三重県の熊(クマ)目撃・出没情報

平成30年(2018年)のツキノワグマ出没状況、おもな事故情報など。

ツキノワグマ目撃情報

昨年度は人身事故の発生はありません。

県内のツキノワグマは、松阪市(旧飯高町)、大台町(旧宮川村)、紀北町(旧海山町)、尾
鷲市、熊野市(熊野市、旧紀和町)、県北部の養老山地などで生息情報があります。近年では熊野古道でも目撃されています。

生息数は紀伊半島全体(奈良・和歌山の一部を含む)で、180頭程度と推定されています。
※三重県指定希少野生動植物の指定(三重県)のツキノワグマ保護指針から出典

近年の出没状況

年度 出没件数
平成29年 24件
平成28年 33件
平成27年 8件
平成26年 12件
平成25年 12件

※環境省の集計データーから(平成30年4月2日)
※平成29年度は速報値のため、修正される場合があります。

最近の目撃情報(平成30年)

※市町村や警察の発表、安心メール等からの情報を掲載しています。メールでの目撃情報も受付ています。(匿名でOKです)

目撃情報の送信フォーム

  • 8月13日午前6時30分ごろ:尾鷲市南浦又口川上流(国道425号を尾鷲から奈良向きに自動車走行中、アナギの滝入口を数十メートル過ぎた左手(山側)に小さな砂防堤防のようなものがあり、堤防の上に熊の成獣1頭目撃)
    ※メールでお寄せいただいた情報です。
  • 7月17日午後11時ごろ:北牟婁郡紀北町相賀153付近「海山IC」高速道の橋脚(橋脚左岸側)の土手付近で熊らしき、うめき声を確認。(姿は確認せず)林の方から動物が動く音がした為そちらの方を見ていたが姿は見えず、うめき声だけ確認。
    ※メールでお寄せいただいた情報です。
  • 6月8日午前9時半ごろ:尾鷲市南浦地内(国道425号のクチスボダム付近)
    ※クマのような動物。
  • 5月29日午前6時ごろ:いなべ市北勢町川原の山林で、イノシシ用のくくりわなにツキノワグマを誤って捕獲。
  • 5月8日午前10時ごろ:熊野市新鹿町の山林で、イノシシ用のわなにツキノワグマを誤って捕獲。
三重県では希少生物としてクマを捕獲した場合、自然に戻すと決められているため、電波発信機を着けて人里から離れた場所に放獣し、監視するとのことです。

クマを目撃したら・・

目撃情報の多い市町村の連絡先です。

クマ目撃情報の連絡先[表示]
  • 熊野市:熊野市役所(代表電話:0597-89-4111)
  • 尾鷲市:尾鷲市役所(電話: 0597-23-8132|平日昼間)、0597-23-8111|休日・夜間)
  • いなべ市:いなべ市農林振興課(電話:0594-46-6306)
平成29年度に全国で発生した「ツキノワグマ」による人身事故件数は、95件と発表されています。 負傷者数は103人、死者数は1人(秋田県)で...

事故情報

発表があった場合に追記します。

東海・北陸のクマ出没状況

出没地域(都府県)一覧

トップへ戻る