猛暑のあとの冬は寒い?暖冬?(季節ごとの気温)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

3か月ごとの平年差
(季節ごとの気温推移)

過去5年(2016年~2020年)の季節ごとの平年差について、地域(4つの区分)ごとに掲載しています。近年の夏と冬の気温は平年より高い傾向です。

  • 春:3月~5月
  • 夏:6月~8月
  • 秋:9月~11月
  • 冬:12月~翌年2月

[目次]

数値は気象庁の「地域平均気象データー」から出典した2次情報です。数値を再利用される場合は、出典元データーをご使用ください。

北日本

平年並の範囲(季節ごと)


3~5月

6~8月

9~11月

12~2月
-0.4~+0.4 -0.4~+0.4 -0.3~+0.4 -0.2~+0.4

平年差を色分け

  • 気温平年差(℃)です。
  • 気象庁の色分けではありません。
平年差
高い +0.1 ~ +0.5 +0.6 ~ +1.0 +1.1以上
低い -0.1 ~ -0.5 -0.6 ~ -1.0 -1.1以下
季節 平年差 おもな特徴
2021-
2022
///
2021 ///
+1.4 北日本で平年の気温を大きく上回り、4年連続で前年を超えています。
+1.3
2020-
2021
-0.4
2020 +0.9
+0.8
+0.7
2019-
2020
+0.9
2019 +0.5
+0.4
+1.1
2018-
2019
+0.2
2018 +0.6
+0.2
+1.0
2017-
2018
-0.7 期間を通して平年を下回り寒かった冬。
2017 -0.8
0.0
+0.6
2016-
2017
+0.3
2016 -0.9
+0.4
+1.2

東日本

平年並の範囲(季節ごと)


3~5月

6~8月

9~11月

12~2月
-0.3~+0.3 -0.2~+0.2 -0.2~+0.3 -0.3~+0.3

平年差を色分け

  • 気温平年差(℃)です。
  • 気象庁の色分けではありません。
平年差
高い +0.1 ~ +0.5 +0.6 ~ +1.0 +1.1以上
低い -0.1 ~ -0.5 -0.6 ~ -1.0 -1.1以下
季節 平年差 おもな特徴
2021-
2022
///
2021 ///
+0.1
+1.2 3月の気温(平年差)は過去最高。
2020-
2021
+0.7 ラニーニャ冬。しかし2月は統計開始(1946年)以降、2番目に高い(平年差は+2.1℃)。
2020 +0.6 9月は厳しい残暑。
+0.7 6月と8月の気温は統計開始以降でもっとも高い。
+0.5
2019-
2020
+1.9 記録的な暖冬で降雪量はかなり少ない。
2019 +1.2
+0.1
+0.4
2018-
2019
+0.8
2018 +0.4
+1.3 7月と8月は災害級の暑さといわれた夏。
+1.6
2017-
2018
-1.0 ラニーニャで期間を通して寒い冬。福井で豪雪など。
2017 -0.7
+0.2
+0.2
2016-
2017
+0.5 2016年夏から2017年春にかけ、ラニーニャが継続したものの冬は暖冬。
2016 +0.3
+0.2
+1.2
スポンサーリンク

西日本

平年並の範囲(季節ごと)


