飲酒運転による交通事故[人身](過去分)

平成29年12月までの事故記録です。

最近の事案はこちらをご参照ください。>>

酒気帯び運転が原因となった交通事故について記録しています。

交通事故(人身事故)

※発表・報道された事案の一部です。

  • 12月26日:名古屋市中区内で、酒気を帯びた状態で車を運転し、停止中の車に追突して男性に怪我を負わせたペルー国籍の男(41)を逮捕。
  • 12月22日:新潟県上越市で酒気帯び状態で乗用車を運転し、一方通行を逆走したうえ軽自動車と衝突し運転してた男性にケガをさせ逃走した会社員の男(33)を逮捕。
  • 12月20日:愛知県瀬戸市の交差点で酒を飲んで車を運転、バイクに乗っていた男子高校生をひき逃げした男(63)を逮捕。高校生は軽傷を負っています。
  • 12月19日:愛知県豊橋市で酒気帯びのうえ、男性をはねて重傷を負わせた男(24)を逮捕。
  • 12月19日:愛知県豊川市で高齢の女性が車にはねられ死亡。車を運転していた男を逮捕。男からは基準値を超えるアルコールを検出しており、酒気帯びの運転の可能性。
  • 12月16日:さいたま市16日午前1時前、酒気を帯びた状態で乗用車を運転し信号待ちをしていたミニバイクに追突して、運転していた少年に軽傷を負わせた東京都板橋区の会社員の男(55)を逮捕。男からは基準値の2倍以上(0.55mg)のアルコールを検出。
  • 12月15日:神奈川県小田原市内の踏切(小田急線富水駅近く)で、警報が鳴っているのに車で通過した車を警察が追跡していたところ、車は別の乗用車と衝突し、運転していた女性が死亡。車を運転していた会社員の男(20)を危険運転致死と酒気帯び運転などの容疑で逮捕。車には男女6人が乗っていたとのことです。
  • 12月15日:新潟県南魚沼市の国道で、飲酒したうえ車を運転し信号待ちの車に追突し、運転していた女性にケガをさせ逃げたとして、同県の南魚沼地域振興局の職員(30)が酒気帯び運転とひき逃げの疑いで逮捕。
  • 12月12日:兵庫県姫路市夢前町で、女性がひき逃げされ意識不明の重体となる事件。逮捕された容疑者は飲酒運転とのことです。
  • 12月9日:京都市下京区で、軽トラックを酒気帯び状態で運転してミニバイクに衝突し男性にケガをさせた自営業の男(44)を逮捕。
  • 12月8日:佐賀市で飲酒のうえ車を運転し後進した際に、後続車にぶつかり男女2人に軽傷を負わせた疑いで、自称自営業の男(47)を酒気帯び運転とひき逃げの疑いで逮捕。
  • 12月5日:札幌市の繁華街で飲酒のうえワゴン車を運転し、逆走して工事現場に突っ込み作業員に軽傷を負わせたとして、同市の建設業の男(29)を逮捕。
  • 12月3日:愛知県長久手市で3日未明、ワゴン車が停車中のトラックに追突するなど計5台が絡んだ事故で、死亡したワゴン車の男性(38)が飲酒運転をしていたとみられ、警察は被疑者死亡で書類送検する方針。
  • 11月29日:茨城県古河市で大学生2人が乗った乗用車が、運転代行の軽自動車と衝突し、軽自動車の男性が死亡し同乗の女性も重傷を負う事故。大学生2人は飲酒していた可能性があり、どちらが運転していたかも含めて捜査中。
  • 11月28日:埼玉県川越市で、無免許のうえ酒気帯び状態で軽トラックを運転し歩行者の女性3人をはね、重軽傷を負わせた男(41)を逮捕。
  • 11月27日:北海道登別市若山町の道道で、横断歩道を渡って専門学校生(19)が酒気帯び運転の車にはねられ死亡。運転していた会社員の男(39)を逮捕。男は走行中の車と追い越し合いになり、スピード違反のうえ赤信号を無視して専門学校生をはねており、危険運転致死の疑でも捜査しています。
  • 11月26日:熊本県菊池市でひき逃げ死亡事件。逮捕された容疑者は飲酒運転の疑いでも調べています。熊本県内では4月にも熊本市で、飲酒運転の車に若い男女2人がはねられ死亡する痛ましい事件が発生しています。
  • 11月22日:大阪市平野区の阪神高速松原線で、大型トレーラーが車線を変更をする際に、右側を走行していたタクシーに衝突し客1人が重体、運転手が重傷を負う事故。トレーラーの運転手を逮捕。(トレーラーの運転手の呼気からは、基準を超えるアルコールを検出)
