太陽光発電に関するアンケート電話(不審電話)

スポンサーリンク

2019年4月現在「太陽光発電に関する重要なお知らせ」として、不特定多数に自動音声ガイダンスによる不審な電話が多く発生しています。

太陽光発電に関するアンケート

アンケート電話自体は自動音声の使用を含め、違法な行為ではありません。しかし社名を名乗らない、実在しない(運営元を確認できない)場合は、営業リサーチ、個人情報の収集が目的の場合があります。

不審電話の概要

太陽光発電の電気買い取りが、2019年以降に随時終了」などの自動音声による案内から始まり、簡単な調査ですので協力してくださいというメッセージ。
会社名は一切名乗らず、「太陽光発電運用サポート事業部」、「太陽光発電運用技術サポート」など複数の名称で架電があるようです。

例:現在、太陽光発電、設備(パネルなど)を使っている場合は「1」、使っていない場合は「2」など。

目的

最初に会社名や運営組織(責任元)を一切名乗らないため、マーケティングリサーチが目的と推測されます。自動音声で不特定多数にかけ、アンケートに応じた電話番号等の情報、回答内容を転売される可能性もあります。

また回答を行った人は、営業活動に抵抗が少ないと判断される場合もあります。

2019年に「固定価格買取制度」自体が終了するわけではありません。
詳しくは経済産業省「資源エネルギー庁」のホームページをご参照ください。
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/solar-2019after/faq.html

回答は慎重に!

アンケートを実施している会社、責任元が不明、信頼性に不安を感じた場合は、安易に回答することは控えましょう。自動音声、電話の数字ボタンでの回答であっても、すべて情報は記録されます。

またご高齢者は特に悪質な業者に狙われやすい傾向です。普段インターネットを使われない方には、電話などで注意するように伝えましょう。

GWやお盆、お正月などで帰省されたときは、特殊詐欺や悪質な訪問販売に気を付けるように伝えましょう。

もし悪質な勧誘を受けたら・・

全国の消費者センターにご相談。

消費者センター188番

関連記事(不審な電話・詐欺)
中部電力(中電)の自動音声アンケート(不審電話)
自動音声で「中部電力管内(エリア)のお客様に、電気料金、ガス料金、太陽光発電などのアンケート・・」への協力といった、不審な電話が多発しています。 2019年3月現在、多発中 また増加し始めているようです。中部電力を装ったものだけでなく、...
リサイクルショップを名乗る不審電話(押し買い)に注意!
リサイクルショップなどを名乗り、アクセサリーなどの貴金属を相場より安く買い取る「押し買い」被害に注意!不審な勧誘電話が目立っています。年末、年度末は特に注意が必要です。
オレオレ詐欺の犯人(手配写真)
オレオレ詐欺、振り込め詐欺などで、警察が公開捜査している犯人(受け子など)の写真をまとめています。