飲酒運転での逮捕・交通事故の事例

スポンサーリンク

このページは削除しました。
最新の交通事故発生状況(全国)等は下記のページをご参照ください。

交通事故の発生状況とランキング(2021年)
[最新データー]全国の交通事故発生状況について「交通事故日報・月報」等から、人身事故件数、負傷者数、死者数の順位を掲載しています。薄暮時間帯(日没時刻の前後1時間)の死亡事故は、昼間の約4倍です。早めのライト点灯が大切です。
飲酒運転の罰則・行政処分・検挙状況
飲酒運転は罰金、免許取り消しだけじゃない。懲戒免職・解雇等の処分が行われた場合、数百万円から最大で2千万円を超える経済的損失も。失われるかもしれない未来はプライスレスです。
飲酒運転で逮捕された!その後は?・・解雇・退職も
飲酒運転で「免許取り消し」などの行政処分を受けたドライバーのうち、約9割が家庭や仕事に大きく影響。罰金などの刑事罰、行政処分、逮捕された場合のこと、社会的な制裁などをまとめています。
年末の交通安全運動(2020年)
令和2年度の冬の(年末・年始)の交通安全運動について、都道府県ごとの実施期間、ポスターなどを掲載しています。12月は年間でもっとも交通事故死者数が多い月です。
スポンサーリンク
シェアする

過去の記事(一部広告を含む)



事件・事故・災害アーカイブ