関東・甲信の冬(2019-2020年)気温予想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

寒候期予報による気温と降水量

関東・甲信の冬

関東・甲信の冬

気象庁の寒候期予報(出典:9月25日発表分|PDF)から、関東・甲信地方(東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県・山梨県・長野県)の気温と降水量を掲載しています。
このページに掲載している数値等は、気象庁のデーターから出典したものです。数値を再利用される場合は出典元データーをご使用ください。

12月から2月(3か月間)

関東・甲信地方の天候は平年と同様に晴れの日が多い見通し。気温は寒気の南下が弱いため平年並か高く、降水量はほぼ平年並の見込みと発表されています。

※冬の気候は「北極振動=北極と北半球中緯度付近の気圧が交互に変わる現象」などの影響もあり、「寒候期予報」では不確定性があるとされています。

[気温]平年並みか高い

  • 低い:20%
  • 平年並:40%
  • 高い:40%

[降水量]ほぼ平年並み

  • 少ない:30%
  • 平年並:30%
  • 多い:40%
9月の平均気温は千代田区で25.1℃、さいたま市で25.0℃

東京都(千代田区)、さいたま市は平年より2.3℃高く、厳しい残暑が続きました。

過去5年間の冬の特徴
  • 期間:12月~2月(3か月間)
  • 気温は平年値と比べた差です。
期間 気温
2018年-19年
(平成31年の冬)
+1.1℃
2017年-18年
(平成30年の冬)
-0.5℃
2016年-17年
(平成29年の冬)
+0.9℃
2015年-16年
(平成28年の冬)
+1.4℃
2014年-15年
(平成27年の冬)
-0.1℃
各月1日と15日の気温(平年値)

「平年の気温より高い・・」などで使われる平年値は、現在1980年~2010年の観測データーが使われています。

冬に関する記事
秋の火災予防運動 2020年(令和2年)
令和2年の「秋の全国火災予防運動(秋の火災予防週間)」は、11月9日(月)から15日(日)に実施。 2020年度の全国統一防火標語は、『その火事を 防ぐあなたに 金メダル」』ポスターなどを掲載しています。2019年の総出火件数は37,538件。毎日どこかで103件(平均)の火災が発生しています。

全国統一防火標語は『ひとつずつ いいね!で確認 火の用心』

消防庁の「火災発生状況|2018年版」によると、昨年の人口1万人あたりの出火件数は、長野県が4.45件で全国で2番目に多くなっています。山梨県が4.16件で全国で4番目に多く、茨城県は3.92件で8番目に多くなっています。(全国平均は2.97件)

「顕著な大雪情報」が全国で運用開始
『顕著な大雪に関する気象情報』は、数年に1度の大雨が降った場合に出される「記録的短時間大雨情報」の雪版に相当。

このたびの「台風19号」により、被災された方々に心からお見舞い申し上げます。

災害被災地での犯罪(空き巣・泥棒・詐欺)対策
豪雨や台風、地震などの大規模な災害が発生した地域では、混乱に便乗した住宅への不法侵入、ボランティアや公的機関を装った悪質な勧誘・詐欺など、犯罪による二次被害にも注意が必要です。過去の事例や手口を掲載しています。
スポンサーリンク
シェアする

過去の記事(一部広告を含む)



事件・事故・災害アーカイブ