テレビ企画会社を名乗る男に、社債購入を勧誘され約3千万円の詐欺被害

愛知県安城市の女性の自宅に、「テレビ企画会社」を名乗る男から電話があり、社債購入を持ちかけられ、約3,000万円を騙し取られる詐欺事件。

警察によると9月下旬ごろ、安城市の女性に「テレビ企画会社」を名乗る男から電話があり、「詐欺被害にあわれた方に取材をしたい」「被害額の5割から6割が戻ってきます」。と言われ、信じ込んだ女性は、現金約3000万円を宅配便で東京や千葉方面へ送ったということです。

詐欺の被害概要

  • 発生日:平成26年9月下旬ごろ。
  • 発生場所:愛知県安城市
  • 被害者:女性
  • 被害金額:約3,000万円

手口

  1. 「テレビ企画会社」を名乗る男から電話。 「詐欺被害にあわれた方に取材をしたい」「被害額の5割から6割が戻ってきます」などの取材口実。
  2. 後日パンフレットが郵送される。
  3. パンフレットを見た女性が電話。別の社員を名乗る男性が応対し、「愛知県の方しか購入できない社債があります」「倍の値段で買い取る投資家がいます」と誘われる。
  4. 女性は相手の指示通りに、現金を宅配便などで送る。

テレビ局の取材を装った手口

テレビ局や番組制作会社を装い現金を騙し取る手口は、過去にも発生しています。不審な話しを信用せずに、スグに警察などに相談しましょう。

関連記事

テレビ局の取材を口実に投資詐欺。100万円の被害。