「だまされたふり作戦」で、振り込め詐欺犯の逮捕者が17人

静岡県警の発表では、今年(平成27年)3月に専門捜査班設置以降、「だまされたふり作戦」によって、17件の振り込め詐欺等の事件で、犯人(受け子)を逮捕しています。

昨年1年間の逮捕件数(7件)の2倍以上と大きな成果を出しています。

静岡県警の取り組み

  • 平成27年3月に特殊詐欺現場設定専門班(通称スピーディー)を新設
  • 不審電話があったと通報してきた人に、「騙されたふり」をするよう依頼。現金の受け渡し場所に素早く捜査員を配置し、受け取りに来た犯人を検挙。

※静岡県警は、11月からツイッターを活用した詐欺被害防止の取り組みも始めています。

ふじのくに防犯対策推進室(ツイッター)

アカウントは、https://twitter.com/Fuji_bouhan です。

「だまされたふり作戦」は、他の都道府県や自治体でも実施が広がっており、振り込め詐欺、オレオレ詐欺の被害防止に効果が期待されています。積極的に実施している自治体は、

  • 東京都
  • 愛知県
  • 北海道
  • 岐阜県
  • 京都府
  • 秋田県
  • 宮城県
  • 茨城県
  • 大阪府
  • 大分県

手口が巧妙化

関連記事

トップへ戻る