ヤマビル(吸血ヒル)に吸われた場合の対処、対策など

スポンサーリンク
スポンサーリンク

山林などに生息する吸血性のヒル
二酸化炭素などを感知し体に吸着

慌てない!ヤマビルは人間に有害な毒を持たず、媒介する寄生虫なども確認されていません。しかし血を吸う場合に麻酔成分を注入するため、気づかないまま出血しているケースも少なくありません。またヤマビルを除去したあとも、出血が続き傷の治りが遅くなる場合もあります。

吸血ヒルのヤマヒル

ヤマビルの写真

ヤマビルは吸着力が非常に強く、指で剥がそうとしても困難です。
無理に引っ張ると、傷口を広げてしまい、出血がひどくなる場合があります。

もしヒルに吸い付かれたら・・

(1)食用の酢をかける

ヤマヒル対策(酢)

(2)塩をかける

ヤマヒル対策(塩)

(3)ライターなどの火を近づける

ヤマヒル対策(火)

(4)アルコールを吹きかける

遠足やハイキングなどで、山歩きをする場合はスプレーの瓶に、アルコールや酢、食塩水を入れ、持ち歩くと便利です。

ヤマビルの特徴
  • 体長:25mm~35mm
  • 生息場所:山や森林、湿地帯に多く生息。また渓流沿いのコケの多いところなどで見つかることもあります。
  • 活動時期:4月から11月|乾燥に弱いが、気温10℃以上で活動する。
  • 毒性:毒性はなし。ただし痛みを感じさせなくする麻酔成分は含まれる。
  • 寄生虫・病原体:確認されていない。
  • 生息分布:日本では岩手・秋田県以南の本州から四国、九州に分布。
関連記事
危険生物
スポンサーリンク
シェアする
今年の夏は暑い
スポンサーリンク
スポンサーリンク
事件・事故・災害アーカイブ