長野市で毒を持つアリ「アカカミアリ」を確認

環境省は平成30年4月14日(土)に、長野県長野市の住宅内において、特定外来生物である「アカカミアリ」が発見された発表。

「アカカミアリ」の毒針で刺されると激しい痛みがあり、強いアレルギー症状を引き起こす可能性のあるアリ。本州では初めての確認とのことです。

環境省のページ

アカカミアリの概要

  • 発見日時:平成30年4月14日(土)
  • 発見場所:長野県長野市青木島地内の住宅(屋内)
  • 種類:アカカミアリの無翅女王アリ(1個体)
アカカミアリ

出典:環境省(今回確認されたアカカミアリ)

働きアリの体長は3-5mmで、近縁な日本在来種と比べて大型のアリ。巣に刺激を与えるなどすると、防衛のため集団で咬みつき、腹部の針で猛烈に刺してくる。刺咬によってアナフィラキシーショックが発生することも。毒はアカヒアリほど強くはなく、死亡例は報告されていない。

wikipediaからの引用

環境省の対応状況

発見場所の家屋内及び敷地内の屋外で、粘着トラップを設置しモニタリングを実施。現時点では、アカカミアリと疑わしいアリは他に確認されていない。

相談窓口(全国)

ヒアリ相談窓口で対応

  • ヒアリ相談ダイヤル:0570-046-110

長野県の窓口

  • 環境部自然保護課:026-235-7178
  • 長野地域振興局環境課:026-234-9590
  • 長野市環境部環境保全温暖化対策課:026-224-5034
トップへ戻る