今年の冬は寒い。2022年から2023年の気温と雪の予想

スポンサーリンク
スポンサーリンク

今年の冬は寒い
2022年12月~2023年2月の気温は、全国的に平年より低くなる予想。

[目次]

このページに掲載している数値・予想確率の元画像は、気象庁のデーターから出典した二次情報です。数値・画像を再利用される場合は出典元(気象庁)データーをご使用ください。また表やグラフ等は数値を元に当サイトで作成したものです。

冬の気温は平年より低く
日本海側の雪は多くなる予想

9月20日発表の「寒候期予報」によると、2022年12月から2023年2月(全般)の気温は全国的に平年より低くなる予想です。

各地域の数字は左から低い・平年並・高い確率(%)です。
冬の気温予想
「寒候期予報」での予想です。気象庁は10月25日頃の「3か月予報」に合わせて、変更がある場合は修正発表するということです。(修正された場合は上記も更新します)

12月~2月の雪の予想確率(日本海側)

少ない(%)平年並(%)多い(%)
北日本
30
30
40
東日本
20
40
40
西日本
20
40
40

▲九州[北部]地方を除く

12月から2月の降水量の予想[表示]

降水量

  • 日:日本海側
  • 太:太平洋側
少ない(%)平年並(%)多い(%)
北日本(日)
30
30
40
北日本(太)
30
40
30
東日本(日)
20
40
40
東日本(太)
40
40
20
西日本(日)
30
40
30
西日本(太)
40
40
20
沖縄奄美
40
40
20

10月~3月の気温平年差(過去5年)

  • 2017年以降の10月~3月です。
  • 各月(タブ)で表示します。
  • 地域平均気象データから出典
  • デバイスにより横スクロールします。
  • 表は当サイトで作成し色分けしています。
平年差(℃)
高い+0.1 ~ +0.5+0.6 ~ +1.0+1.1以上
低い-0.1 ~ -0.5-0.6 ~ -1.0-1.1以下
10月11月12月1月2月3月降雪量

10月の気温(平年差)

2022年10月の気温は、いずれの地域も平年より高い予想です。

201720182019202020212022
北日本-0.9+0.8+1.2+0.4+0.3///
東日本-0.5+0.6+1.6-0.5+0.6///
西日本±0.0-0.4+1.4-0.4+0.9///
沖縄
奄美
+1.5-1.3+0.4+0.2+0.6///


11月の気温(平年差)

2022年11月の気温は、北日本と沖縄・奄美で平年より高く、東・西日本では平年並の予想です。

201720182019202020212022
北日本-0.7+1.0-0.6+1.0+1.7///
東日本-0.8+1.1+0.5+1.2+0.5///
西日本-0.9+0.1+0.5+1.0-0.2///
沖縄
奄美
+0.4+0.3+0.3+1.0-0.6///


12月の気温(平年差)

2022年12月の気温は、いずれの地域も平年より低くなる予想です。

201720182019202020212022
北日本-0.1+0.1+0.4-0.7+0.5///
東日本-1.3+0.8+0.7+0.8+0.7///
西日本-1.8+1.0+1.2-0.5±0.0///
沖縄
奄美
-0.8+1.3+0.8+0.1-0.1///


1月の気温(平年差)

201720182019202020212022
北日本-0.1+0.3+0.2+1.3-1.0-0.2
東日本+0.2-0.7+0.3+2.5+0.1-0.6
西日本+0.3-1.1+0.9+2.6±0.0-0.2
沖縄
奄美
+1.2±0.0+1.0+1.2-0.8+0.6


2月の気温(平年差)

201720182019202020212022
北日本+0.7-1.2+0.4+1.1+0.7+0.1
東日本+0.2-1.0+1.4+2.0+2.0-1.0
西日本-0.1-1.6+1.4+1.6+2.1-1.4
沖縄
奄美
-0.3-0.9+2.4+1.0+1.0-0.4


3月の気温(平年差)

