蔵王山(宮城県と山形県)に、噴火に関する「火口周辺警報」を発表

気象庁は、平成27年4月13日(月)に、宮城県と山形県の県境にある「蔵王山(ざおうさん)」に、火口周辺警報を発表しました。

気象庁(仙台管区気象台)は、今後小規模な噴火が起きる可能性があるとし「火口周辺警報」を発表。「御釜」と呼ばれる火口湖から2キロ~3キロ程度の範囲では、噴火に伴う噴石などに警戒が必要です。蔵王山で同警報が出されたのは初めてです。

火口周辺警報の概要

「火口周辺警報」とは、5段階ある噴火警報レベルでレベル2の段階です。火山活動の状況としては、火口周辺に噴火が発生もしくは、発生が予想される場合に発表されます。

  • 発表:平成27年(2015年)4月13日13時30分 ( 仙台管区気象台)
  • 内容:小規模な噴火の可能性。想定火口域から概ね1.2km範囲において警戒が必要。
  • 対象市町村等: 宮城県蔵王町、七ヶ宿町、川崎町、 山形県山形市、上山市

蔵王山では、平成27年4月7日から「御釜」付近が震源とみられる火山性地震が多く観測されています。

火山性地震の発生状況

  • 4月9日:35回
  • 4月12日:38回
  • 4月13日(午後1時まで):25回

防災上の警戒事項等

  1. 想定火口域(馬の背カルデラ)から概ね1.2kmの範囲で、噴火に伴う大きな噴石に警戒。
  2. 地元自治体等の指示に従って、危険な地域には立ち入りをしない。
  3. 風下側では火山灰や小さな噴石が遠方まで、風に流されて降るおそれがあるため注意が必要。

蔵王山の概要

蔵王連峰(ざおうれんぽう)は、宮城県と山形県の両県南部の県境に位置する連峰。(東北地方の中央を南北に連なる奥羽山脈)

  • 主峰は山形県側に位置する熊野岳(1,841m)
  • 全国に47ある常時観測火山の一つ
常時観測火山(蔵王山)

出典:wikipedia

噴火警戒レベルの説明
  1. 噴火予報:火山活動は静穏状況
  2. 火口周辺警報(火口周辺規制)(火口周辺)※今回のレベル
  3. 火口周辺警報(入山規制)(火口から住居地域近くまで)
  4. 噴火警報|特別警報(避難準備)
  5. 噴火警報|特別警報(避難)(居住地域)

詳細は気象庁のページをご参照。

関連記事