交通事故防止・交通安全に関する情報

スポンサーリンク
スポンサーリンク

被害者にも加害者にもならない!

交通事故は毎年減少傾向が続いています。しかし昨年(2021年)においても、全国で1日あたり約837件の人身事故が発生し約991人が負傷、7.2人が亡くなっており、まだまだ身近にある大きなリスクです。毎日の発生状況、事故の特徴を知ることで、安全運転や事故の抑止に役立ちます。

被害者にも加害者にもならない

令和4年度「交通安全スローガン(標語)」をランダムに表示

すべての標語[表示]

出典:全日本交通安全協会

▼運転者・同乗者に呼びかけるもの

  • 手を上げる 子どもはあなたを 信じてる
  • ゆるさない ハンドル・スマホの 二刀流
  • 知らせ合う 早めのライトと 反射材
  • 通学路 速度を落とす 思いやり
  • おじいちゃん 今度は僕が 乗せる番
  • 乗るのなら しっかりお酒と ディスタンス
  • 「締めました!」 乗る人みんなの 合言葉

▼歩行者・自転車利用者に呼びかけるもの

  • スマホじゃない 見るのは前でしょ 周りでしょ
  • 自転車の すり抜け 飛び出し 事故のもと
  • 自転車も ルールを守る ドライバー
  • イヤホンで ふさぐな町の 声と音
  • 反射材 主役になります 暗い道
  • 確認の 甘さが苦い 事故を呼ぶ

▼子供たちに交通安全を呼びかけるもの

  • とうげこう よそみ おしゃべり きけんがいっぱい
  • 反射材 光って目立って 金メダル
  • あぶないよ 青でもきちんと みぎひだり
  • 手を上げて 運転手さんに ごあいさつ
  • しんごうが まばたきはじめた はい!とまれ!
  • くらいとき じぶんをアピール ぴっかぴか
  • ヘルメット かぶるだけでも 救える命

交通事故の発生状況・特徴

交通死亡事故ランキング

交通事故日報・月報等から、発生状況や交通安全に関する最新情報を掲載しています。

交通事故の発生状況とランキング(2022年)
[最新データー]全国の交通事故発生状況について「交通事故日報・月報」等から、人身事故件数、負傷者数、死者数の順位を掲載しています。横断歩道、交差点での事故にご注意を!

交通安全運動

春・夏・秋・年末(冬)の運動

春と秋は全国統一、夏と年末は都道府県ごとに実施されます。各運動の期間、重点項目、ポスターを掲載しています。※内閣府・警察庁・各都道府県の情報で、発表されしだい更新。

春の全国交通安全運動(2022年)ポスター等
2022年(令和4年)の「春の全国交通安全運動」は4月6日(水)から15日(金)です。昨年(2021年)期間中の人身事故は8,619件発生し、死者数は56人で前年より7人少なくなっています。重点項目・交通安全ポスター等を掲載しています。
夏の交通安全運動 (2022年)ポスター等
令和4年の「夏の交通安全運動」について、都道府県ごとの実施期間・スローガン・ポスター・重点項目などを掲載しています。夏の交通安全運動は、都道府県ごとに名称・実施期間が異なります。加害者・被害者にならない、違反で検挙されないために!
秋の全国交通安全運動(2022年)ポスター等
2022年(令和4年)の「秋の交通安全運動」は9月21日(水)から30日(金)です。ポスター等を掲載しています。交通取り締まりにご注意を!昨年(2021年)の期間中の人身事故発生件数は8,147件、負傷者数は9,760人、死者数は63人でした。
年末(冬)の交通安全運動[2021年]ポスター等
令和3年の冬の(年末・年始)の交通安全運動について、都道府県ごとの実施期間、ポスターなどを掲載しています。12月は年間でもっとも交通事故死者数が多い月です。

 

交通死亡事故多発警報

被害者にも加害者にならない!

交通違反や事故の特徴

「携帯電話」に事故の連絡が入ることがないように。交通事故に関するさまざまなデーターを知ることで、事故抑止効果につながると思います。

横断歩道での一時停止率(歩行者妨害)2021年
2021年の「歩行者のいる信号のない横断歩道での一時停止率」の全国平均は30.6%です。都道府県ごとの停止率とランキングを掲載しています。また2021年に「歩行者妨害」で検挙された件数は、全国で32万6000件(1日あたり約893件)。前年より約3万5000件多く5年以上連続で増えています。

歩きスマホ・ながらスマホ「8つの危険」
交通違反の検挙状況
免許の取り消しは毎年4万件以上