夏の天候と気温・災害(2018年)

スポンサーリンク

気象・災害を思い出しリスクを予見

2018年の夏

2018年(平成30年)の夏は、東日本と西日本で記録的な猛暑(災害級の暑さ)が続きました。
東日本は6月から8月の気温が平年比+1.7℃となり、1946年の統計開始以降最も高く、西日本は平年比+1.1℃で、統計開始以降で2番目に高くなっています。また過去最高の気温を観測した地域も多かった夏でした。

※データーの出典:気象庁

[目次]

災害級の暑さが続いた夏

2018年(平成30年)の夏は、東日本と西日本で記録的な猛暑(災害級の暑さ)が続きました。

東日本は6月から8月の気温が平年比+1.7℃となり、1946年の統計開始以降最も高く、西日本は平年比+1.1℃で、統計開始以降で2番目に高くなっています。また過去最高の気温を観測した地域も多かった夏でした。

猛暑になった原因

気象庁の発表によると、7月中旬以降の暑さは「シルクロードパターン」と呼ばれる偏西風の大きな蛇行が繰り返されたことにより、太平洋高気圧とチベット高気圧がともに日本付近に張り出し続けたことで、晴れて気温が顕著に上昇する日が多かったことが原因。

※2017年秋から続いた「ラニーニャ現象」は2018年春に終息しており、この夏の高温の原因になっていません。(ラニーニャ現象が夏に続くと猛暑の傾向)

猛暑日を記録した日数と前年比

最高気温が35.0℃以上の猛暑となった日数

都市 2018年 2017年 前年比
新潟市 1 1 0
東京 7 1 +6
名古屋市 20 2 +18
大阪市 13 9 +4
広島市 18 5 +13
高知市 4 3 +1
福岡市 11 9 +2
鹿児島市 5 8 -3
2018年1月~12月の気温と平年差

おもな記録(気温・降水量)

気温

  • 7月16日:岐阜県揖斐川町で39.3℃を観測。全国186の地点で猛暑日を記録。
  • 7月23日 :埼玉県熊谷市で日本歴代最高となる41.1℃を観測。
  • 8月3日: 名古屋市で1890年の観測開始以来、初めて40℃を超え40.3℃を記録。この日の15時時点での猛暑日は全国193地点で観測。
  • 8月6日:岐阜県下呂市金山町で午後2時過ぎに41.0℃を観測し、7月23日に熊谷市で記録した41.1℃に次ぐ全国歴代2位を記録。
  • 8月13日 :大分県日田市で、九州での観測史上最高となる39.9℃を記録。
  • 8月23日:台風20号の影響による「フェーン現象」で、北陸や東北で気温が上がり、新潟県胎内市で40.8℃、同県三条市で40.4℃、同県上越市大潟で40.0℃を観測。北陸地方で40℃を超えたのは観測史上初めて。

降水量

降水量は台風が多く通過した沖縄・奄美で平年比+177%となり、統計史上最多になっています。前線の影響が強かった北海道・東北の日本海側では、平年比+65%、西日本の太平洋側は平年比+133%でした。

自然災害(豪雨・台風)

6月末から7月上旬にかけ、西日本を中心に広い範囲で大雨となりました。6月28日から7月8日にかけては「西日本豪雨」が発生し、人的被害では死者224人、行方不明8人、負傷者459人、建物被害では、住宅の全壊が6,758棟、半壊は10,878棟など、平成で最悪の被害をもたらしています。

7月から9月の台風の発生数は18個で、2000年以降では最も多くなっています。上陸数は5個で2000年以降で3番目に多くなっています。7月下旬には台風12号が東海に上陸したあと、九州に移動する「逆行台風」(史上初めて)が発生しています。

熱中症

出典:消防庁のデーター

7月と8月の搬送者数は前年を大きく上回っています。消防庁の統計期間(5月~9月)の搬送者総数は92,710人と発表されています。(平成25年~平成29年の平均は49,786人)

搬送者数

  • 7月:54,220人(前年比+27,518人)
  • 8月:30,410人(前年比+13,108人)

死者数

  • 7月:133人(前年比+102人)
  • 8月:20人(+6人)

※死者数は病院に運ばれた時点(初診時)で亡くなった人。自宅や屋外で亡くなった人は含まれていません。

熱中症の人を見かけたら・・