大分県では不審者による「子どもへの声かけ」が過去最多

平成29年に大分県内で発生した、不審者による「子どもへの声かけ」は199件で過去最多となっています。

平成29年1月~12月21日までに大分県警本部が確認した件数で、15歳以下のこどもが不審者から声をかけられる事案。平成28年の159件を上回っています。
(統計開始の平成18年以降でもっとも多くなっています。)

声かけ事案の概要

  • 男子:84件
  • 女子:115件

まもめーるの活用

まもめーる

▲拡大(大分県警HPから)

大分県警では、不審者情報などをメールで配信するシステム“まもめーる”の運用を行っています。パソコンやスマホなどで受信できます。

登録などは大分県警のホームページをご参照ください。(利用は無料です)

小中学生の安全対策にGPS端末の活用

総合警備会社のALSOKは、位置情報だけでなく音声確認機能を備えた「まもるっく」のサービスを提供しています。

関連記事

トップへ戻る