オレオレ詐欺・架空請求などで悪用された住所

振り込め詐欺、オレオレ詐欺、投資詐欺などでレターパックや宅急便等で現金等を送付させて、だまし取る手口が増加!実際に詐欺犯罪で使われたの住所リスト。

  • 警察庁が発表している直近3ヶ月分の送り先住所リストです。
  • 警察庁HPの利用規約に準拠して、転載しています。

下記は警察庁HPの文書を転載しています。

事件とは無関係な方と混同しないように、部屋番号まで確認する必要があります。また同一住所で複数の会社名を名乗っている場合があり、郵便番号と住所に限って掲載。送り先が私書箱の場合もあります。

どんな名目であれ「レターパック、宅配便で現金送れ」は、すべて詐欺の手口なので、絶対に送らないようにしてください。また、下記の宛先以外であっても、よく知らない相手に現金を郵送すれば詐欺の被害に遭ってしまう可能性が高いので、郵送前に、最寄りの警察(電話番号は#9110)に遠慮なく御相談くださ い。 

  1. 同一住所で複数の会社名を名乗っている場合がありますので、郵便番号と住所に限って記載しています。
  2. 被害と無関係な方と混同されることのないよう、部屋番号までご確認下さい。
  3. 記載した住所には、私設私書箱が設置されている可能性がありますので、依頼主に注意を促してください。

▼下記データーは、警察庁が公表している分を転載しています。
(警察庁HP:
http://www.npa.go.jp/

※警察庁発表分をそのまま掲載していますので、重複している住所があります。

平成29年9月26日発表分

  • 107-0052 東京都港区赤坂4-2-3 ディライトビル2階
  • 111-0053 東京都台東区浅草橋3-26-4 島田ビル 301
  • 171-0014 東京都豊島区池袋4-3-6 オークヒルズ 202

平成29年8月16日発表分

  • 111-0053 東京都台東区浅草橋3-26-4 島田ビル301

オレオレ詐欺

オレオレ詐欺の犯人写真

 

トップへ戻る