男の子が溺れる事故

  • 日時:7月9日午後
  • 場所:東京都あきる野市の「秋川」
  • 状況:家族と一緒に遊びに来ていた5才の男の子が溺れ、病院に運ばれましたが亡くなっています。

「秋川」はバーベキューやキャンプ場として人気の場所。しかし水難事故も多く、警視庁は注意を呼びかけています。 (川での水難事故対策

津南町の「清津川」で高校生が溺れ死亡

  • 日時:7月8日午後2時40分頃
  • 場所:新潟県津南町下船渡の「清津川」
  • 状況:友人4人と川遊びをしていたところ、高校2年の男子生徒(17)がえん堤(高さ約2メートル)から、川に転落し溺れたとみられています。

糸魚川市の「市振海水浴場」で男性が死亡

  • 日時:7月8日午後1時前
  • 場所:新潟県糸魚川市の「市振海水浴場」
  • 状況:沖合およそ50メートルで、男性(57)がうつぶせに浮いているのが見つかり、病院に運ばれたものの約3時間後に死亡。知人ら4人と海水浴に来ていたとのことです。

宮古市の「小国川」で高齢の男性が死亡

  • 日時:7月8日午前8時半ごろ(発見日時)
  • 場所:岩手県宮古市「小国川」
  • 状況:魚釣りをしていたとみられる高齢の男性(86)が流され死亡。

鶴岡市の「小国川」で男性が流される

  • 日時:7月7日午後4時頃
  • 場所:山形県鶴岡市大岩川の「小国川」
  • 状況:釣りをしていたとみられる高齢男性が流され、心肺停止の状態で発見される。5日まで降り続いた雨の影響で、川は増水し流れも速くなっていとのことです。

野呂川で釣りの男性が不明

  • 日時:7月4日
  • 場所:山梨県南アルプス市芦安芦倉の野呂川
  • 状況:男性と2人で釣りをしていたところ、1人(50代の男性)が行方不明になっています。

6月

山形県遊佐町の海岸で貝採り中の事故

  • 日時:6月30日
  • 場所:山形県遊佐町の十里塚海岸
  • 状況:男性(72)が死亡。貝採り中に事故にあったとみられています。

那須烏山市の那珂川で、あゆ釣り中の事故

  • 日時:6月17日
  • 場所:栃木県那須烏山市大桶の那珂川(大桶運動公園から約330メートル東)
  • 状況:あゆ釣り中に男性(66)が死亡

新発田市の「滝谷森林公園」の加治川で母子が溺れる

  • 日時:6月17日
  • 場所:新潟県新発田市滝谷地内
  • 状況:母子2人が溺れる事故(病院で手当を受けて無事)

群馬県千代田町の「利根川」で水上バイク中に行方不明

  • 日時:6月16日
  • 場所:群馬県千代田町赤岩の「利根川」
  • 状況:4人で水上バイクをしていたところ、30代の男性2人が投げ出され、うち1人が行方不明

名取市の海岸で行方不明

  • 日時:6月11日
  • 場所:宮城県名取市下増田屋敷の海岸
  • 状況:海水浴をしていた少年3人(15歳から17歳)のうち1人が行方不明。事故の発生した海岸は海水浴場ではない場所。

栃木市のトライアスロン大会で死亡事故

  • 日時:6月4日
  • 場所:栃木県栃木市の渡良瀬遊水地の「谷中湖」
  • 状況:水泳競技中の男性(50)が溺れ死亡

その他の地域

全国の水難事故発生状況と原因

水難事故の防止
  1. 子どもからは絶対に目を離さない!
    川遊びなどでは、水深が浅い場所でも事故が起きています。
  2. 遊泳禁止場所、海水浴場でない海岸では絶対に泳がない。
    遊泳禁止にしている理由は、足に絡む藻や海草が多い、離岸流が発生しやすい、急に深くなるなどの危険性が高いためです。(遊泳期間も守ること)
  3. 気象情報に注意!特に川は雨などの影響を受けやすく、状況は短時間で変化します。
  4. 飲酒後の遊泳は絶対ダメ!毎年多くの事故が発生しています。
  5. 夏休みなどでは、子どもだけでの魚釣り、水遊びは禁止する。
  6. 川遊び、魚釣りなどでは、ライフジャケットを必ず着用する。
  7. シュノーケリング中の事故が目立っています。
    排水弁、逆止弁が付いた製品を使用し、ライフジャケットを着用する。

関連記事(事故対策を詳しく)

もしもの時に命を守るライフジャケット>>

トップへ戻る