ご高齢者の事故を防ぐアイテム

秋から冬は高齢者の事故が増加する季節。ヒートショック対策、火災予防、交通事故防止アイテムをまとめています。

交通事故統計や火災統計などのデーターでは、65歳以上の高齢者が犠牲になる比率が毎年高まっています。家族の支えと同時に少しでも事故を減らす工夫が必要です。

「楽天」または「amazon」でご購入できる安全対策アイテムをまとめています。

楽天をご利用の方

ヒートショック対策

▲人感センサー付きセラミックファンヒーター。ヒートショックによる事故は毎年1万件を超えています。トイレや脱衣所の寒暖差を軽減することで、事故防止に役立ちます。レビュー評価の高い製品です。

住宅火災対策

▲日本製の初期消火スプレー。(A,B,C火災に対応)平成28年の住宅火災による死者数は885人。このうち約7割(619人)が65歳以上の高齢者です。子どもやお年寄りでも簡単に扱える消火アイテムです。

A 紙や布などの可燃物火災
B ガソリン・灯油などの可燃液体火災
C 漏電が原因などの電気火災

交通事故対策

▲交通事故による死亡者数は毎年減少傾向にありますが、高齢者の占める比率は増加しています。2017年8月末現在では、死者数全体の5割を超えており1,228人(53.4%)です。夕暮れから夜間、早朝の事故を減らすために反射材のご利用を!

スポンサーリンク



amazonをご利用の方

ヒートショック対策

▲人感センサー付きセラミックファンヒーター。ヒートショックによる事故は毎年1万件を超えています。トイレや脱衣所の寒暖差を軽減することで、事故防止に役立ちます。

住宅火災対策

▲日本製の初期消火スプレー。(A,B,C火災に対応)平成28年の住宅火災による死者数は885人。このうち約7割(619人)が65歳以上の高齢者です。子どもやお年寄りでも簡単に扱える消火アイテムです。

A 紙や布などの可燃物火災
B ガソリン・灯油などの可燃液体火災
C 漏電が原因などの電気火災

交通事故対策

▲交通事故による死亡者数は毎年減少傾向にありますが、高齢者の占める比率は増加しています。2017年8月末現在では、死者数全体の5割を超えており1,228人(53.4%)です。夕暮れから夜間、早朝の事故を減らすために反射材のご利用を!

家の中での緊急コールに。

火を使わないから安心。

なりすまし詐欺・不審電話対策に。

その他のアイテム・サービス

関連記事

平成30年1月3日に長崎市の市営住宅で、入浴中だった8才と5才の兄弟が死亡した火災は、脱衣所に置いた電気ストーブが原因だったとみられてています。(西日本新聞の報道から)
消防庁によると、全国で2016年に浴室や脱衣所で起きた火災のうちストーブが原因だったのは18件(電気12件、石油6件)とのことで、「脱衣所には極力ストーブを設置せず、持ち込む場合はストーブから衣類やタオルなどを遠ざけるなど、細心の注意を払ってほしい」と呼びかけています。

トップへ戻る