NTT電話帳(ハローページ)への掲載削除方法|詐欺対策

スポンサーリンク

おれおれ詐欺、架空請求などの「特殊詐欺」被害者の7割は、NTTの電話帳(ハローページ等)に電話番号を記載していました。

掲載の必要性がない場合は、削除の申請を行いましょう。

2016年に全国で発生した「特殊詐欺」の被害額は約406億3000万円で、4年連続で400億円を超えています。

詐欺被害者の約7割はハローページなどの電話番号を掲載していたとの調査結果も出ています。被害者のすべてが電話帳を悪用されたわけではありませんが、詐欺グループが電話をかける際に、電話帳を使っているケースも少なくないと思います。

特に必要がある場合を除いて、NTTが発行する電話帳(ハローページ、タウンページ)への掲載を削除または拒否することで、詐欺のターゲットのなるリスクを減らせると思います。

※個人電話番号の記載は、ハローページです。

追記

NTT電話帳の掲載削除を希望される場合

ハローページからの削除(NTT西日本・東日本共通)

電話帳からの削除

▼NTTの加入電話からは・・

  • 電話受付:局番なしの116

▼携帯電話からは・・

  • 東日本:0120-116000
  • 西日本:0800-2000116

※掲載の削除(掲載拒否)を希望する場合は、電話帳の発行に応じて締め切りがあります。地域によって発行日と締め切り期限が異なります。NTTへの確認が必要です。

電話番号削除

ハローページから電話番号の削除を!

特に電話帳に記載された名前で、カタカナや末尾が「子」「枝」「代」「江」など高齢者に多い名前の人は、詐欺電話のターゲットにされる場合が多いようです。大分県警によると、平成25年に同県内で被害が出た特殊詐欺事件130件余りのうち、約4割の被害者が該当していました。

※過去に発行された電話帳の悪用、すでにデーターベース化されネット検索できる場合もあります。

タウンページ(企業・商店など)

  • タウンページセンター:0120-506309 (携帯電話からもご利用いただけます。)
  •  受付時間 午前9時~午後5時 休業日 土曜・日曜・祝日・年末年始(12/29~1/3)
  • タウンページでは、専用のメールフォームでも受け付けています。https://tpnet.ntt-tp.co.jp/cgi-bin/toi/04_mail.cgi

詐欺グループが電話をかける際に利用する名簿など

  1. 卒業アルバム(子供の卒業アルバムを含む)
  2. 同窓会名簿
  3. 学校の保護者名簿
  4. 俳句・短歌などの入選発表。(新聞、同人誌、会報など)
  5. アンケート資料
  6. 過去の詐欺被害者リスト
  7. 名簿業者からの情報

これら名簿に記載された個人情報は、詐欺の「カモリスト」として悪用される危険性があります。名簿の管理には十分に注意しましょう。またフェイスブックなどのSNSで公開した情報も悪用される場合があります。個人を特定できるような情報は、慎重に扱いましょう。

詐欺の電話を受けないための対策

特殊詐欺のほとんどが、ターゲットとされた人への電話から始まります。不審な電話を受けないようにすることが大切です。

ナンバーディスプレイ付きの電話機に変更する

ナンバーディスプレイとは、かけてきた相手の電話番号を電話機に表示するサービスです。電話機がナンバーディスプレイ対応であることと、別途電話会社にサービスを申し込む必要があります。

※NTT西日本の場合は、http://www.isdn-info.co.jp/display/ その他の回線を利用している場合は、契約会社へ。

非通知の着信を拒否する

詐欺グループのほとんどは、電話番号を非通知でかけてきます。ナンバーディプレイを利用の場合は、非通知の電話を受け取らない設定が可能です。

留守番電話機能を利用して、一旦録音してから電話をかけなおす

詐欺グループは、電話を録音されることを嫌がります。普段は直接電話に出ず、録音された内容を確認して、信頼できると判断した場合にのみ、電話をかけなおす方法です。

ただし、不審な電話にかけなおすと犯行グループに電話番号を知られてしまうリスクがあるため注意が必要です。(電話番号を非通知にして電話するなど)

詐欺被害防止のテクニック

詐欺被害を防止するアイテムは、こちらから

関連ページ