交通マナーが悪いランキング。あなたの都道府県は何位?

スポンサーリンク

JAFによる自動車運転マナーの調査

アンケートの実施期間は平成28年6月15日から30日。有効回答は6万4677件。

都道府県ランキング

  • 出典:JAF
  • カッコ内は当サイト調べ(平成27年または28年のデータ)
    ※事故発生率は自動車の保有台数比です。

マナーが「とても悪い」、「悪い」と回答した人の比率。(全国平均は、38.3%)

  1. 香川:80.0%|8割の人がマナーが悪いと回答
  2. 徳島:73.5%
  3. 茨城:67.2%
  4. 沖縄:64.0%
  5. 福岡:59.3%(事故発生率が2位)
  6. 愛知:59.3%(事故発生件数が1位、死者数が1位)
  7. 大阪:58.9%(事故発生件数が2位)
  8. 岡山:58.6%
  9. 福井:58.2%(10万人あたりの死者数が2位)
  10. 山梨:51.7%
  11. 石川:50.6%
  12. 栃木:50.3%
  13. 青森:48.8%
  14. 大分:48.3%
  15. 北海道:47.3%
  16. 愛媛:43.8%
  17. 佐賀:43.1%(10万人あたりの死者数が1位、事故発生率が1位)
  18. 広島:41.1%
  19. 熊本:41.0%
  20. 鳥取:40.7%
  21. 宮城:39.8%
  22. 群馬:38.7%(全国平均に近い)
  23. 富山:37.4%
  24. 新潟:36.7%
  25. 千葉:35.9%
  26. 長野:34.6%
  27. 和歌山:34.5%
  28. 高知:34.0%
  29. 三重:32.4%(10万人あたりの死者数が3位)
  30. 兵庫:30.8%
  31. 京都:30.3%
  32. 山形:29.3%
  33. 宮崎:29.1%
  34. 奈良:29.0%
  35. 静岡:26.8%(事故発生率が3位)
  36. 福島:24.5%
  37. 埼玉:24.4%
  38. 滋賀:23.7%
  39. 鹿児島:23.5%
  40. 岐阜:22.3%
  41. 秋田:21.9%(事故発生件数が最も少ない)
  42. 東京:20.7%(10万人あたりの死者数が最も少ない)
  43. 山口:19.4%
  44. 神奈川:19.0%
  45. 長崎:19.0%
  46. 岩手:18.1%
  47. 島根:16.1%(事故発生率が最も低い)

島根県

その他データーは、JAF公表資料(PDF)をご参照ください。

10万人あたりの死者数(2018年)

  1. 福井県:5.26人
    (前年もワースト1)
  2. 富山県:5.11人
  3. 三重県:4.83人
10万人あたりの交通事故死者数

▲拡大表示(2018年)

関連ページ

交通事故の発生状況 (2019年)令和元年
[最新データー]全国の交通事故発生件数や都道府県ごとの特徴について、警察庁が発表している「交通事故月報」等から、事故抑止につながるデーターをまとめています。

▲死亡事故ランキングなど(2019年)

交通事故の特徴(都道府県別)2018年
2018年[平成30年]の交通事故状況(発生件数・特徴)および高齢者の事故比率。死亡事故は減少傾向にあるものの、地域によって増減数や高齢者比率、特徴に大きな違いが出ています。

▲都道府県別の交通事故発生状況(2018年)

交通事故の特徴と原因(月別)
愛知県警が分析・公開している月ごとの交通事故の特徴と原因・注意事項をまとめています。都道府県ごとに道路事情等は異なりますが、季節要因などについては、共通した要素もみられると思います。

▲月別の交通事故の特徴

  • 子どもの飛び出し注意