地球温暖化に関するデーター(2017年版)

アメリカのNOAA(海洋大気局)は、2016年の地球は観測史上、最も暑い1年になったと発表。

発表は2017年8月10日。

2016年は温室効果ガスの濃度が最も高く、地球表面の温度は3年連続で観測史上を更新。
前年より0.1℃上昇しています。

地球温暖化

温暖化のデーター

  • 気温:2015年に比べ0.1℃上昇(※)
  • 二酸化炭素の濃度(平均):402.9ppm
  • 海水面:1993年にと比較して平均8センチの上昇
  • その他:陸地の12%で深刻な干ばつが発生。

※約60か国で観測されたデーターを元に発表されています。

世界の平均気温は?

世界の平均気温は実際の気温でなく、平年値(※)を基準とした偏差(℃)が統計指標になっています。
※現在は1981年~2010年の平均。

世界の観測地点は1000~1300箇所です。気象庁が各国からのデーターを元に集計しており、アメリカのNOAA(海洋大気局)のデーターとは異なります。

世界全体 北半球 南半球
2011年 +0.08 +0.13 +0.02
2012年 +0.15 +0.21 +0.09
2013年 +0.20 +0.26 +0.15
2014年 +0.27 +0.38 +0.17
2015年 +0.42 +0.59 +0.27
2016年 +0.45 +0.59 +0.31

▲出典:気象庁(世界の年平均気温偏差)

2016年の北半球では、平年値より0.59℃高くなっています。

トップへ戻る