201720182019202020212022
北日本-0.1+1.5+1.1+2.0+2.6+1.2
東日本-0.8+2.0+1.1+1.6+2.9+1.6
西日本-0.8+1.4+0.8+1.4+2.6+1.6
沖縄
奄美
-0.6+0.7+0.9+0.9+1.6+1.3

近年の3月は気温が高いですね。2021年3月は北・東・西日本で統計開始(1946年)以降で1位、沖縄・奄美は2位の記録です。


降雪量(12月~2月)
平年を100とした場合の比率(%)です。九州[北部]地域は含まれません。

2017
-18
2018
-19
2019
-20
2020
-21
2021
-22
北日本
日本海側
1178654105114
東日本
日本海側
2004111141124
西日本
日本海側
21591623182

気象庁の区分で平年並の範囲(12月~2月)は、下記のとおりです。平年より高いと「暖冬」低いと「寒冬」です。

平年差北日本東日本西日本沖縄・奄美
-0.2~+0.4-0.3~+0.3-0.3~+0.4-0.3~+0.0

1か月予報(10月28日まで)

気温予想

9月29日発表分

10月1日から1週間の気温は、北日本で高い確率が50%、東日本と沖縄・奄美で高い確率70%、西日本で高い確率が80%と予想されています。前回(9月22日)の予想と比べ、北海道、東北、関東・甲信、北陸で、平年より高い確率が少し下がっています。

各地域の数字は左から低い・平年並・高い確率(%)です。
※画像が表示されない場合は、お手数ですがページの再読み込みをお願いいたします。

2022年10月1日~10月7日の気温

10月1日~10月7日の気温

2022年10月8日~10月15日の気温

10月8日~10月14日の気温

2022年10月15日~10月28日の気温

10月15日~10月28日の気温

10月8日頃からは関東・甲信、東海、近畿、中国、四国、九州で平年並(最高気温は25℃前後が多い)の予想です。

3か月予報(12月まで)

気温予想

9月20日発表分

10月の気温は全国的に平年より高い予想です。

各地域の数字は左から低い・平年並・高い確率(%)です。
※画像が表示されない場合は、お手数ですがページの再読み込みをお願いいたします。

2022年10月の気温

10月の気温予想

2022年11月の気温

11月の気温予想

2022年12月の気温予想

12月の気温予想

2022年7月~12月の気温(地域平年差℃)

  • 2022年7月~12月の気温推移
    2022年7月~12月の気温推移

▲スワイプ(スライド)で2021年の1月~12月を表示します。

スポンサーリンク

地域別の気温予想

新潟県は北陸、山口県は九州[北部]の区分です。

10月上旬と中旬の平年値

全国約100地点について、最高気温と最低気温の平年値(旬ごとの平均気温)を掲載しています。地域名をクリックまたはタップで表示します。

北海道

リンクのある都市は、他の月の平年値(気温と降水・降雪量)を掲載しています。

都市10月上旬10月中旬
最高最低最高最低
稚内16.410.514.18.5
旭川17.36.814.94.1
富良野17.26.315.03.6
北見17.86.415.53.6
釧路17.08.715.25.7
帯広18.27.916.04.9
留萌17.48.815.16.8
札幌18.710.316.47.9
函館19.310.217.37.5

