広島県のオレオレ詐欺・架空請求・還付金詐欺

被害総額は10億円以上、還付金詐欺が増加中。振り込め詐欺などの被害と対策。

2016年に県内で発生した「特殊詐欺」の被害額は、約10億7400万円。前年より減少しているものの、還付金詐欺の被害が増加するなど注意が必要です。またデパートの社員を装って、クレジットカードを騙し取る手口なども目立っています。

広島県の詐欺被害状況

詐欺被害の状況(2016年)

  • 被害総額:約10億7400万円

増加している手口

  • デパートの社員を装い、「クレジットカードの被害を止めるため銀行の手続きが必要だ」などと言い、自宅までキャッシュカードを取りに来る新たな手口が増加。

対策

  • 広島県警は2020年までに、「特殊詐欺」の被害額を5億円以下に抑える目標。
還付金詐欺の対策

▲拡大表示(出典:広島県警)

送付型詐欺の被害防止

▲拡大表示(出典:広島県警)

関連記事
最近の詐欺事件(2017年)
  • 2月2日:「10億円の資産を生前贈与したい」などと虚偽のメールを不特定多数に送り、手数料名目で現金をだまし取った疑いで4人を逮捕。被害は全国で少なくとも400人、被害総額は1億6000万円以上とみられています。
トップへ戻る