鉾田市の大竹海岸「鉾田海水浴場」付近でサメを確認

平成27年8月4日~5日にかけ、茨城県の海岸で大型のサメが確認される。鉾田(ほこた)、鹿嶋、神栖のおよび大洗町は5日に、計9カ所の海水浴場を遊泳禁止にした。

8月6日現在で、サメによる人への被害の報告はない。安全が確認されるまで鉾田海水浴場(ほこたかいすいよくじょう)など、周辺9箇所の海水浴場を遊泳禁止にしています。

  • 追記:台風の影響で防護ネットの設置が遅れている。(9日現在)
  • 追記:沿岸の市町は、遊泳エリアにサメの侵入を防ぐための網を張り、遊泳禁止を解除する準備を始めた。
  • 追記:7日(金)には、海岸から50メートル付近に16匹が確認される。

サメ目撃の概要

  • 目撃日時:平成27年8月4日(火)~5日(水)朝
  • 場所:茨城県鉾田市大竹海岸の沖合5メートル~20メートル
  • サメの種類:クロヘリメジロザメ(メジロザメの一種)と推定
  • 体長:4メートルくらいのサメ1匹と小さいサメ2匹

クロヘリメジロザメ

北海道以南の沖合表層を主な活動域にしているサメです。「クロヘリメジロ」は小魚を追って海岸近くまで来ることもあり、稀に人間を攻撃することもある種類です。

メジロザメ

ニュース映像から

関連記事

トップへ戻る