千葉県で交通死亡事故が多発。交通取り締まりを強化

交通事故死者数が昨年を大きく上回っており、深刻な状況。年末にかけ緊急対策を実施。

千葉県内交通死亡事故が前年を上回るペース

「交通死亡事故抑止年末緊急対策」として、死亡事故の多い5つの警察署管内を重点に交通取り締まりの強化などが行われます。

交通事故発生状況

▼平成30年11月11日現在
※千葉県警データから

人身事故発生件数 14,746件
負傷者数 17,933人
死者数 156人

死者数は全国ワースト2

死者数は156人で前年同期より31人増加しています。1か月以上早く昨年1年間の死者数を上回っており、「危機的な状況」と発表されています。

※昨年(平成29年)の年間死者数は154人で前年より31人減少していますが、今年はすべての月で昨年を上回っています。

死亡事故の多い市町村

▼平成30年9月末まで
※死者数の累計が5人以上

  1. 千葉市:19人
  2. 野田市:8人
  3. 八千代市、松戸市、市原市:6人
  4. 市川市、柏市、佐倉市、四街道市、印西市:5人

※国道16号、51号、126号線および周辺で事故が集中しています。

死亡事故の特徴

事故原因(違反)としては、信号無視が10件(昨年同期比+3件)、安全運転義務違反の内容では、安全確認が不十分などが47件(同+12件)、わき見運転などが35件(同+11件)です。

また夜間の事故が全体の39.8%、シートベルトの非着用が51.2%で、いずれも前年同期を上回っています。

重大事故

  • 9月8日:千葉市若葉区で過積載のトレーラーが横転し、軽乗用車が下敷きになり3人が死亡。
  • 3月16日:市原市の県道で男女2人(いずれも20代)が乗った乗用車が対向車衝突し死亡。



飲酒検問・取り締まり(公開情報)

千葉県警が公開している情報のみを掲載

11月12日(月)

稲毛区小仲台、花見川区花見川、船橋市本町、鎌ケ谷市東道野辺、市川市市川、市川市南行徳、浦安市北栄、松戸市五香、野田市岩名、流山市南流山、我孫子市天王台、富里市七栄、香取市小見川、銚子市新生町、旭市三川、横芝光町横芝、大網白里市大網、白子町中里、市原市五井、市原市白金町、いすみ市大原、富津市千種新田、館山市北条、鴨川市貝渚

11月13日(火)

緑区富岡町

11月14日(水)

公開情報はありません。

11月15日(木)

印西市中央北

11月16日(金)

中央区富士見、松戸市上矢切、大網白里市大網、茂原市早野

11月17日(土)

若葉区若松町

11月18日(日)

君津市久留里市場

酒気帯び状態の有無を確認する「業務用のアルコール検知器」です。 「交通安全白書」によると、おととし(平成28年)に全国で摘発された酒酔い・...

交通死亡事故抑止年末緊急対策

交通取り締まり(重点地域)

死亡事故の多い5つの警察署管内を重点に、警察官や白バイを集中投入し交通取り締まりが実施されます。

  1. 佐倉署管内
  2. 千葉北署管内
  3. 千葉東署管内
  4. 八千代署管内
  5. 四街道署管内

重点期間

特に警戒態勢が厳しくなる期間

  1. 10月19日~27日
  2. 11月1日~9日
  3. 12月1日~9日
被害者にも加害者にもならない為に!
歩きスマホの危険 歩き・ながらスマホの危険
8つのリスク(事故・犯罪)
交通取り締まり件数 交通違反の取り締まり状況
検挙件数は648万2541件
免許の取り消し・停止件数 免許の取消し・停止件数
免許を失う人、毎年4万人以上
業務中の事故 業務中の事故・違反をゼロに!
業務用運転日報を無料配布
飲酒運転 飲酒運転で逮捕..(その後)
最大22日間の拘留
高齢者ドライバーの事故 高齢ドライバーの免許返納
チェックリストなど
関連記事
トップへ戻る