「リサイクルショップ」を名乗る不審電話に注意!

「リサイクルショップ」などを名乗り、アクセサリーなどの貴金属を相場より安く買い取る「押し買い」被害に注意!

「リサイクルショップ」を名乗って電話で勧誘し、応じた人の自宅で指輪やアクセサリーなどの貴金属を相場より安く買い取る被害が増加。

「押し買い」とは?

貴金属を相場より大幅に安い金額で買い取る手口。「古物商」の認可を受けた業者でなく、転売目的の悪質なケースもあります。

買取被害

不審な勧誘で訪問させない。

身分証明証などで簡単に信じないこと。

押し買い被害

ご高齢者は特に注意が必要。

威圧的な口調で、強引に買い叩く被害も発生しています。また信頼できない業者を訪問させることは、個人情報の流出、詐欺等の二次被害につながる恐れもあります。

勧誘電話の例

(1)女性からの勧誘電話が多いようです。

  • 「リサイクルショップ」と名乗る。(会社名、店舗名などは話さない)
  • 指輪やアクセサリーなどの買取を行っており、ご近所をまわっていると話す。
  • 応じた人の自宅に訪問。電話とは別の人が買取を迫る。

貴金属とは言わずに、テレビなどの家電製品や不用品の買取と勧誘するケースもあります。
訪問後に貴金属を買い取ることが目的。

(2)チェックポイント

  1. 会社や店舗名を名乗らない電話には、注意が必要。
  2. 業(事業として行う個人・法人)として貴金属などの買取・販売を行うには、「古物商」の許可が必要です。(※)

※管轄する都道府県公安委員会の許可。

(3)事業者の古物商許可について、登録状況などを調べるには?

各都道府県の「公安委員会」ホームページで確認できます。

例:愛知県公安委員会の場合(外部リンク)

押し買い被害の事例

  • 広島県と中国経済産業局は、広島市に支店のある訪問購入業者「エスイーシー」(本社:沖縄県那覇市)に、6ヶ月の業務停止命令(平成29年3月)。同業者は「リサイクルプラザ」を名乗って電話をかけ、応じた客に貴金属などを強引に買い取る「押し買い」を行い、クーリングオフにも応じなかったとのことです。
相談窓口

訪問買取自体は違法行為ではありませんが、不審な電話での勧誘に安易に応じないことが大切です。また訪問買取ではクーリングオフ(買い取られた日から8日間)が適用されます。

悪質な勧誘などには、全国統一の相談番号(188番)があります。

消費者ホットライン188

全国共通188番(イヤヤと覚えましょう。)

関連記事
トップへ戻る