交通事故防止・交通安全に関する情報

スポンサーリンク

被害者にも加害者にもならない!

交通事故は毎年減少傾向が続いています。しかし昨年(2019年)においても、全国で1日あたり1,040件の人身事故が発生し1,260人が負傷、8.8人が亡くなっており、まだまだ身近にある大きなリスクです。毎日の発生状況、事故の特徴を知ることで、安全運転や事故の抑止に役立ちます。

被害者にも加害者にもならない

スポンサーリンク

交通事故の発生状況・特徴

交通死亡事故ランキング

交通事故日報・月報等から、発生状況や交通安全に関する最新情報を掲載しています。

交通事故の発生状況とランキング(2020年)
[最新データー]全国の交通事故発生状況について「交通事故日報・月報」等から、データーを掲載しています。現在「新型コロナウイルス」の影響で、休校または入学・新学期が延期されているところもあり、子どもの事故に注意が必要です。

交通安全運動

春・夏・秋・年末(冬)の運動

春と秋は全国統一、夏と年末は都道府県ごとに実施されます。各運動の期間、重点項目、ポスターを掲載しています。※内閣府・警察庁・各都道府県の情報で、発表されしだい更新。

春の全国交通安全運動(2020年)
2020年(令和2年)の「春の全国交通安全運動」は、4月6日(月)から4月15日(水)です。期間中の交通事故発生件数は7,645件、負傷者数は9,099人、死者数は63人でした。死者数が多かったのは愛知県で6人、東京都と埼玉県が各5人、香川県が4人の順です。
夏の交通安全運動 (2019年)
「夏の交通安全運動」は、都道府県ごとに実施されます。それぞれの実施期間、スローガン、ポスターなどをまとめています。
秋の全国交通安全運動(2019年)
2019年の「秋の全国交通安全運動」期間中の死者数は89人(前年比-5人)、人身事故発生件数は9,540件(前年比-950件)、負傷者数は11,532人(前年比:-1,355人)と発表されています。
年末・年始の交通安全運動(2019年)
令和元年度の「年末・年始の交通安全運動」について、都道府県ごとの実施期間、ポスターなどを掲載しています。12月は年間でもっとも交通事故死者数が多い月です。(昨年は410人で前年より29人増加)

交通死亡事故多発警報

被害者にも加害者にもならない為に!

交通違反や事故の特徴

「携帯電話」に事故の連絡が入ることがないように。交通事故に関するさまざまなデーターを知ることで、事故抑止効果につながると思います。

歩きスマホ・ながらスマホ「8つの危険」

交通違反の検挙状況