「震度6弱」の地震が発生したら

立っていることが困難になる地震。落下物、倒壊物が多くなり、死傷者の発生も。津波の有無を確認。

気象庁の区分では「震度6弱」は烈震です。この震度から落下物や建造物の倒壊などによって、ケガをする人が目立ち始め、状況によっては死者が発生することもあります。

近年の発生回数

発生回数
2018年(平成30年) 1回(※1)
2017年(平成29年) 0回
2016年(平成28年) 6回(※2)
2015年(平成27年) 0回
2014年(平成26年) 1回
2013年(平成25年) 1回
2012年(平成24年) 0回
2011年(平成23年) 4回(※3)
2010年(平成22年) 0回

(※1)2018年9月6日までの発生回数です。
(※2)『熊本地震』が発生した年です。
(※3)『東日本大震災』が発生した年です。

行動

沿岸部や河口付近の人は、津波の有無を速やかに確認しましょう。

  1. 沿岸や河口地域にいる人は、ニュースなどで津波の有無を確認。
  2. 夜間に寝ている場合は、布団などで落下物によるケガを防ぐ。
  3. 窓ガラスが割れることも多いため十分に注意する。
  4. コンロなどの火元を消す。
  5. 冬期はストーブなども消す。
  6. 高齢者は転倒事故が増えるため、安否確認を速やかに行う。
  7. 崖などからは速やかに離れる。特に雨などで地盤が緩んでいる場合は、十分な注意が必要。
  8. 外に避難する場合は、ブレーカーを落とす。(通電火災の防止)
  9. 屋外にいる場合は、ブロック塀から離れる。
  10. 車を運転中は安全を確認しながら、路肩に止める。
  11. 頭上の看板などにも注意。
  12. 倒れた物でケガをすることがないかを確認。
  13. 多くのエレベーターでは自動停止。(※1)
  14. 自動停止のないエレベーターでは、着床したらすぐに出る。
  15. エレベーター内に閉じ込められた場合は、非常ボタンを押す。
  16. 仕事などで高所作業をしている人の安全を確認。
  17. 大きな地震の前震(※2)である可能性もあり、数日は十分な注意が必要。
  18. 1週間程度は余震にも注意する。

(※1)標準型エレベーターの場合、地震のP波とS波の設定値から自動停止。(およそ震度5弱以上の揺れで設定されています)

(※2)2011年3月11日に発生した『東日本大震災』の前日には「震度4」の地震、前々日には「震度5弱」の地震が発生しています。

影響・被害

気象庁の公開資料から出典しています。

震度6弱の地震

▲拡大表示(出典:気象庁)

  • 立っていることが困難になる。
  • 固定していない家具の大半が移動し、倒れる物もある。
  • ドアが開かなくなることがある。
  • 耐震性の低い木造建物は、傾いたり倒れるものもある。

最近発生した「震度6弱」の地震

トップへ戻る