  • 11月19日:沖縄県那覇市の国道28号交差点で、米軍の2トントラックが軽トラックと衝突し、軽トラックの運転手が死亡。2トントラックを運転していた米軍の上等兵(21)を酒気帯び運転の疑いで逮捕。
  • 11月17日:富山県高岡市の県道で酒を飲んで車を運転し、追突事故を起こして逃げた板金工の男(46)を逮捕。
  • 11月16日:熊本市東区で酒を飲んで軽自動車を運転し、バイクに衝突して逃走した同市東区の飲食店従業員の女(25)を逮捕。
  • 11月16日:高知市消防局は、酒気帯び運転で事故を起こし同乗者に重傷を負わせた消防士の男(28)を懲戒免職処分。(事故は8月13日)
  • 11月12日:名古屋市東区で酒気帯びで車を運転し、乗用車と衝突事故を起こして運転していた女性に重傷を負わせる事故。車を運転していた男(26)を逮捕。
  • 11月12日:北海道旭川市の国道で車3台が衝突する事故。最初に事故を起こしたとみられる乗用車を運転していた男(26)を酒気帯び運転の疑いで逮捕。
  • 11月9日:愛知県豊橋市で酒気帯びで軽トラックを運転し、歩行者と衝突して重傷を負わせたとして農業の男(53)を逮捕。
  • 11月5日:富山市婦中町の国道359号線で、砺波市の職員の男(52)が追突事故。警察は酒気帯び運転で逮捕しています。
  • 11月5日:大阪府高石市取石の市道で、飲酒運転の軽乗用車が自転車に乗っていた男性(70)に追突し、死亡させる事故。警察は軽自動車を運転していた堺市西区の会社員の男(28)を逮捕。
  • 11月3日:京都市東山区本町の市道(住宅街)で、母親と歩いていた男の子(6)に、飲酒運転で転倒したバイクがぶつかり重傷。運転していた男を酒気帯び運転で逮捕。
  • 11月3日:秋田県潟上市の国道で、秋田東警察署の警務課長(54)が酒気帯び運転の軽トラックにはねられ死亡。運転していた男(65)を逮捕。
  • 11月3日:飲酒運転の乗用車が軽自動車に衝突し、軽自動車の男性が死亡。乗用車を運転していた藤岡市の男(26)を酒気帯び運転などの疑いで逮捕。
  • 10月31日:10月16日に酒気帯び運転で追突事故を起こした、千葉市中央区役所の職員(65)を懲戒免職。
  • 10月26日:神奈川県川崎市で飲酒運転による死亡ひき逃げ事件。1人が死亡し1人が重傷。20代の男を逮捕。
  • 10月26日:酒気帯び運転による人身事故で、ひたちなか市区画整理2課係長の男(45)を逮捕。10月30日に懲戒免職処分。
  • 10月22日:札幌市東区で父親の酒気帯び運転で単独事故。1才の長男が死亡。
  • 10月21日:東京都町田市で女性(61)がひき逃げされ重体。飲食店店長の男(40)を逮捕。
  • 10月5日:岐阜県羽島市で飲酒運転による死亡事故。40代の男を逮捕。
  • 9月13日:名古屋市南区で普通乗用車と軽自動車が衝突する事故。普通乗用車を運転していた男性が重傷。軽自動車を運転していた男(32)はその場から逃走後に逮捕。(飲酒運転)
  • 9月4日:三重県名張市で、飲酒運転の車がバス停にいた男性2人をはねて死傷させる事故。(20代の男を逮捕)この事件では運転するのを知りながら酒を提供したとして、名張市の居酒屋の店長の男が、11月2日に道路交通法違反の疑いで書類送検されています。

飲酒運転による事故は被害者への賠償や極めて重い刑罰を課されるだけでなく、加害者が死傷した場合や車の損害には、任意保険から保険金は支払われません。またケガの治療には、原則として健康保険からの給付は受けられず、経済的にも大きな負担を強いられることになります。

飲酒運転による事故件数

飲酒運転

平成28年に全国で発生した飲酒運転による交通事故件数は3,757件です。
※警察庁の交通事故統計から。原付以上運転者(第1当事者)

  • 酒酔い:217件
  • 酒気帯び(0.25以上):2,238件
  • 酒気帯び(0.25以下):496件
  • 基準以下:643件
  • 検知不能:163件
トップへ戻る