3~5月

6~8月

9~11月

12~2月
-0.1~+0.2 -0.1~+0.3 -0.3~+0.4 -0.3~+0.4

平年差を色分け

  • 気温平年差(℃)です。
  • 気象庁の区分ではありません。
平年差
高い +0.1 ~ +0.5 +0.6 ~ +1.0 +1.1以上
低い -0.1 ~ -0.5 -0.6 ~ -1.0 -1.1以下
季節 平年差 おもな特徴
2021-
2022
///
2021 ///
+0.1 8月中旬は長雨で平年の気温を下回る。
+1.1 3月の気温平年差は平年より1.0℃以上高い。
2020-
2021
+0.6 ラニーニャが継続した冬。しかし2月は統計開始(1946年)以降で、3番目に高い。
2020 +0.3
+0.4 6月と8月のの気温は統計開始以降で2番目に高い。
+0.2
2019-
2020
+1.8 期間を通して暖冬。降雪量は非常に少ない。
2019 +1.1
-0.2
+0.5
2018-
2019
+1.1
2018 -0.2 9月に入ると気温は大きく低下。
+0.9 7月と8月は災害級の暑さといわれた夏。
+1.1
2017-
2018
-1.5 ラニーニャ継続で期間を通して寒い冬。
2017 -0.5
+0.4
+0.2
2016-
2017
+0.5 ラニーニャが継続したものの冬は暖冬。
2016 +0.9
+0.5
+1.0

沖縄・奄美

平年並の範囲(季節ごと)


3~5月

6~8月

9~11月

12~2月
-0.3~+0.2 -0.1~+0.1 -0.2~+0.2 -0.3~+0.0

平年差を色分け

  • 気温平年差(℃)です。
  • 気象庁の色分けではありません。
平年差
高い +0.1 ~ +0.5 +0.6 ~ +1.0 +1.1以上
低い -0.1 ~ -0.5 -0.6 ~ -1.0 -1.1以下
季節 平年差 おもな特徴
2021-
2022
///
2021 ///
+0.2
+0.2
2020-
2021
+0.1
2020 +0.4
+0.6
0.0
2019-
2020
+1.0
2019 +0.3
0.0
+0.6
2018-
2019
+1.5
2018 -0.2
-0.2
+0.6
2017-
2018
-0.6
2017 +1.0
+0.5
-0.3
2016-
2017
+0.8
2016 +1.0
+0.8
+0.8

近年でラニーニャが発生した年

エルニーニョ/ラニーニャ監視速報によると、2021年7月現在は平常の状態ということです。また秋にかけては、平常の状態である可能性が高い(70%)と発表しています。

2010年以降の発生

  • 2020年秋-2021年春:東日本と西日本で「平年並」。12月と1月は前シーズンが記録的暖冬だったため、相対的には寒かった。しかし2月の気温平年差は前年をさらに上回る暖冬。インフルエンザの患者数は例年と比較して非常に少なく、流行は発表されていません。
  • 2017年秋 – 2018年春:北陸地方を中心に大きな被害を出した「平成30年豪雪」がありました。12月~2月は全国的に寒い冬となり、特に西日本は日本海側で、平年より1.2℃、太平洋側は1.3℃低い寒さでした。西日本で12月~2月の平均気温が平年より1.0℃以上低くなったのは22年ぶり。
    またこの冬はインフルエンザ患者数が約1489.6万人(国立感染症研究所の推計値)で、過去10年でもっとも多くなっています。
  • 2016年夏 – 2017年春:関東・甲信越で11月に初雪を観測。しかし12月~2月は全国的に暖冬傾向
  • 2014年夏 -2015年冬:西日本と北日本の日本海側で、12月~2月上旬まで寒波の到来が目立った。また降雪も多かった。
  • 2010年夏 – 2011年秋:12月~2月の気温は、北日本で平年よりやや高く、東・西日本ではほぼ平年並み。

ラニーニャ発生時の冬の特徴気象庁の“ラニーニャ現象発生時の日本の天候の特徴”によると、発生期間によって影響が異なるということです。

11月を中心とする10月-12月に発生

  • 平均気温:東日本で低い傾向。
  • 降 水 量:西日本(太平洋側)で少ない傾向。西日本(日本海側)で並か少ない傾向。
  • 日照時間:沖縄・奄美で少ない傾向。

12月を中心とする11月-1月に発生

  • 平均気温:東日本で低い傾向。
  • 降 水 量:東・西日本(太平洋側)で少ない傾向
  • 日照時間:北日本(太平洋側)、西日本で多い傾向
スポンサーリンク
シェアする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
事件・事故・災害アーカイブ