埼玉県に「交通死亡事故多発非常事態宣言」交通取り締まりを強化!

埼玉県は平成30年11月1日(木)、県内全域に「交通死亡事故多発非常事態宣言」を発令しました。

10月30日現在の死者数は149人で、過去3年間の同時期の平均と比較して15人増加しており、たいへん深刻な状況です。

交通死亡事故多発非常事態宣言

  • 発令日:平成30年11月1日(木)
  • 期間:11月1日(木)~12月14日(金)
    44日間にわたり実施されます。
  • 地域:県内全域
  • その他:交通取り締まり等が強化されます。

今年は10月末までに「交通死亡事故多発警報」が5回発令されており、全国でもっとも多くなっています。

昨年(平成29年)は11月の死者数が19人、12月は16人でした。2カ月とも16時~18時に死亡事故が多発しており、特に12月は他の時間帯の3倍以上です。
日没時間の前後1時間(薄暮時間帯)に、クルマと歩行者の死亡事故が増加します。
日没時刻の30分前に、クルマのライト点灯が推奨されています。
埼玉県(さいたま市)では、午後4時頃が点灯の推奨時刻です。
(日没時刻は、11月15日が16時35分、12月15日は16時29分)

埼玉県交通死亡事故多発非常事態宣言等実施要綱

交通事故の発生状況

▼平成30年10月30日現在(埼玉県警HPから)

  • 発生件数(人身事故):19,400件
  • 負傷者数:23,458人
  • 死者数:149人(前年比+10人)
    ※全国ワースト2
死者数の内訳
  1. 歩行者:55人
  2. 自転車:42人
  3. 四輪車:34人
  4. 自動二輪車:10人
  5. 原付車:8人



被害者にも加害者にもならない為に!

歩きスマホの危険 歩き・ながらスマホの危険
8つのリスク(事故・犯罪)
交通取り締まり件数 交通違反の取り締まり状況
検挙件数は648万2541件
免許の取り消し・停止件数 免許の取消し・停止件数
免許を失う人毎年4万人以上
業務中の事故 業務中の事故・違反をゼロに!
業務用運転日報を無料配布
飲酒運転 飲酒運転で逮捕..(その後)
最大22日間の拘留
高齢者ドライバーの事故 高齢ドライバーの免許返納
チェックリストなど

関連記事

トップへ戻る