ロト6宝くじ詐欺520万円被害|福島県

70代の女性が520万円の被害

70代の無職女性が宝くじ関連の成り済まし詐欺に遭い、現金約520万円をだまし取られる。
6月上旬ごろ、女性の携帯電話に情報提供会社の社員を名乗る男から「ロト6の2等が必ず当たる情報を提供する」「情報提供料として300万円くらい必要」などと連絡があった。話を信用した女性は、男に指定された東京都内の住所に郵送で現金を十数回送り、総額520万円をだまし取られた。

宝くじ詐欺の手口

ロト6など宝くじの当選番号は、抽選当日の夜7時~8時には、インターネットで公開されます。しかしネットを利用しない高齢者などでは、知らないことが多い。

  • 架空の団体名を使い抽選結果の発表と同時に、高齢者に電話をかけ予想当選番号を伝える。
  • 翌日の新聞で当選結果を見るように促す。
  • 電話で伝えた当選番号が記載されているため、予想が的中したと勘違いさせる。
  • 予想番号を購入するには、情報提供料、預かり金が必要だと騙し、振り込ませる。または郵送させる。

ロト6詐欺に注意

ロト6詐欺に注意