埼玉県は『交通死亡事故多発非常事態宣言』を発令

平成30年2月27日(火)、埼玉県で「交通死亡事故多発非常事態宣言」が出されました。2ヶ月連続して月間死者数が10人以上となっており、深刻な状況です。

埼玉県では平成30年1月から『交通死亡事故多発非常事態宣言』の要綱を定めています。今回が初めての発令です。また今年に入って「交通死亡事故多発警報」も2回(1月と2月)出されています。

全国的に死亡事故が減少する中、同県では昨年から増加傾向が続いています。

埼玉県の交通事故発生状況

※平成30年2月27日現在(埼玉県警のデーターから)

発生件数など

3月21日現在

  • 交通事故発生件数(人身):5,158件(前年同期比-661件)
  • 負傷者数:6,249人(前年同期比-815人)
  • 死者数:49人(前年同期比+7人)
    全国ワースト1

2月27日現在(交通死亡事故多発非常事態宣言を発令した日)

  • 交通事故発生件数(人身):3,613件(前年同期比-490件)
  • 負傷者数:4,408人(前年同期比-578人)
  • 死者数:36人(前年同期比+11人)
    全国ワースト1

死者の内訳

3月21日現在

  • 四輪車:14人
  • 自動二輪車:2人
  • 原付車:3人
  • 自転車:9人
  • 歩行者:21人

事故の特徴

  1. 交通事故死者数が36人で全国ワースト1位
  2. 死者36人中、18人(50.0%)が高齢者
  3. 死亡事故35件中、16件(45.7%)が週末(土・日)に発生
  4. 午前4時から午前6時の早朝(7件)と午後4時から午後6時の夕方(6件)に多発
交通死亡事故多発非常事態宣言の発令基準(表示)

(1)交通事故死者数が、過去3年間の同時期比10人以上の増加に転じるなど、異常な増加傾向にあるとき。

(2)7日以内に10件以上の交通死亡事故が発生するなど、連続的に多発したとき。

(3)その他、知事が必要と認めたとき。

昨年も死亡事故が大きく増加。

※平成29年(年間)の状況

全国的に死亡事故が減少してる中、前年より26人増加し177人となっています。(全国ワースト2)特に日没~日の出までの夜間の死亡事故が、前年より35人増えており110人となっています。

  • 交通事故件数:26,276件
  • 負傷者数:32,022人
  • 死者数:177人(前年比+26人)
  • 10万人あたりの死者数:2.43人
  • 高齢者の比率:53.7%
関連記事
トップへ戻る