カミナリ(雷)が鳴ったら!落雷事故を防ぐために

落雷事故では、年間平均で20人前後の死傷者が出ています。雷注意報や積乱雲が発生した場合は、早めに安全な場所への避難が大切。

  • 木の下や近くは危険(高い場所、高く突き出た場所に落ちます)
  • 頑丈な建物の中に避難。(公園などではトイレの中など)軒下は危険。
  • 平地では傘をささない。自転車・バイクは危険。
  • 逃げる場所がない場合は、姿勢を低くする。

死亡事故でもっとも多いのは、平地での雷の直撃、次に木の下での雨宿りです。
全国での落雷観測数は、年間で100万回を超えます。

屋外にいて雷が鳴ったら?

(1)近くに避難できる建物がある場合

  1. 建物の軒先は危険です。建物に落雷した場合、外壁などを伝わり感電する場合があります。建物の奥に避難します。公園などではトイレの中などに避難。
  2. 自動車の中は安全です。ただし窓を締め切り、ボディなどの金属面には触れないことです。

落雷事故

(2)すぐに避難できる場所がない場合

ゴルフ中、登山、ハイキングなど

  1. 持ち物はすべて地面に降ろします。傘などはさしてはダメです。
  2. 姿勢を低くします。しゃがみ込んで靴のかかとを接触させ、つま先で立ちで姿勢を保ちます。(カミナリ座り)
  3. 地面に手を着けてはダメです。また寝そべるなど姿勢は禁物です。
  4. ゴム製品では、雷の高電圧による感電を防ぐことはできません。
  5. 避雷針の過信は禁物です。落雷を防ぐ範囲は狭く、学校のグランドなどでの事故も発生しています。
    (避雷針までの高さの約半分が保護範囲。また避雷針近くの事故も発生しています)

海水浴・ダイビングなど

  1. 雷は海にも落ちいます。雷鳴が少しでも聞こえたら、ただちに避難。雷鳴が聞こえる場合は、すでに半径10㌔圏内です。
  2. 早く海から上がり屋根のある場所、車の中などに避難します。(砂浜は危険です。)
  3. 逃げ場がない場合は、すぐに靴を履いて、できるだけ体勢を低くします。

海面に落雷した場合、雷の電圧はすぐに拡散するため威力は激減します。ただし近くに落ちた場合は、感電することで気を失い溺れる危険性があります。

ダイビング中で海に潜っている場合は、水中まで高い電圧が届くことは少なく、危険性はほとんどありません。

屋外でのレジャー、スポーツ、山でのハイキングなどには、ラジオを携帯し気象情報に注意が必要です。

(3)自転車やバイク・オートバイを運転中

  1. すぐに降りて、建物など安全な場所に避難します。
  2. 自転車などを運転中に、落雷事故に遭うケースも少なくありません。

(4)屋外にいて、雷の落ちやすい持ち物

  • ゴルフクラブ
  • 野球のバッド
  • 釣竿

屋内にいる場合

  1. 入浴やシャワーは避けましょう。雷の電気は水道管を通ってくる可能性があります。
  2. 建物の奥で待機する。窓際、ベランダなどは避けましょう。
  3. パソコンなどの電子機器は、雷サージ(雷が原因の異常電圧)による影響を受けやすくなります。コンセントから抜いたほうが安全です。

落雷事故の応急処置

落雷を受けた人の体は電気を帯びていませんので、すぐに応急処置を行っても危険性はありません。

  1. 心拍も呼吸も確認できない場合は、ただちに心肺蘇生を行います。
  2. AEDがあれば使用します。
  3. すぐに救急隊を呼びます。

 雷までの距離(目安)

ピカッと光ってから、ゴロゴロ音がするまでの時間に関係なく、雷雲の下であれば、落雷の危険性があります。

  • ラジオに「ガリガリ」という雑音が入ると約50km(避難の準備が必要です。)
  • ゴロゴロと雷の音が聞こえたら約10km(危険な範囲です。)
  • 稲光と雷鳴の間隔が3秒の場合、落雷地点までの距離が約1km(非常に危険)
  • 「髪の毛の根元が立ってくる」「肌の表面がチクチクする」などは、カミナリがかなり近づいている場合に発生します。(非常に危険)

積乱雲は雷雨の兆候

朝から気温が高く晴れた日は、午後に地表温度が高くなるため強い上昇気流が発生しやすくなります。急な積乱雲の発達がみられた場合は、激しい雷雨や突風、ひょうなどに注意が必要です。

積乱雲

積乱雲

雷雨の危険が高くなります。

▲出典:気象庁

積乱雲は、「大気の状態が不安定」な気象条件で発生しやすくなります。
大気の状態が不安定」とは、上空に冷たい空気があり、地上には温められた空気の層がある状態です。
温かい空気は上へと昇り、冷たい空気は下へと降りようとするため対流が起きやすくなります。
地上付近の空気が湿っているときは、さらに大気の状態が不安定となり、積乱雲が発達しやすくなります。

※気象庁のページから

関連記事

雨が降っておらず、晴れ間が見えている天候であっても事故が発生しています。

トップへ戻る