茨城県の熊(クマ)目撃・出没情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2020年のツキノワグマ出没状況

ツキノワグマ目撃情報

環境省の資料によると、茨城県ではツキノワグマの恒常的な生息は確認されてなかったものの、平成28年(2016年)には、出没例が複数確認されています。福島県から移動してきた可能性があるとのことです。

[目次]

近年の出没・人身事故件数

環境省(出典)が年度単位で集計している出没件数・人身事故件数です。県や市町村などが独自に集計しているデーターと異なる場合があります。2019年度は2020年2月末までのデーターです。※環境省の元データーは和暦ですが、このページでは西暦で掲載しています。

年度 出没件数 人身事故
2019年 0件 0件
2018年 0件 0件
2017年 0件 0件
2016年 3件 0件
2015年 0件 0件

2020年

※市町村や警察の発表、安心メールの情報およびメール等で、お寄せいただいた情報を掲載しています。(県内すべての情報ではありません)

掲載なし

2019年

目撃情報はありません。

2018年

8月~12月の目撃情報の発表は確認できていません。

  • 7月7日から7月8日にかけて、久慈郡大子町(大生瀬トンネルから大子町池田地内へ向かう途中の路肩付近)で、クマらしき動物の目撃情報が出ています。

6月末までの目撃情報の発表はないようです。

事故の情報

発表された場合に掲載します。

関東・甲信のクマ出没状況