※留萌の10月上旬に誤りがありました。お詫びし訂正いたします。

東北

リンクのある都市は、他の月の平年値(気温と降水・降雪量)を掲載しています。

都市10月上旬10月中旬
最高最低最高最低
青森20.411.518.58.9
八戸20.011.418.58.9
秋田21.312.719.110.1
大館20.39.518.66.8
盛岡20.010.318.17.7
大船渡20.912.519.210.1
仙台21.714.220.011.9
気仙沼20.812.019.19.6
山形21.712.219.79.8
酒田22.013.720.011.4
福島22.414.120.711.7
郡山21.412.521.412.5
若松21.912.319.89.7
小名浜22.515.520.913.3
関東・甲信
  • 東京の観測地点は千代田区
  • 上越の観測地点は高田
  • つくばの観測地点は館野
  • リンクのある都市は、他の月の平年値(気温と降水・降雪量)を掲載しています。
都市10月上旬10月中旬
最高最低最高最低
新潟22.715.020.812.7
上越23.514.421.612.1
村上22.312.821.612.1
宇都宮23.315.221.512.8
奥日光15.48.013.85.8
前橋23.615.521.913.3
草津16.28.414.86.0
水戸22.914.921.312.7
日立23.617.020.813.8
つくば23.014.721.412.3
さいたま23.815.922.113.8
熊谷24.016.122.313.9
秩父22.613.920.911.5
千葉24.017.622.315.7
銚子23.018.621.517.0
館山23.014.923.014.9
東京23.716.722.115.0
八王子23.315.321.613.2
横浜23.817.622.115.8
小田原23.916.322.314.2
甲府24.515.522.713.2
長野21.913.019.910.3
軽井沢18.08.916.46.2
松本21.911.920.09.3
飯田23.013.321.210.8
東海・北陸

リンクのある都市は、他の月の平年値(気温と降水・降雪量)を掲載しています。

都市10月上旬10月中旬
最高最低最高最低
静岡25.317.823.715.
熱海23.517.921.916.2
御前崎24.618.923.117.3
浜松25.418.323.816.4
名古屋25.217.123.615.1
豊橋25.317.823.115.2
豊田25.315.423.613.1
南知多24.416.822.814.7
岐阜25.416.823.914.6
高山22.011.820.19.3
中津川24.913.922.111.5
24.517.722.915.7
四日市24.215.322.713.2
尾鷲24.817.123.515.1
富山23.515.221.813.2
金沢23.816.121.914.0
輪島23.014.221.011.8
福井24.115.322.313.1
敦賀24.116.522.414.4
近畿

リンクのある都市は、他の月の平年値(気温と降水・降雪量)を掲載しています。

都市10月上旬10月中旬
最高最低最高最低
大津24.215.622.413.3
米原23.213.821.410.8
京都25.316.723.614.5
舞鶴22.113.222.113.2
奈良24.615.122.812.9
和歌山25.317.823.615.7
大阪25.818.123.916.2
枚方25.516.523.714.4
神戸25.218.823.416.9
豊岡24.114.922.412.6
姫路25.015.823.313.5
中国・四国

リンクのある都市は、他の月の平年値(気温と降水・降雪量)を掲載しています。

都市10月上旬10月中旬
最高最低最高最低
岡山25.415.823.613.5
津山24.013.822.311.2
広島25.717.124.114.9
庄原23.111.821.39.0
鳥取24.315.122.512.8
松江23.815.622.113.4
浜田23.815.722.213.7
山口25.615.324.013.0
24.115.722.513.6
高松25.117.423.415.2
徳島25.118.123.416.1
松山25.617.324.115.2
宇和島24.515.224.515.2
高知26.718.025.315.8
室戸岬23.819.222.317.9
九州・沖縄

リンクのある都市は、他の月の平年値(気温・降水量)を掲載しています。

都市10月上旬10月中旬
最高最低最高最低
福岡25.518.024.016.1
八幡25.016.923.414.8
佐賀26.116.924.714.8
長崎26.018.524.416.6
熊本26.817.225.415.0
人吉26.315.824.813.1
大分25.117.423.615.2
宮崎26.217.924.915.8
鹿児島27.520.026.218.0
那覇29.224.528.223.6
石垣島29.724.728.824.0

エルニーニョ/ラニーニャ現象

ラニーニャ現象が長く続いています。(出典:エルニーニョ/ラニーニャ監視速報

9月9日発表分

エルニーニョ/ラニーニャ監視速報によると「ラニーニャ現象が続いているとみられる」と発表しています。今後、冬にかけて「ラニーニャ現象」が続く可能は70%と予想されています。

