2020年の東京五輪関連の詐欺が増加の恐れ

オリンピック開催決定以降、国民生活センターに関連詐欺の相談が10件

2020年に開催が決定した東京五輪・パラリンピックをターゲットとした、未発売の観戦チケットの購入、架空の投資話の手口が増加。

<最近目立ち始めた手口>

  • 実在する大手旅行会社などを差出人として偽装し、東京オリンピック開会式特別シートの予約販売、チケットの先行予約などを持ちかける。
  • チケットを転売すれば、大きな儲けを得られると購入を勧誘。
  • オリンピック関連企業の株購入を持ちかける。または未公開株、保有株の譲渡詐欺。
  • オリンピック関連で値上がり確実な不動産購入、投資を持ち掛ける。

不審な電話やパンフレットには、十分に注意が必要です。今後手口が巧妙化する可能性もあります。

国民生活センターのサイトは、こちらから

関連記事:http://www.teguchi.info/investment/231/