岩手県のオレオレ詐欺・架空請求・還付金詐欺

被害金額は減少するも被害件数は過去最多。振り込め詐欺などの被害と対策。

2016年に県内で発生した特殊詐欺の被害金額は、1億9910万円で過去最少となっています。しかし被害件数は110件で過去最多となっており、十分な注意が必要です。

岩手県の詐欺被害状況

詐欺被害の状況(2016年)

被害金額の減少は続いているものの、認知件数は過去最多!

  • 認知件数:110件(前年比+33件)
  • 被害金額:1億9910万円(前年比-8727万円)

おもな手口

還付金詐欺が大幅に増加しています。被害件数の46件のうち45件が、金融機関以外のATMを利用しています。

  • 還付金詐欺:46件(前年比+32件)
  • 架空請求詐欺:37件(前年比+10件)
  • オレオレ詐欺15件(-14件)
被害の防止対策
  • [音声で注意喚起]ATMに「人感センサー付き音声広報装置」を設置し、利用客がATMに近づくと音声で注意喚起する。2016年11月から盛岡市内のスーパーなど3カ所で、本格実施に向け試験運用を開始。
関連記事

全国の詐欺被害状況は、こちらから

最近の詐欺被害・不審電話(2017年)

岩手県で発生した、主な詐欺事件などをまとめています。

  • 4月7日:大船渡市内の女性(70代)が弁護士を名乗る男らから、「息子が犯罪に関わった件で弁済金が必要になった」などのウソの電話で、現金約1000万円騙し取られる被害が発生。女性はJR「一ノ関駅」で、弁護士事務所の職員を名乗る若い男に、現金を手渡したとのことです。
トップへ戻る