現在の「ラニーニャ現象」は、2021年秋(10月)から始まっており8月まで10か月継続しています。過去30年でもっと長かったのは1998年夏から2000年春です。

ラニーニャ現象2022年

ラニーニャ現象が継続した冬

  • 2001年以降で冬の期間(12月~2月)に継続
  • 期間の気温平年差(℃)
  • 降雪量(平年を100とした場合)の比率(%)
  • 数値の出典は地域平均気象データー(気象庁)
    (表は当サイトで作成し色分け)
    (デバイスにより横スクロール)
  • 日:日本海側|太:太平洋側
気温平年差(℃)
高い+0.1 ~ +0.5+0.6 ~ +1.0+1.1以上
低い-0.1 ~ -0.5-0.6 ~ -1.0-1.1以下

※2021年秋からの「ラニーニャ現象」は2022年9月の発表時点です。

継続期間
北日本東日本西日本
上段:12月から2月(3か月間の気温平年差)
下段:降雪量(平年値に対する比率%)
2021年秋‐
継続中
2021-
22年
+0.1+0.1-0.5-0.5-0.5-0.6
114102124888250
2017年秋‐
2018年春
2017-
18年
-0.8-0.6-1.3-0.9-1.5-1.5
117120200119215121
2016年秋‐
2017年春
2016-
17年
+0.3+0.3+0.5+0.5+0.6+0.5
8596684911387
2011年秋-
2012年冬
2011-
12年
-1.5-1.6-0.4-1.0-1.1-0.9
1211141798615576
2005年秋-
2006年春
2005-
06年
-1.1-1.0-1.6-1.2-1.1-1.0
120129141117136248
  • 2021年-22年:冬の期間を通しての気温は、東日本と西日本で平年を0.5℃以上低い「寒冬」になりました。(2月は1.0℃以上低い)
  • 2017年‐18年:西日本の気温は22年ぶりに平年より1.0℃下回る「寒冬」になりました。降雪も多く「北陸豪雪」も発生しています。
スポンサーリンク

いつから寒いの?
(最低気温が10℃未満になる日)

最低気温が10℃を未満になる平年値(日)です。日中の最高気温も20℃前後になり、朝夕は肌寒さを感じるようになります。

都市平年日都市平年日
札幌10月7日仙台10月25日
新潟10月30日さいたま11月1日
東京11月10日長野10月17日
金沢11月6日名古屋11月9日
大阪11月17日広島11月12日
松江11月3日高知11月15日
福岡11月19日鹿児島11月29日

※東京都の観測地点は千代田区です。

いつから寒い?
(最低気温が10℃未満になる日)

▲全国70地点以上の平年日と過去3年間の記録を掲載しています。

おもな都市の平均気温・降雪

1月~12月の上旬・中旬・下旬について、最高と最低の平均気温と降雪量(降雪地域のみ)を掲載しています。※リンク先ページに移動します。

近年年の冬の気温
(過去10シーズン)

2012年-13年~2021年-22年の10シーズンについて、地域平均気象データかからグラフ・表にして色分けしています。

地域別の気温平年差[グラフ]

近年の冬の気温(地域別平年差)

地域別の気温平年差 [表]

平年差
高い+0.1 ~ +0.5+0.6 ~ +1.0+1.1以上
低い-0.1 ~ -0.5-0.6 ~ -1.0-1.1以下
12月~2月北日本東日本西日本沖縄
奄美
2021-22年+0.1-0.5-0.50.0
2020-21年-0.4+0.7+0.6+0.1
2019-20年+0.9+1.9+1.8+1.0
2018-19年+0.2+0.8+1.1+1.5
2017-18年-0.7-1.0-1.5-0.6
2016-17年+0.3+0.5+0.5+0.8
2015-16年+0.8+1.1+0.7+0.3
2014-15年+0.5-0.4-0.5-0.8
2013-14年-0.1-0.5-0.4-0.6
2012-13年-1.4-1.1-0.9+0.1

