北海道の冬(2019年-2020年)気温と降雪量

スポンサーリンク
スポンサーリンク

寒候期予報による気温・降雪量の予想

北海道の冬

北海道の冬

気象庁の寒候期予報(出典:9月25日発表分|PDF)から、北海道地方の気温と降水量・降雪量を掲載しています。
このページに掲載している数値等は、気象庁のデーターから出典したものです。数値を再利用される場合は出典元データーをご使用ください。

12月から2月(3か月間)

平均気温は北からの寒気の影響が弱いため、また冬型の気圧配置は弱いため、日本海側とオホーツク海側の降水量、 および日本海側の降雪量は平年並か少ない見込みとされています。

※冬の気候は「北極振動=北極と北半球中緯度付近の気圧が交互に変わる現象」などもあり、「寒候期予報」では不確定性があるとされています。

日本海側

[気温]

  • 低い:20%
  • 平年並:40%
  • 高い:40%

[降水量]

  • 少ない:40%
  • 平年並:40%
  • 多い:20%

[降雪量]

  • 少ない:40%
  • 平年並:40%
  • 多い:20%

オホーツク海側

[気温]

  • 低い:20%
  • 平年並:40%
  • 高い:40%

[降水量]

  • 少ない:40%
  • 平年並:40%
  • 多い:20%

[降雪量]

予報されていません。

太平洋側

[気温]

  • 低い:30%
  • 平年並:30%
  • 高い:40%

[降水量]

  • 少ない:30%
  • 平年並:30%
  • 多い:40%

[降雪量]

予報されていません。

9月の札幌市の平均気温は19.3℃

札幌市は平年に比べ1.2℃高くなっています。

過去5年間の冬の特徴
  • 期間:12月~2月(3か月間)
  • 気温は平年値と比べた差です。
  • 降雪量は平年値に対する比率です。
期間 気温 降雪量(日本海側)
2018年-19年
(平成31年の冬)
+0.3℃ 72%
2017年-18年
(平成30年の冬)
-0.2℃ 93%
2016年-17年
(平成29年の冬)
+0.3℃ 63%
2015年-16年
(平成28年の冬)
+0.9℃ 79%
2014年-15年
(平成27年の冬)
+1.3℃ 73%
各月1日と15日の気温(平年値)

「平年の気温より高い・・」などで使われる平年値は、現在1980年~2010年の観測データーが使われています。

冬に関する記事
秋の火災予防運動 2019年(令和元年)
令和元年の「秋の全国火災予防運動(秋の火災予防週間)」は、11月9日から15日です。 全国統一防火標語は、『ひとつずつ いいね!で確認 火の用心』。ポスターなどを掲載しています。昨年の火災発生件数は3万7981件で死者数は1427人。出火原因の1位は放火(疑いを含む)です。

全国統一防火標語は『ひとつずつ いいね!で確認 火の用心』

消防庁の「火災発生状況|2018年」によると、道内の火災発生件数は1,685件(年間)です。死者数は88人、負傷者数は299人です。

2019年度から「顕著な大雪情報」が全国で運用が始まります
『顕著な大雪に関する気象情報』は、数年に1度の大雨が降った場合に出される「記録的短時間大雨情報」の雪版に相当。

災害被災地での犯罪(空き巣・泥棒・詐欺)対策
大規模な災害が発生した地域では、混乱に便乗した住宅への不法侵入、ボランティアや公的機関を装った悪質な勧誘・詐欺など、犯罪による二次被害にも注意が必要です。過去の事例や手口をまとめています。