2021年‐22年の冬
(前シーズンを振り返る)

気象庁の「寒候期予報=2021年9月25日」とその後の3か月予報に、おおむね近い気温になったようです。特に西日本の1月と2月は予報通りで、期間を通して寒い冬になりました。

2021年12月

気温(平年差)は、北日本で+0.7℃、東日本は+0.2℃です。西日本は平年値と同じです。いずれも月間では前年より気温が高くなっています。「寒候期予報」と比べると北日本は予報通り、東日本と西日本、沖縄・奄美は平年より低い予想でしたが、気温区分では平年並でした。

2022年1月

気温(平年差)は、東日本で平年より0.6℃低くなりました(3年ぶり)。北日本と西日本は気象庁の区分では平年並です。沖縄・奄美をのぞき、前年よりは低く冬らしい寒さになっています。

降雪量(平年比)は、北日本で112%(2021年は125%)でやや多くなりました。東日本は77%(2021年も同じ)で平年よりは少なく、西日本は52%(2021年は250%)で、昨年に比べるとかなり少なくなっています。

2022年2月

気温(平年差)は、北日本で平年より1.0℃高くなっています。東日本では1.0℃低く、西日本は1.4℃低く、沖縄・奄美も0.4℃低くなりました。

降雪量(平年比)は、降雪量は東日本で平年の132%、北日本と西日本はほぼ平年並でした。

スポンサーリンク

2021年-22年の月ごとの平年差(℃)

地域11月12月1月2月3月
北日本+1.7+0.5-0.2+0.1+1.2
東日本+0.5+0.2-0.6-1.0+1.6
西日本-0.20.0-0.2-1.4+1.6
沖縄
奄美
-0.6-0.1+0.6-0.4+1.3

降雪量(日本海側)

  • 平年を100とした比率(%)
  • 全般の比率は3か月間の平均ではありません。
地域全般12月1月2月
北日本
日本海側
114117115108
東日本
日本海側
12415778164
西日本
日本海側
8224934125

西日本(日本海側)の気温平年差(12月‐2月の全般)は、前シーズンは平年より0.5℃高く、今シーズンは0.5℃低くなっています。しかし降雪量については前シーズンが平年の231%で、今シーズンは82%です。約3分の1の降雪量でした。

さらに地域別では(12区分)

北海道、東北、関東・甲信・・などの地域区分の気温平年差と降雪量

  • 2021年12月‐2022年2月(3か月間)
  • 気温は平年差(℃)
  • 降雪量は平年を100とした比率(%)
  • 新潟県は北陸、静岡県は東海、山口県は九州[北部]に区分されています。
地域気温(℃)降雪量(%)
北海道+0.4日本海側108
オホーツク海側113
太平洋側91
東北-0.3日本海側124
太平洋側107
関東・甲信-0.596
北陸-0.5124
東海-0.594
近畿-0.5日本海側211
太平洋側40
中国-0.4山陰114
山陽52
四国-0.675
九州(北部)-0.53
九州(南部)-0.70
奄美-0.3///
沖縄+0.1///

気象庁の基準など

出典:気象庁の過去の気象データー

冬の気象予測は難しい・・

冬の気温や雪の予想は、「エルニーニョ/ラニーニャ」だけでなく、「北極振動」や「太陽活動」「偏西風」の影響、「日本海寒帯気団収束帯」の発生など複数の要因が関係するといわれ、夏より予測が難しいとされています。特に近年の局地的な大雪は、気温だけでなく気圧配置による寒気の強さ、流れ込み頻度などが大きく影響するということです。

北極振動

北極と北半球中緯度付近の気圧が交互に変わる現象。北半球中緯度付近の気圧が低い場合は寒気の流れ込みが多くなり、北日本・東日本で大雪の日が多くなる傾向。変動する詳しい原因は解明されていないそうです。

日本海寒帯気団収束帯

大雪の気象情報で聞くことが少しづつ増えてきました。冬に日本海で寒気の吹き出しに伴って形成される1000km程度の収束帯(略:JPCZ)で、特に西日本(日本海側)の地域で局地的な大雪になることが多いということです。2018年2月5日~8日に北陸を中心に大きな被害が発生した「平成30年豪雪」などが、この収束帯による影響ということです。形成過程は異なりますが夏に局地的な大雨をもたらす「線状降水帯」のように、発表があった場合は注意が必要ですね。

「寒候期予報」って、あたるの?

今シーズンと前シーズンの「寒候期予報」を比較。前シーズンは東北地方で平年の気温をやや下回ったものの、その他の地域はほぼ予報通りになりました。

寒候期予報(今シーズン)寒候期予報(前シーズン)
今シーズン前シーズン
スポンサーリンク

寒い冬に気をつけること

空気が乾燥する季節です。火災にご注意を。また除雪作業中の事故、ヒートショックにも注意が必要です。

冬の事故防止

事故・災害

  • 除雪作業での事故
  • 落雪事故
    最近では太陽光発電の普及により、屋根に設置した太陽電池パネルに積もった雪が滑り落ち、ケガや車などが損傷する事故も起きています。
  • 雪に不慣れな地域では、路面凍結などによる交通事故、転倒事故
  • 交通事故
  • 脳梗塞、心筋梗塞などの病気

強い寒気(寒波)が来たら!
雪による事故・トラブル

ヒートショックに注意

高齢者の入浴には特に注意が必要

家の中での急激な寒暖差による事故(血圧の変動による失神や心筋梗塞、脳梗塞など)が多く発生しています。消費者庁の資料(PDF)によると、高齢者事故のうち約7割を占める入浴中(居住施設)の死者数は毎年増加しており、救急搬送者数では12月~2月に多くなっています。

ヒートショックのご注意

  • 浴槽にシャワーでお湯を溜めることで、浴室全体を温めることが出来ます。
  • 入浴前にコップ1杯の水を飲む。
    (水分補給が大切)
  • 飲酒後、薬の服用後の入浴は厳禁。
  • 入浴時間は10分以内が目安。
  • 食事をした直後の入浴も避ける。
  • 入浴前にシャワーやかけ湯などで体を温める。
  • 熱いお湯にしない。(38℃~40℃が目安)
  • 高齢者は遅い時間に入浴しない。出来る限り、家族のいる時間帯に入浴し入浴前に一声掛けて見守ってもらう。

お湯につかるとき、お湯から出るときは、急がずにゆっくり、ゆっくりが大切です!お湯から急に立ち上がると水圧から解放された血管が一気に拡張し、脳への血流が少なくなることで、一時的な意識障害が発生することがあります

ヒートショックによる事故はトイレ等でも発生しています。トイレ用の人感センサー付き小型ファンヒーターなどを備えると事故防止に役立ちます。

火災発生件数は3万5077件

消防庁によると2021年に全国で発生した火災の総件数は、3万5077件で死者は1400人、負傷者は5361人です。毎日どこかで約96件の火災が発生しています。

出火原因の1位は放火および放火の疑いで3,859件(全体の11.6%)、建物火災の出火原因1位はコンロで2,667件です。また死者が発生した火災のうち、227件(258人)は出火原因が放火および放火の疑いです。

火災の怖さは複数の死傷者が発生することが多く、また近隣への被害が拡大することも少なくないことです。気温が低くなると暖房器具を使う機会も増えます。また空気も乾燥する季節です。暖房器具や消火設備の点検、火事を起こさないための知識の共有が大切です。

令和4年度の全国統一防火標語

2022年度全国統一防火標語は「お出かけは マスク戸締り 火の用心」

寒い日には・・猫バンバン

寒い日は車の下やタイヤハウスに、猫が隠れていることも。
エンジンを始動する前に、ボンネットを軽く叩くなどで、
確認しましょう。

お願いします。